ikkieの音楽総研

第172回 洋楽編 NEAL SCHON――円熟の域に達したかつての早熟ギタリスト......名手ニール・ショーン

ついこの間、11月に入って寒くなったなんて書いたのに、気が付けばもう12月ですよ! 朝晩の寒さもどんどん厳しくなっているし、インフルエンザも流行っているようです。皆様、くれぐれも体調に気をつけて、今年最後の月を健康に乗り切りましょうね! さて、今回ご紹介するのはJOURNEYのギタリスト、ニール・ショーン 。JOURNEYのことは前回取り上げたばっかりだけど、ニールのことが全然書けなかったと悔やんでおりましてね。

neal161206.jpgニール・ショーンはオクラホマ州出身のアメリカ人ギタリスト。54年生まれだというから、今年で62歳か。この人は昔から老け顔だったのか(失礼!)、あんまりイメージが変わらないんだけど、ニールが今も若々しいルックスを保っているのはJOURNEYが順調だからなのか、ちょっと前に若い奥さんをもらったからなのか……あ、もちろんギターだって衰えていないからね!

ニールはなんと17歳の若さでSANTANA のセカンドギタリストに抜擢され、71年にデビュー。参加した2枚のアルバム には「ほんとに10代?」と、疑ってしまうほどの見事なプレイが残されており、ニールの早熟ぶりがよくわかる。そして、SANTANA脱退後にはJOURNEYを結成、世界的な成功を収めると、サミー・ヘイガーらと組んだHSAS や、名キーボーディストのヤン・ハマーと共演 するなど、バンド外の活動も積極的に行うようになった(ソロやその他のバンドは後述)。これはやっぱり、ニールの実力がミュージシャン達から評価されていたからこそだと思うんだけど、JOURNEYでのプレイには満足していなかったんじゃないか、という気もする。

SANTANA 『Jungle Strut』
 表情にまだまだ初々しさが残るサンタナ時代のニール。
自身も大抜擢された経験があったからこそ、アーネル・ピネダの大抜擢が行われたのかも?!!
 


というのも、JOURNEY以外でのニールはかなり弾きまくるんだよね。それを知ったのは、HR/HM系アーティストによるチャリティプロジェクトのHEAR ‘N AIDで、ここでのニールは別人のように速弾きを連発している。失礼ながら、こんなに弾ける人だったのかと驚いたよ。ヘヴィメタルが弾けるなんて想像もしていなかったし、JOURNEYではかなり抑えて弾いていたんだと初めて気付いた。JOURNEYが解散していた時期にニールがやっていたバンドはHR/HM系と呼べるバンドが多かったから、ニール自身の音楽性は、JOURNEYよりもっとはっきりとハードロック志向なんだと思う。あくまで個人的な意見だけど、ギタープレイだけに絞るなら、JOURNEY以外のほうがのびのびと弾いている印象だし。そして、そっちのほうが俺は好き。弾きまくるニールはカッコいい。


Neal Schon 『Late Night』
 残念ながら音声のみ。ファーストソロアルバムのタイトルトラックです。名演!
 


俺がJOURNEY以外のニールの活動でとくに気に入っているのが、89年のソロアルバム『Late Night 』と、スーパーバンドだったBAD ENGLISH の解散後、92年に加入したHARDLINE 。どちらもいまだに愛聴しています。『Late Night』はニールの初ソロアルバムで、ヴォーカルも披露しているけど(普通……)、それよりなにより、メロディアスかつエモーショナルなギターがとにかく素晴らしい。メロディセンスが良いのはJOURNEYで十分にわかっていたことだけど、ここでのニールはそれ以上! 全編に渡ってフィーチャーされているニールのギターは、名シンガーのように見事に歌っている。タイトル通り、夜が深まったあとの濃密な空気を感じさせる楽曲や、エモーショナルなプレイが胸を打つ。深夜のドライブのお供にぴったりです。正直なところ、俺はJOURNEYのファンではあっても、ニール個人にはそれほど興味がなかったんだけど、これを聴いてすっかりファンになりました。

HARDLINE 『Hot Cherie』
 こちらも音声のみです。オープニングから弾きまくるニール!
  JOURNEYじゃあんまり聴けないよね。ジョニーの歌声もカッコいい!
 


そして、若手ミュージシャン達のバンドにニールが加入したHARDLINE。ジョニー・ジョエリの歌唱が素晴らしかったこともあり、デビュー作は名盤と言っていいほどの出来でした。ニールがこんなにはっきりとリフ中心のハードロックをプレイするのも珍しかったし、ハードな速弾きもありつつ、エモーショナルな泣きのギターも満載。このバンドもほんとにカッコよかったんだけど、1枚のアルバムとそれに伴うツアーのみであっさりと脱退。その時のコメントがファンとしては残念だった。いわく、「彼らとはリーグが違う」と。トップアーティストであるニールと、駆け出しのほかのメンバーとではいろんな意味でレベルが違ったんだろうし、今更こんなことをやってはいられないと感じたであろうことは、想像に難くない。でも、最初からわかっていたことじゃないの? なんて、リーグが違う俺は悲しくなっちゃいました。

それ以降のニールは様々なアーティストと共演したり、新しいバンドを作ったりと、ひとつところに定住しないイメージだったけど、JOURNEYの完全復活後は、充実した音楽活動を送っているように見える。若々しいルックスを保っているのも、その証じゃないだろうか。来日が待ち遠しいな。



※ikkieがなんと「出張ギター教室」を始めてしまいました!
とにかくここから  アクセス! 動画もあるよん。
http://dokodemoguitar.com/ 













エンタメ ikkieの音楽総研   記:  2016 / 12 / 06

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

なぜ人類ではなく、猿がこの惑…

旅塾

▲このページのトップへ