シネマピア

夢売るふたり

20120907cpicm.jpg経営する居酒屋を火事で失った夫婦が金ほしさに手を染めたのは、結婚詐欺。妻が企て、夫が実行するそれは、被害者の女の人生と、そして夫婦の人生をも狂わせていく……。『告白 』で国内外から高い評価を得る松たか子が妻を、個性派としてその名を轟かせる阿部サダヲが夫を演じ、そして『ゆれる 』、『ディア・ドクター 』等でやはり国際的に実力を認められている西川美和監督がその手腕を存分に発揮した本作。様々な女たちの人生のほの暗い場所が、容赦なくあぶり出される。

20120907cpic1.jpg東京の片隅でささやかな小料理屋を営む夫婦、貫也(阿部サダヲ)と里子(松たか子)。小さいながらも毎晩繁盛していたこの店が火事に遭ってしまった。いちばん大切にしていたものを失ったふたりだが、新しい店を開くにはどうしても資金が必要。かくして、里子がターゲットを見出し、貫也が女から金を巻き上げるという結婚詐欺を始めたのだが……。

表向きは「金のため」という理由だが、実は真の理由はそこにはない。それは中盤の夫の台詞で明らかにされる。それは女の醜い本質をえぐり出すものであり、西川節の真骨頂でもある。妻は自分の発想を正当化させるために夫にその行為を強いるのであり、言ってみれば妻こそが被害者で、その代償として女たちから金を巻き上げてプラマイゼロとしているのだ。こうした幾重にも重なった心理構造というものがおぞましく、そのどす黒い部分を容赦なく描いて見せるこの監督は、日本映画界でも稀有なる存在といえるだろう。
妻は犯罪を企てはするが、実際に手を下すわけではない。あくまでも夫を操るのみだ。一方、夫は妻に言われるままに演技をし、その肉体を犯罪へと貶める。にも関わらず、妻の精神はどこまでもどこまでもダーク。逆に夫の肉体は穢れているにも関わらず、精神は人間としての高潔さをまだ持ち合わせている。体は清らかだが精神は堕ちきった妻と、肉体は罪を犯したが精神は人間としての一線を保っている夫。その対比がなんとも悲しく、そして見事だ。

西川監督の手がける作品は、役者の演技も舞台じみておらずリアルで、その台詞回しにも小ネタが効いており、ユーモアとペーソスのバランスも見事。本作もまた、彼女の評価を高める確かな礎となるだろう。


原案・脚本・監督:西川美和
出演:松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木砂羽/安藤玉恵/江原由夏/木村多江/やべ きょうすけ/大堀こういち/倉科カナ/伊勢谷友介/古舘寛治/小林勝也/香川照之/笑福亭鶴瓶
配給:アスミック エース
公開:9月8日(土)全国ロードショー
公式HP:yumeuru.asmik-ace.co.jp
R-15
 

©2012「夢売るふたり」製作委員会















エンタメ シネマピア   記:  2012 / 09 / 07

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】グリーン・ナイト

アーサー王の甥・ガウェインは、宮殿…

旅塾

▲このページのトップへ