ikkieの音楽総研

第272回 洋楽編 BON JOVI ―― この時代だからこそ誕生した傑作! BON JOVI待望のニューアルバム発表

2020 / 10 / 27

いまだエディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなってしまったショックから立ち直れていないところに、古い友人が亡くなったことを知って、とてもショックを受けています。3回も続けて更新のたびに訃報を書くことになるなんてね……。

それでもこのコロナ禍のなか、いくつかポジティヴなニュースもありました。なかでも、BON JOVIニューアルバム 発売は嬉しいニュースだった! コロナウイルスのパンデミックのために5月から12月に発売が延期されていたアルバムが、今月2日に発売されたのです。ほんの2ヶ月程度とはいえ、やっぱり嬉しかったなあ。

bonjovi 2020.jpg
シンプルに『2020』と題されたニューアルバムは、予定されていたツアーのキャンセルや世界情勢などを鑑み、先に書いたとおり、発売が延期されていました。そして、この延期期間中に起こったロックダウン下での経験や、アメリカでまたしても沸き上がった人種差別問題を受けて、あらたに2曲を作曲して収録曲の差し替えを行い、もともと『BON JOVI 2020』というタイトルだったものを『2020』へと変更。もともとアメリカ大統領選が行われる年だということを見据えてのタイトルだったというが、ニューアルバムに伴うインタビューで、ジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)は、「時事的なアルバムにしたいとの思いから『2020』に変えた」と語っている。たしかに『BON JOVI 2020』では、単に2020年のBON JOVIのアルバム、としか捉えられない可能性もある(米国以外ではとくにそうだろう)。『2020』だけであれば、BON JOVIが、ではなく、2020年という、今年そのものにスポットが当てられるように感じる。このタイトルは、年が経つにつれ、重みを増すのではないか。

『American Reckoning』
アメリカは燃えている、という衝撃的なフレーズから始まるこの曲は、ジョージ・フロイド氏の事件の後に書かれたという

 


今回のアルバムには、これまでよりも政治色が濃い歌詞が多い。ジョンは以前から政治的なテーマを扱ってきたけど、今回はいつも以上......、とくに『Blood in the Water』などはかなり辛辣な内容だ。ただ、発売延期の決定後に書かれた『Do What You Can』では、「普段していることが出来ないなら、今、自分に出来ることをやろう」とBON JOVIらしいポジティヴなメッセージが綴られていて、BON JOVIの明るい面が好きなファンも満足できるはず。SNSを通じてファンと共に書き上げた歌詞には、「ソーシャルディスタンスを保つよ、でもこの世界に必要なのはハグなんだ」と、この時代でなければ書かれなかったであろう一節がある。この曲の歌詞は、ぜひじっくりと読んでほしいな。ジョンは『Livin' on a Prayer 』のころから変わらず、あきらめない人々へのエールと、希望を歌っている。こんな時代に、BON JOVIがアルバムを出してくれた意味は大きい。

『Do What You Can』
ロックダウン下のニューヨークの街を歩くマスク姿のジョン……。途中登場する『Diana』のビルボードはデイヴィッドが作曲を担当したミュージカル(公演は延期)。デイヴィッドはコロナウイルスに感染したものの、回復している

 

サウンド面にも触れておくと、今回はリッチー・サンボラ(G)脱退後の2作目になるわけだけど、やはりその影響は大きいのか、ジョンのソロアルバム、『Destination Anywhere 』を思い出したりもした。本人たちにしてみれば、まだそんなこと言ってんのかよ、という感じだろうけど、リッチーのギターと歌声が聴こえたらもっといいのになと、どうしても思ってしまう……。加えて、前作から正式加入した名手、フィル・X (G)のプレイは今回もあまりフィーチャーされておらず、ギターファンとしては寂しい。ティコ・トーレスらしいドラムも、デイヴィッド・ブライアン (Key)らしいプレイもあまり聴こえてこない……が、ここ数作のプロデュースを担当していて、サポートメンバーでもあるジョン・シャンクスの影響か、近作の延長線上のサウンドであることは間違いなく、ジョンの歌声が聞こえる前から、ああ(最近の)BON JOVIだ、と安心して聴けたのもたしか。まあ、今回はアルバム発売前から何曲かが発表されていたこともあって、知っている曲が聴こえてくる安心感もあったかなあ。ただ、以前ほど一度聴いただけで一緒に歌えるような曲は少ないし、前作で復活したように感じた“ロックなBON JOVI”感はまた薄れてしまったと思う。その辺りもジョンのソロアルバムを連想した一因かも。

『Limitless』
近年のBON JOVIらしいロックソング。こういう曲調ならフィルのギターソロがあってもいいんじゃないかなあ......

 

最後に少々批判めいたことも書いてしまったけど、それでも今作がBON JOVIらしさがつまった名盤であることは間違いない。『Limitless』の歌詞にあるように、Life is Limitless、人生に限界はなく、BON JOVIにもまた限界はない! このアルバムの楽曲がライヴで聴けるようになるのはいつのことかわからないけど、その日が来るのを楽しみに待っていたい。


※ikkieのYouTubeチャンネルです!
https://www.youtube.com/channel/UC-WSajndNhq0tu7K7-MBEmQ?view_as=subscriber 













エンタメ ikkieの音楽総研   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ファーストラヴ

「動機はそちらで見つけてください」…

旅塾

▲このページのトップへ