シネマピア

007/ドクター・ノオ

20090703120015picm.jpg『007/ドクター・ノオ』は“007シリーズ”の記念すべき第1作目。公開は1962年である。

「昨日、『ドクター・ノオ』を初めて観たんですよ」
きょうびの日本でそんな話を聞いた場合、その観たって人間が『007』についてまったく知識がないということはありえるだろうか。
たぶんありえない。
「主人公はMI6という組織に所属している」などという難問(?)まで知らなくとも、「主人公の名前はジェームズ・ボンドである」とか「現在ボンドを演じるのはダニエル・クレイグだ」というぐらいは知っているはずである。いや、これでもだいぶ難問かもしれない。「タキシード着てそう」ぐらいでも充分な気がする。ちなみに「『おはようフェルプスくん』と司令がくる」というのは『スパイ大作戦』なので間違っているが、“スパイ”と理解しているのだから花丸である。

さて昨日、『ドクター・ノオ』を初めて観た。
なお、“007シリーズ”を通しで観たのも初めてであり、それまで知っていたのは「主人公はMI6という組織に所属する、タキシードを着ていそうなスパイのジェームズ・ボンドであり、現在はダニエル・クレイグが演じている。ちなみに『おはようフェルプスくん』と司令がくるのは同じスパイでも『スパイ大作戦』である」というくらい。観てみたくなった動機はただ1点、『007/カジノ・ロワイヤル(06年)』を一瞬チラ見してしまったところ、クレイグ演じるボンドが死ぬほどカッコよかったからである。

20090703120015pic1.jpg前日の初ボンド遭遇から47年さかのぼった本作。たとえばボンドが山道で敵組織の車に追いかけられるシーンであるとか、夜の屋外のシーンであるとか、いまとなっては貴重なくらい古い作りであるのは当然。その点をツッこむなんてのはヤボの骨頂だ。ただ、そんな時代の映画であっても、現代と比べてもその“粋”さがまったく変わらないものがあった。

ご想像のとおりである。「ジェームズ・ボンド」その人だ。

ショーン・コネリー演じる(あ、これも知ってた。もし知らなかったら、きっとコネリーだとは“一部”身体的特徴で気が付かないと思う。フサフサだし。あっ)ボンドのたたずまい、サラッとしたジョーク、そして女性との接し方……ボンドが歩くだけで劇中何度も流れる『ジェームズ・ボンドのテーマ』と相まって、死ぬほどカッコいいコネリーのボンドがいた。もうこれだけ(だけ?)でおなかいっぱいである。

さてそうなると、第2作目の『007/ロシアより愛をこめて』を観る流れだが、きっかけとなった“クレイグ・ボンド”にはいつたどり着くのだろう…………って第21作目!?  まだまだはるかかなたである。もちろんアッサリ観てしまえばいいのだけども、やっと縁があった名作、その歴史をキッチリ追うことにしようと思う。各世代のボンドの魅力を楽しみながら、死ぬほどカッコよかったクレイグ・ボンドに再び会う日を待つことにしよう。
ま、その結果「いやー、やっぱりボンドはクレイグじゃなくてロジャー・ムーア(3代目)しか考えられんよ」などと言いだしたとしても、それはそれ、である。

007/ドクター・ノオ アルティメット・エディション(DVD)
007/ドクター・ノオ(文庫)
原作:イアン・フレミング 「ドクター・ノオ」
監督:テレンス・ヤング
脚本:リチャード・メイボーム
出演:ショーン・コネリー /ウルスラ・アンドレス /ジョセフ・ワイズマン
配給:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ジャンル:洋画















エンタメ シネマピア   記:  2009 / 07 / 03

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】グリーン・ナイト

アーサー王の甥・ガウェインは、宮殿…

旅塾

▲このページのトップへ