ikkieの音楽総研

第196回 洋楽編 HUEY LEWIS ―― 暗い話題ばかりのこんな時代には、ヒューイのゴールデンボイスを!

2017 / 11 / 21

すっかり寒くなりましたねー。雪国で生まれ育った俺は東京の寒さぐらい全然平気だったはずなんだけど、上京してはや四半世紀以上、すっかり寒さに弱くなってしまいました……。これからもっと寒くなるんだよねえ。やだやだ。さて、今回は4年ぶりの来日公演が開催中のHUEY LEWIS AND THE NEWS のシンガー、ヒューイ・ルイスをご紹介! 普段の音楽総研に登場するアーティストとは少々毛色が違うけど、彼らのシンプルかつ、純度の高いロックンロール・サウンドは俺の大好物なんですよね。

huey171121.jpg ヒューイ・ルイスはニューヨーク出身のアメリカ人シンガーで(てっきりサンフランシスコ出身だと思ってた)、俳優としても活動 しています。70年代に加入したCLOVER でプロミュージシャンとしてのキャリアを開始し、80年にデビューのHUEY LEWIS AND THE NEWSで大ブレイク。40代以上の洋楽(と洋画)ファンで、『バック・トゥ・ザ・フューチャー 』の主題歌になった『The Power of Love 』を知らない人なんていないんじゃないか、ってくらいの大ヒットだったよね。俺も夢中になって聴いていたよ。あの曲は80年代を象徴する名曲の一つだと思うなあ。

俺がヒューイのことを知ったのはその『The Power of Love』が先だったか、ヒューイが参加したUSA for AFRICAの『We are the World 』が先だったか……。どちらが先だったにせよ、その両方が発表された85年のことだったはず。85年といえば俺は中学生になったばかりで、まだまだロック初心者だったものの、ヒューイの凄さにはすぐに気付いたよ。最初に「カッコいいー!」と思ったのは『We are the World』だったかなあ。マイケル・ジャクソンの次という、その辺のシンガーなら霞んでしまいそうなパートだったのにも関わらず、マイケルにも負けないほどの存在感を示していたし、ほんとにひとフレーズ歌っただけなのに、心を鷲づかみにされたもの。

『The Power of Love』
問答無用の大ヒットソング! 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクも出演。
 


彼らの、これぞアメリカン・ロック! という底抜けに明るくてノリのいいサウンドは、もともとニューウェイヴが好きだった俺にはちょっとポップ過ぎると感じることもあったけど、そんなことはどうでもよくなるぐらい、ヒューイの歌がカッコ良くてね。ハスキーというのか、スモーキーボイスというのか、倍音がたくさん含まれた深みのある太い声はほんとに魅力的だった。ゴールデンボイスと称されていると聞いて、思いっきりうなずいちゃったっけ。気のいいあんちゃんって感じのキャラクターも良かったよね。もちろんヒューイだけではなく、THE NEWSの思わず体が動いてしまうグルーヴィーなリズムや、抜群のコーラスワークもバンドの魅力だし(夜のヒットスタジオでアカペラを披露していたような記憶が……)、ギターキッズだった俺はリードギターのクリス・ヘイズのプレイにも注目していたよ。ブルージーでカッコいいのよ! ただ、クリスは01年に脱退しちゃってるんだよね。後任のステフ・バーンズも実力者のようだし、問題はなさそうなんだけど……、残念だなあ。

『The Heart of Rock & Roll』
これぞHUEY LEWIS AND THE NEWS! カッコいいねー。
 


後追いで聴いた『Sports 』(83年発表)、リアルタイムで聴いた『Fore! 』(86年発表)の頃の彼らはまさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、アルバムの内容もこれ以上ないほど充実しており、いわゆる捨て曲が一曲もない。今回の来日を機に久しぶりに聴いてみたんだけど、あまりの完成度の高さにちょっと驚いています。メロディ、アレンジ、ヒューイの歌にバンドの演奏、そして曲順に至るまでのすべてが完璧。どちらのアルバムも大ヒットしたわけだから、ほんとにたくさんの人が聴いたことがあると思うけど、完璧過ぎてするっと聴き流しちゃっている人も多い気がするなあ。あらためて聴き直してみるのをオススメしますよ。未聴の方はこの機会にぜひ!

『Do You Believe in Love』
彼らの最初のシングルヒット。みんな若いねー!
そして、なぜだかみんなほっぺが赤い(笑)。
 


ヒットメイカーのイメージが強いHUEY LEWIS AND THE NEWSだけど、90年代以降はヒットチャートからは遠ざかっています。それでも彼らは地道な活動を続けており、近年の動画を観るかぎり、サウンドはより円熟味を増しているし、80年代よりも凄いかもしれない……! ヒューイの歌を中心にした彼らの楽曲には普遍性があって、今聴いてもまったく古さを感じないよね。ポジティヴで明快なラヴソングを単純だと言う人もいるけど、彼らの音楽は決して単純じゃないよ。単純というより、シンプルな音楽だからこそ、いつの時代でも受け入れられる魅力があるんじゃないかな。なんだか暗い話題ばかりのこんな時代には、HUEY LEWIS AND THE NEWSのようなバンドに活躍してもらいたいよね。そうそう、俺は11月22日のチケットを購入済みです。ライヴ楽しみ!


※ikkieがなんと「出張ギター教室」を始めてしまいました!
とにかくここから  アクセス! 動画もあるよん。
http://dokodemoguitar.com/ 













エンタメ ikkieの音楽総研   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

なぜ人類ではなく、猿がこの惑…

旅塾

▲このページのトップへ