シネマピア

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

たとえ老人の身で生まれ、年をとるたびに若返っていくという通常とはまったく異なった人生だったとしても、人と出会い、その出会いによって自らの人生が豊かになっていくという黄金式は他の誰とも変わることなどない。F・スコット・フィッツジェラルドが1920年代に書いた同名タイトルの短編を基にした『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』は、80歳で生まれ、年をとるごとに若返っていく男の物語だ。

ニューオーリンズでの1918年のある夜。80歳の老体で生まれたベンジャミンは、黒人女性に拾われて老人ホームで育つ。年老いているが精神は子どものままの彼の体は、年をとるたびに若返っていった。ある女性に一目惚れをしたあとも、変わらずに若返り続けていった彼だったが…。

確かに、彼の人生は特異だった。誰もその悩みをわかちあえる者もなく、その苦悩は彼とともに成長していった。だが、彼は落胆したり自暴自棄になったり自身の運命を呪うこともなく、その人生をまっとうしていく。
どんな困難に出会おうとも勤勉に働き、出会いを慈しみ、自分と接する人々への感謝を忘れなかった。
“数奇”と一言で片づけてしまえばそれまでだが、決して自分の運命を他人や家族や環境のせいにすることなく、静かに受けとめて冷静に最善の策を尽くした彼の人生。その様は、どんなに不運と思われる星の下に生まれても、彼と比較したならば随分マトモな環境に生まれたであろう私たちに大切な何かを教えてくれる。生まれ落ちた環境、そして運命、それをこそ愛し、抱きしめて、決して逃げずに生きよ、と。

ストーリーもさることながら、主演のブラピが徐々に若返っていくさまには驚きを覚える。年をとって若返ったブラピは尚のことだ。派手なドンパチやSFモノではなく、こうしたふうにCGが使われるのは本当に本当に感嘆ものである。ぜひその目で、劇場でその推移をお確かめいただきたい。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(Blu-ray)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(単行本)
ブラピが記者に逆質問?!
原作:F・スコット・フィッツジェラルド『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
監督:デビッド・フィンチャー
脚本:エリック・ロス(映画版原案)
出演:ブラッド・ピット /ケイト・ブランシェット /ティルダ・スウィントン/タラジ・P・ヘンソン
配給:ワーナー・ブラザース映画
ジャンル:洋画
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/benjaminbutton/

© 2008 Paramount Pictures Corporation and Warner Bros.















エンタメ シネマピア   記:  2009 / 02 / 05

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】グリーン・ナイト

アーサー王の甥・ガウェインは、宮殿…

旅塾

▲このページのトップへ