シネマピア

【新着情報】栞

shiori_170714_001.jpg ★元理学療法士の榊原監督による、
★理学療法士のリアルな葛藤を描いた異色作!
★三浦貴大主演映画『栞』
★阿部進之介、池端レイナ、前原滉、
★追加キャスト発表!!


7月17日(月・祝)理学療法士の日を前に2018年秋公開予定、理学療法士の葛藤を描いた三浦貴大主演の映画『栞』。先月発表されたキャスト、白石聖、鶴見辰吾に続き追加キャストが発表された。
本作は、元理学療法士の榊原監督が、理学療法士時代に見聞きしたことを元にしたオリジナルストーリーで、家族、仲間、様々な境遇を持つ患者たちと向き合いながら前に進もうとする理学療法士の葛藤を描いたヒューマンドラマとなっている。 今回発表されたキャスト、三浦演じる高野雅哉が勤務する病院に入院し、雅哉に大きな影響を与える半身不随のラグビー選手・藤村孝志を演じるのは、本作の為に数カ月にわたり体を鍛え上げた阿部進之介(あべしんのすけ)、そんな孝志に思いを寄せる看護師・柏木真理役には、台湾でも活躍している池端レイナ、雅哉の同僚・永田役には様々な話題作に出演している前原滉(まえはらこう)が演じる。
その他にも、理学療法士を目指す大学生役で佐藤玲(さとうりょう)、雅哉の祖父に福本清三(ふくもとせいぞう)等が脇を固める。

shiori_abeshinnosuke.jpg ■阿部進之介(藤野孝志役)
役者、スタッフともに素晴らしいチームワークが取れた最高の現場でした。全員が「絶対にいいものを作る」という同じ方向を見ている現場だったので、撮影中はとても自然に自身の役柄である<藤村孝志>としてそこにいることができたと思います。半身不随となったラガーマンを演じるにあたり、体の筋肉を全く動かさないということを体に染み込ませるのはとても難しく、大変な作業でした。自分自身、役柄を通して自分の生き方を考えさせられたので、生きるということはどういうことか、改めて考える小さなきっかけになれる映画となることを願っています。

shiori_ikehatareina.jpg ■池端レイナ(柏木真理役)
重いテーマの映画ではありますが、主演の三浦貴大さんをはじめ、皆さんオンとオフの切り替えが上手な方ばかりだったので、和気あいあいとした現場で楽しくリラックスして演じることができました。初めての看護師役だったので、始めは役作りをどうしようかと悩みましたが、自分が担当している患者さんには、元気でいてほしいという気持ちにあふれた、笑顔を絶やさない、明るい女性でいるように心がけました。人の痛みや命の重さと向き合う役を演じたことで、改めて医療現場で働くことの厳しさを改めて痛感しました。

shiori_maeharakou.jpg ■前原滉(永田役)
あまり感情を表に出さず淡々と仕事を続けている理学療法士の永田という役を演じました。一見すると、ドライすぎて冷たい印象を受けるキャラクターですが、それは医療現場の厳しさを知っているからこその彼なりの懸命さなのだということを観ている方々にも伝わるように心がけて演じました。主演の三浦さんはすごく気さくな方で、現場では兄貴分のような存在で僕たちを引っ張ってくれました。これまで尊厳死についてはあまり考えたことがなく、未だ自分の中で答えは出せずにいますが、この映画に出演したことで「尊厳死」について考える機会を頂けて良かったと思っています。

shiori_satoryo.jpg ■佐藤玲(大学生役)

shiori_fukumotoseizou.jpg ■福本清三(雅哉の祖父役)

shiori_170714_002.jpg ◆理学療法士とは
ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職。
(日本理学療法士協会HPより)

◆7月17日:理学療法士の日
理学療法士について定めた法律「理学療法士及び作業療法士法」が公布され、翌年、第1回理学療法士国家試験が実施された。この試験に合格した110名の理学療法士によって同年7月17日に結成されたのが、日本理学療法士協会。理学療法の日は、この日本理学療法士協会結成の日にちなんで制定された。

shiori_170714_003.jpg ■ストーリー
真面目な性格で、献身的に患者のサポートに取り組む理学療法士の高野雅哉。
幼い頃に母親を亡くし、現在は父親の稔、妹の遥と離れて暮らしている。そんなある日、雅哉が働く病院にしばらく会っていなかった父・稔が入院してくる。
日に日に弱っていく稔の姿、担当患者の病状が悪化など理学療法士として何が出来るのか自問自答の毎日で無力感に苛まれる。しかし、そんな時ラグビーの試合中にケガをした新たな入院患者を担当することになった雅哉。その入院患者の懸命に生きようとする姿に感化され、徐々に仕事への熱意を取り戻していく雅哉だったが・・・・病院という身近な人の死を経験する場所で理学療法士として、雅哉の選択していく生き方とは・・・。



出演:
三浦貴大
阿部進之介 白石聖 池端レイナ 前原滉 佐藤玲・福本清三
鶴見辰吾
監督:榊原有佑
脚本:眞武泰徳/榊原有佑
制作:andpictures
制作協力:プラスディー
特別協賛:日本理学療法士協会
公開:2018年秋公開予定

©栞製作委員会
 














エンタメ シネマピア    2017 / 07 / 14

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】ジグソウ:ソウ・レガシー

★全世界驚愕! ★ソリッド・シチュエー…

旅塾

▲このページのトップへ