はいコチラ、酔っぱライ部

ポイントがポイント

2013 / 09 / 24

ミルクはもっぱらコンビニで買っている。なぜかというと近所のスーパーが、ここ10年以上愛飲しているタカナシ乳業製のものの販売をやめてしまったからである。それを売っているのは駅前のコンビニだけ。そのまま飲むのではなく、主に朝食用のヨーグルトを仕込むのに使う。1リットル168円。だいたい一度に2本買うのが通例だ。

実は仕事場直近のスーパーでも扱っているのだがそこで買わない。理由は「2本持って電車で帰るには重いから」、といいたいところだが「駅前のコンビニよりも30円くらい高いから」というのが本音である。さて。

d20130924_pic1.jpg
おいしそうですね、「砂肝ニンニク炒め」。
レシピは後半でどうぞ
その日も「牛乳買うてきて」(うちの妻は横浜生まれだが、ときどきシャレのように会話に関西弁を挿入する)と言われて帰宅途中に寄ったコンビニ。いつものように2本入った袋を提げて歩きながらレシートを見てみると、クーポン券がついている。

「500円以上お買いあげの方に30円分のポイントを進呈」

「おお」。

そう言われれば「次回はミルク2本に何か180円程度のものを追加しよう」と考えるのは人情というもの。事実、数日後に訪れたコンビニでひと袋100円(税別)の菓子(「胡麻煎餅」と「焼き栗」)をミルクとともにレジ・カウンタへ持参し、30円分のポイント(Tポイントです)を入手した。

さて話変わってドラッグストア。駅頭を歩いていると遠くに見える店頭に幟(のぼり)旗に「本日ポイント2倍」の文字。

ふたたび「おお」。

そろそろ払底するトイレットペーパーを買わなくては。12ロール189円。家用と仕事場用に二つで378円。しかしこのドラッグストアでは「500円以上お買いあげ」でないとポイントがつかない。仕方ない。何かないか。おおそうだ、トイレの芳香剤のストックを。「ブルーレットおくだけミントの香り」ひとつ365円を二つ。買ってめでたく計1108円で500円以上のお買いあげ。通常より2倍の4ポイント獲得。

そして極めつけは昨日メールで届いたこんな文面である。

「1000円分のクーポンプレゼント」

三度(みたび)「おお」。そのうえ「ややや」。
1000円は大きいですよ。見れば自分もアカウントをもっているCDショップのクーポンだ。悩むことなくクーポン券をダウンロードしようとした刹那。何かの文面が眼に入った。

「ただし、このクーポン券の適用はお買いあげ1万円以上の方に限ります」

1万円。いちまんえん。イチマンエン......。
ありえない。今日び、月末へ向けてのこの懐具合で「1万円以上のCDお買いあげ」。
不可能。中国語で言うと「プークーヌー」(中国旅行中、現地の方から伺いました)。ここへ来てやっと気づいたのである。

「これはメガ商売の手練手管なのではあるまいか」、と。

****************************************************************************

最近よくありますよね。

・○○点以上お買いあげで40%オフ!(CD)
・○○○円以上お買いあげで送料(480円)無料!(アパレル)
・○○○円以上お買いあげでポイント5倍(飲料)

よく引っかかります。

が。

よく考えればわかるのだけれど、この割引なりクーポンなりって、ようするに「そういう割引しても売る側は儲かる」ってことですよね。ドラッグストアのレシートを見て気づいたのだ。

ポイント2倍=4ポイント。

元来500円で1ポイントのところ倍の4ポイント。この系列店では40ポイント溜まるとそれが500円相応なので計算上1ポイントは12.5円。4ポイントで50円。25円をもらうために700円強の購入額追加。もしかしてここが狙い目なのではないか、と。つまり。

「ポイント(もしくは割引)を得るために『購入商品を追加』するのは商売の戦法にまんまと乗せられているのではあるまいか」

もっと言えば

「500円からはみ出た『ポイントのつかない分(=割引のない分。この場合108円)』の売り上げを細かく得ようとしておるんではないか」

「チリも積もれば山」。この細かさが「メガ・チェーン店」ならではの商法なのではないかと思ったわけですね。

いやもう賢明なる消費者諸氏はすでに気づいておられたことと思います。
遅かったねぇ、気づくのが。ようするに「ポイントを貯めたい」からってムリヤリ500円以上にするのは「アレ」だってことですよ。普段から「買わなきゃならない必需品」を貯めておいてそのキャンペーンの日に「ここを先途」と買うならともかく、ムリヤリ商品をカゴに入れるのは如何なものか、という次第。

実はこんなことを考えるのは「ポイント」、「クーポン」の類についての過去に「栄光の歴史」があるからで、まぁ以前は今に比べるとずいぶん得なものをもらったりしてたわけですよ。

 

****************************************************************************

思えば最初にクーポン・スタンプの類で「商品」を手にしたのは中学1年生の時である。

東京・城北部、JR駒込駅そばに連なる「霜降・染井銀座商店街」のスタンプカード。満点になったそれを母にねだって入手、今はもうないレコード屋さんへ持参してもらってきたのは忘れもしない「フォーク・クルセイダーズ」のシングル盤「帰ってきたヨッパライ」で、これが生まれて初めて手に入れたシングル盤。いわゆる「はじレコ」だ。

d20130924_pic3.jpg
写真はネットの拾いモノです。現物はどこかで無くしてしまった
ちなみに自分でお金を出して購入したのが「ナンシー・シナトラ『007は二度死ぬ』のテーマ(You Only Live Twice)」なので、公式にはこちらを「はじレコ」として申告しているのだが、実は「フォークル」のほうが先なのである。告白しておく。

d20130924_pic2.jpg
ジャケットの写真(ショーン・コネリーではなくナンシーのほう)に惹かれて買ったことは中坊のヒミツ
閑話休題。

このシングル盤以来、味をしめたか潜在意識に植え付けられたか、その手のものに執着するようになった。

模型専門店では「mpc社製スター・ウオーズ ミレニアム・ファルコン」を、画材店では「カラー・マーカー・BOXセット2種」を、さらにカセット・テープのクーポンを集めてカセット数百本が収納可能な豪華堅牢なキャビネットももらった。

d20130924_pic4.jpg
ゆうに200本は入るキャビネットです
d20130924_pic5.jpg
この間仕切りを取ればほかのことに使えると思うんだけど、未だにカセットが入ってるので使えないのね
妻は「そういう『粘着質』なところがすばらしい」と賞賛(褒めているのか?)するが、ピークはそのあたりだろう。

今は交換率、割引率もだんだん公正取引委員会の指導のせいかどうか、ずいぶんと平凡、かつ穏当なものになった。せいぜい「送料無料」が関の山で、それもロジスティックスの価格競争で安価になっているのでそれほどの「割引感はない」というのが正直なところ。ポイントやクーポンを貯めたところで前述のように眼を瞠るような高揚感もないので、以前書いたように「端数一桁をポイントで払って財布を軽便化する」くらいが関の山である。

しかし、まぁこれはこれである意味「健全」かもしれないですね。俗にいう「射幸性」のないマーケティング。本来は逆なのにグッズやオマケをメインに菓子を売るようないわゆる「食玩」のような、なにか本末転倒な商売は結果的に「グッズをもらうために買って菓子を捨てる」ようなことまで起きたりして、あまり健康でないような気がします。

ま、「いらんもんは買わんでよろしい」というのは基本中の基本。もちろんわかってはいるんですが、それでも金もないのに「通販サイト」をなにやら漁ってしまうのは、やはり知らず知らず人間が持つ「物欲」という名の「弱点」をダイレクトに刺激されているのでしょう。

また上手いんだよな。買わせるのが。このあたりの心理作戦をテクニカルに、あるいはきちんと確立した方法論で毎日真剣に考えている人達(会社)がいるんだから、ついついそれに乗ってしまうのも致し方ないことですよね。その巧妙な「手練手管」を見極めつつ、自分の「欲」と対峙し、かつコントロールする。これもまたひとつのゲームと言えるのかもしれません。

そういえば件のミルクを買うコンビニ店。30ポイントもらったときのレシートを見たら今度は「700円以上お買いあげで50ポイント」ですと。破って捨てましたけど(笑)やってくれるなぁ。丁々発止とはこんなことを言うか。

と、そんな買い物のアレコレを書いて頭がめんどくさくなった今日の「かんたんレシピ」は「砂肝ニンニク炒」を。ニンニクと薄切りの鶏砂肝を炒めたところへ日本酒を入れて「乳化」させるのがキモの料理。ビールでも日本酒でもどんと来い!

d20130924_pic6.jpgところでうちの妻(ペタコ)が運営している和小物通販サイト「和キッチュ」も1万円以上送料無料。それも「商売の手法?」と今朝たずねたら「送料無料」にすると、かえってあまり儲からないそうです。でも「たくさん買ってもらった方がそれだけ和服に親しんでもらえるから」それでもいいんだって。

まぁそういう人もいるか。商売、あまり上手くないからなぁ(笑)。そんなサイトですが皆様どうぞご贔屓に。損しない程度に上手くやっておくれ(懇願)。

てなわけで最後に軽くCMを入れたところで今回はこの辺で。次回は10月8日の更新です。
10月! もういくつ寝るとお正月。皆様そろそろ「年賀状」のご準備を。やれやれ。


【Panjaめも】
●「和キッチュ」はこちらからもどうぞ。
http://www.wakitsch.com/

●私、あの「まぐまぐ」でメールマガジンを発行しております。
モリモト・パンジャのおいしい遊び
こちらでサンプル版もご覧になれます。
登録申込当月分の1カ月は無料でお読みいただけますので、どうぞよろしゅう
morimoto_mailmaga.jpg

 











エンタメ はいコチラ、酔っぱライ部   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】魔法少年☆ワイルドバージン

★『黒い暴動』『サラバ静寂』の宇賀那健…

旅塾

▲このページのトップへ