ikkieの音楽総研

第283回 洋楽編 JOHN NORUM ―― 確固たる個性を確立した信念のギタリスト、ジョン・ノーラム

2021 / 03 / 30

johnnorum.jpg 前回ゲイリー・ムーアに影響を受けた3人ギタリストのことを書きましたが、読み返してみると、他の2人に比べてジョン・ノーラムの扱いが微妙だったかな、と反省しまして……。いちどきちんと書いておこう、と相成りました。ジョン・ノーラム、再登場でございます。

ジョン・ノーラムはノルウェー生まれ、スウェーデン育ちのギタリスト、シンガーです。83年にEUROPEのギタリストとしてメジャーデビュー。ゲイリー・ムーア直系の熱くエモーショナルなギターが身上で、ゲイリーの大ファンだった俺には大好物! メロディアスで抒情的なEUROPEの楽曲も俺好みだったし、すぐにファンになりました。とくに『The Final Countdown 』のジョンのギターがすごく良い音でね。俺がストラトキャスターの魅力に気付いたアルバムのひとつでもあります。バンドのポップ化に反発したジョンが脱退して、EUROPEのポップ化にさらに拍車がかかったのにはがっかりしたなあ。

ただ、この時のジョンはすごくカッコよく見えました。というのも、それまでは知る人ぞ知るバンドだったEUROPEがようやく世界的な大ヒットを記録したのに、自分のやりたい音楽を求めて脱退するとはなんて潔い、と。ポップになることが悪いとは言わないけど、やはり「売れているから」といった理由で、本意ではない音楽をやるのはね......。大人になった今の俺は、ポップになっていったEUROPE側のカッコよさもわかるけど、ギターキッズだった当時の俺は、ジョンの潔さに肩入れしたものでした。

EUROPEを脱退したジョンはソロアルバムの制作に着手。同じスウェーデン出身のマルセル・ヤコブ (B)や、ヨラン・エドマン (Vo)が参加したファーストソロアルバムは、正直なところEUROPEの作品ほどの完成度はなかったものの、EUROPEがなくしたように思われた北欧のアーティストらしい抒情的なサウンドや、ジョンが思う存分弾きまくるギターが堪能できる良盤です。ジョンの歌の上手さにも驚いたなあ。ヨランかと思っていたらジョンが歌っていた曲もあったし。ただ、誰々っぽい、っていう曲がちょっと多かったかも(『The Final Countdown』のパロディっぽい曲も)。EUROPEはジョーイ・テンペスト (Vo)がメインソングライターだったし、この頃のジョンはまだ成長途中だったのかもしれない。

『Eternal Flame』
ファーストソロアルバムから。初期EUROPEっぽさと北欧メタルテイストが満載の名曲。
シンガーのヨラン・エドマンはなんだか過小評価されがちだけど、俺は好き。
イングヴェイはこの曲を聴いて、ヨランをバンドに入れたのでは......?

 


ファーストソロアルバム発表後は、元DEEP PURPLEグレン・ヒューズ (Vo,B)とタッグを組むと発表され、あの伝説的なミュージシャンとジョンが! と、大いに驚かされたものの、これは実現せず、どうするのかと思っていたら、なんと解散したDOKKENのシンガー、ドン・ドッケンのバンド、DON DOKKEN (ややこしい)に加入して、もっと驚いた。当時のジョンが「最近はDOKKENをよく聴いているんだ。ジョージ・リンチみたいな最新のギタースタイルを取り入れたい」なんてことをインタビューで話していたのを読んでいたから、「憧れのバンドに加入じゃん!」と、自分のことのように興奮しちゃったんだよね。ただ、このバンドは残念ながらアルバム1枚のみで解散。他のメンバーも凄かったし、続けてほしかったけど、ちょっと疑問が残る作風ではあったから、やっぱりな、とも思ったけど。

DON DOKKENでの活動を経て、92年に(おそらくは)ジョンの本命であったグレン・ヒューズとタッグを組んだソロ2作目、『Face the Truth 』を発表。これがとんでもない完成度を誇る大名盤! グレンの影響もあっただろうけど、誰々っぽい曲なんてないし(ジョンがフィル・ライノット そっくりに歌うTHIN LIZZYのカヴァーはある)、あのグレン・ヒューズと対等の存在感を見せている。そして久しぶりにジョーイとも共演、相性の良さを再確認した。このアルバムは必聴盤ですよ! しかし、ドンやグレンと共演するなんてほんとに凄い、ジョンも出世したね、なんて当時は思っていたものでした。こんなに凄いシンガー達が認めているんだもの、もうゲイリー・ムーアのフォロワーと揶揄されていたジョンじゃない。ジョン自身の個性が認められているからこその共演だよね。

『Face the Truth』
グレン・ヒューズとのタッグで発表した名盤のタイトルトラック。この二人でまたアルバム作ってほしい……

 


大方の予想通り、グレンとのタッグは長続きせず、ジョンは再結成したDOKKEN に参加したりもしながらも、ソロ活動を続けます。DOKKENにいるジョンはちょっと"よそいき"というか、なんかジョンらしさにかける気もしたから、ジョンを戻したがっていると聞いていたEUROPEが再結成したときは嬉しかったなあ。ジョンを戻したがっているということは、ジョンの音楽性を求めているということでもあって、EUROPEがハードな面を取り戻そうとしているということでもあるわけでね。事実、再結成以降はこのバンドの生来の魅力である、キャッチーさを保ちつつ、けっしてポップではない、EUROPEらしいハードなサウンドを聴かせてくれている。そして、そこには確固たる自身の個性を持って、以前にも増して魅力的なギターを聴かせてくれる、ジョン・ノーラムがいる!

『We Will be Strong』
根強い不仲説もあったなか、ジョーイとの久しぶりの共演で二人の相性の良さを再確認。
「We belong together, Together we'll be strong(俺たちは一緒にいるべきだ、一緒にいれば強くなる)」
なんて歌詞にグッときました。ジョンの歌もいい!

 



※ikkieのYouTubeチャンネルです!
https://www.youtube.com/channel/UC-WSajndNhq0tu7K7-MBEmQ?view_as=subscriber 











エンタメ ikkieの音楽総研   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】さがす

「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺…

旅塾

▲このページのトップへ