はいコチラ、酔っぱライ部

浦島免許

2014 / 07 / 15

というわけで、めでたく愛車117クーペが修理と車検を終えて公道復帰をして家に戻ってきた。

すぐにも走り回りたいところだが、免許の更新に行かねばならぬのに、なかなかその時間が取れず、うかうかと誕生日も過ぎてしまい、運転ができないじゃん……と思っていたらそれは僕の不見識だったという事実が発覚したというお話し。

「誕生日を過ぎたら失効、猶予期間を1カ月あげるから早く更新するように」という御上の温情、執行猶予なのかと思っていたら免許証に表記されている有効期限は「誕生日+1カ月」で、別に運転してもダイジョブだったんですね。なんだ。焦って損した。

免許証なんて何かの証明をするのに提示する以外ほとんど見ないし、財布から出したとしてもそれをしげしげと見るのは先方で、自分ではあまり見ないので認識していなかったのだ。

「見ない」のには理由がある。みなさんご存じの通り、あの免許証の写真写りの悪さが原因だ。みんな「免許の写真は劣悪だ」って言うよね。今回はひときわ悪かった。あえてアップ公開はしないけれどガッカリした。どんな感じかというと

♪たちまち白髪のおじいさん♪

これだ。浦島太郎である。

ひとつ前の免許写真を見ると5年前はこんなに白くなかった。全体的な髪の量が減って見えるのは、思うところあって伸ばしている髪をひっつめにして、それを後ろでしばっているために頭の形がそのまま出てボリューム感がないからで、それはまぁいいのだがそれにしても白い。事実と言えば事実なんだけど前回の免許証との変化に驚いたのである。

あ〜この5年でこんなに白くなったんだねぇ。他人(ひと)は「ないよりいい」という。無論そうなのだが、こうしてあらためてなぜ人から「教授」と時折言われるのかがわかったような気がする、ムシムシとした梅雨の終わりの昼下がりなのであった。

d20140715_pic1.jpg
今回は「豚バラ焼きの香味野菜のせ」。
ガッツリ食べてガンガン飲めるレシピは最後に

****************************************************************************

ところで、僕の免許更新はかならず6〜7月。梅雨というか初夏というか、まぁそういう季節なんだけれども、この古い歴代の免許証を並べて「おや?」と思ったことがある。違うのだ。服が。

本当は探せば歴代の免許証すべてが出てくるとは思うが、それはさすがにうっとうしいので平成11年からの4枚を並べてみた。すると

平成11年(1999年6/17):黒いTシャツの上に長袖の白シャツ
平成16年(2004年6/28):オレンジの半袖コットンシャツ
平成21年(2009年6/05):黒Tシャツの上に長袖白シャツ+ベスト
平成26年(2014年7/09):タンクトップの上に半袖白シャツ


長袖だったり半袖だったりベストを着ている年があるかと思えば今年のように「完全夏仕様」(写らないけど下はショートパンツでした)の年もある。

まぁ期間の誤差が1カ月ほどあるし、梅雨のあとさきは寒暖差の激しい季節の変わり目だからムリもないのだが、それにしても2009年の6月はじめは長袖のシャツにベストを着ても大丈夫なほど気温が低かったと知った。

しかし、ということは免許証の写真撮影の時に着ている服ってみんな一律じゃないわけですよね。冬に生まれた人はタートルネックやセーターを着ているだろうし、さすがに「マフラーは外してくれ」と言われると思うけれど、中にはコート姿の人がいてもおかしくないだろう。それを「着ぶくれして見えるからヤダ」という向きもあろうし、だから「夏生まれの人がうらやましい」と思う女性もいるかもしれない。

いっぽう僕のように暑くなる時期に誕生日を迎えるタイプはTシャツや半袖シャツ、女性ならタンクトップ一丁で撮影に臨む人だっていることだろう。女性は夏と冬で肌の調子も変わると言うし、免許の更新がまいど季節の変わり目で、「もういやっ!」と嘆いている人がいることだって考えられる。こればっかりは他の季節に変えることはできないしね。季節と年齢には勝てない、ということでひとつあきらめましょう。

それにひきかえ春や秋生まれの人達は更新の撮影時に選べる服のバリエーションが多くていいですね。幸いなるかな春/秋生まれの人達。おめでとうございます(笑)。

しかしどうしてあの更新の時に見せられるビデオってのはああつまらないんだろう? べつにエンタテインメントにする必要はないだろうけど、なんとなくどんよりとして「脅し」とか「恐怖産業」みたいな言葉ばかりが頭に浮かんでしまって、もうすこし「うまく作っているなぁ」とか「交通事故防止の啓発がうまいなぁ」と思わせるものがあってもいいのではないかと毎回思う。

逆にあのビデオを見ている30分くらいのボンヤリとしたなんとも言えない空虚な感じもまた「更新の味」と言えないこともないんだけれども。

 

****************************************************************************

ところで先ほど書いたこの歳になって髪を伸ばしている理由だが、特段なにか哲学的とか、タイセイニハンコウスル、とかいうわけではない。2年くらい前、単純に「いつ無くなるかわからないからいちどトコトン伸ばしてみよう」と思ったのである。

現在「髪の毛の人生最長記録」更新中。そういやこのごろ、髪を後ろで束ねたオッサンがたくさんいますね。あれぁなんだろう。フリーランスが特に増えたとも思えないし、あるいは会社員が髪を伸ばすことを禁じられない会社が増えたのか、知りたいところではあります。

一説には「髪をしばっていると得意先にすぐ覚えてもらえる」と話す勤め人の人もいたと聞くし、「元はロック好きだったのが定年退職してデフォルトに戻った」というのを聞いたこともある。ヘアスタイルやファッションに選択の幅が出るのはいいことだし、みんなもっと好き勝手な服装ができるようになるといいな、と思うけれど、ただそれも普段からきっちり遊んでないと「凡庸な休日のサラリーマン」になっちゃうからむつかしい。皆さんもっとちゃんと遊びましょう(笑)。

てなわけでジリジリと暑くなってきたこの季節には「豚バラ焼きの香味野菜のせ」でガッツリと。やっぱこれには「焼酎ロック」かな。うまくてガンガンいけちゃうので呑み過ぎ注意。暑いときの二日酔い、ツライですよね。お互い気をつけましょう。

d20140715_pic2.jpgしかしやっとワールドカプサッカーが終わって皆さん通常営業モードになりましたね。と思ったらそろそろ夏休み。いろいろ夏休み進行とかあってたいへんだけれどもどうかご自愛を。

今回もこの辺で。次回は7月29日の更新予定です。

【Panjaめも】
●私、あの「まぐまぐ」でメールマガジンを発行しております。
モリモト・パンジャのおいしい遊び
こちらでサンプル版もご覧になれます。
登録申込当月分の1カ月は無料でお読みいただけますので、どうぞよろしゅう

morimoto_mailmaga.jpg

 











エンタメ はいコチラ、酔っぱライ部   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
テルマ

少女の身に起こる、不可解な現象。一体、…

旅塾

▲このページのトップへ