ikkieの音楽総研

第289回 邦楽編 Gacharic Spin ―― 最高最強のメンバーで超えてゆけ!

2021 / 06 / 22

gacharicspin_2.jpg ALDIOUS のシンガー、R!Nがうつ病療養のために音楽活動の休止とALDIOUSからの脱退を発表し、ショックを受けています。テニスの大坂なおみ選手がうつ病を告白した際に心無い発言が多くあったように、R!Nがそういった誤解や偏見に悩まされませんように、と願うばかり……。今はゆっくり休んで、いつかまた、あの伸びやかな歌声を聴かせてください。応援しています! ……さて、今回の音楽総研は以前、『気になるひと』で紹介したアンジェリーナ1/3のバンド、Gacharic Spin をご紹介! 最近、ハマってるんですよね。

Gacharic Spinは女性メンバーのみで構成されたロックバンドです。2009年の結成以降、数度のメンバーチェンジを経て、現在はリーダーのF チョッパー KOGA(B)、はな(Vo,G)、TOMO-ZO(G,Vo)、オレオレオナ(Vo,Key)、yuri(Dr)、アンジェリーナ1/3(マイクパフォーマー)の6人で活動中。Gacharic Spinは名のあるバンドのメンバー達で結成されたこともあってか、インディーズ時代(2014年メジャーデビュー)からかなり知られた存在で、さほどインディーズバンドに詳しくない俺でも、それぞれの演奏技術が抜群に高いことや、シンガーが脱退した状態でツアーを行ったり、海外でもライヴを行っていたりしている、といった情報は耳にしていました。メジャーとインディーズの垣根が低くなっていたということもあるにせよ、やっぱり露出が多かったんだろうし、話題にも事欠かないバンドだったんだと思う。

前に書いた通り、それほど好みのサウンドではなかったこともあって、気になるバンドではあったものの、Gacharic Spinのことはあまり深掘りせずにいました。でも、DOLL$BOXXに出会ったことで、あらためてGacharic Spinに興味を持つようになったんだよね。やっぱり上手いな、と。そして実は、最初に“気になるひと”だったのはアンジーではなく、(当時は)ドラムとヴォーカルを担当していたはなでした。Gacharic Spinをなんとなくしか知らない状態で聴いたDOLL$BOXXでのはなの歌は、ドラマーが片手間でやるようなレベルではないし(当たり前なんだけど)、ドラムもとんでもなく上手い。そして叩く姿の絵になること! この人は凄いな、と興味を持って過去のCDを聴いたり、YouTubeでいろんな動画を見たりしてみたところ、ドラムはもちろん、ギターや鍵盤まで演奏するかと思えば、タップダンスも華麗に決めるし(パントマイムも上手かった)、NiziUのパロディ動画では、他のメンバーが苦戦するなか、はながひとり例の縄跳びダンスまで軽々とこなす様子には「天才!」と、笑うしかなかった。

『Gold Dash』
いやもう、カッコいい。むかし着ぐるみ(?)着てた人たちとは思えない……それもまたいいんだけどね

 


アンジーのファンになったことが俺にとっては決定的だったんだけど、はなとアンジー以外のメンバーも実に魅力的なんだよね。それぞれが個性的なうえに、確かな実力を持っている。ふんわりとした萌え系担当(?)のTOMO-ZOは、その雰囲気とは正反対のロックでガッツィーなギターが素晴らしい。オレオレオナが弾くリフはどれも印象的だし、ジャジーなソロもカッコいい。加えて、あんなに派手に動くキーボーディストを俺は他に知らない。はなとアンジーとも違う歌声もまたいいんだよね。そして、なんでパートチェンジをする必要があったんだ、と最初は訝しんでいたyuriのドラムは、その小柄な体型からは信じられないほどパワフルで、音色だけで言うなら、はなよりも好みかもしれない。時折聴ける歌声は、見た目どおりキュートで、これもいい。パートチェンジしたはなのギターもさすがというかなんというか、ツインギターとしてしっかり機能している。ちゃんと聴かずにいたころ、はながギターヴォーカルに転向することを知って、Gacharic Spinは迷走している......、なんて思っていた俺はバカでした。あの人が中途半端なことをするはずがないもんね。

『超えてゆけ』
この曲ほんと好き。公式動画は残念ながらなし

 


そして、リーダーのF チョッパー KOGAはもう......、実力があるのは前のバンド のころから知っていたけど、演奏テクニックだけでなく、全身全霊のパフォーマンスは本当に迫力があるし、リーダーとして、何が何でもバンドを前進させていく! という気迫を感じるんだよね。音楽性はまったく違うけど、圧倒的な牽引力を持ったリーダーとして、IRON MAIDEN のスティーヴ・ハリスを思い出す。いつも笑顔で楽しそうに演奏しているように見えるけど、外野にはわからない困難がきっとあったと思う。ここで何度も書いているけど、音楽は結局のところ"魂"だ。彼女の演奏から、その姿から、力強い魂を感じる。もちろん、他のメンバーからも。

『MindSet』
アンジー、役者だねえ。ドラムは休養中のyuriに代わってはなが担当。
この人がドラムを叩く姿はやっぱり絵になる……

 


新曲『MindSet』が素晴らしい。これまでのGacharic Spinらしさもありつつ、アンジーのくるくると表情を変えるヴォーカルをメインに据えた新機軸のサウンドだ。Gacharic Spinの歴史を思えば、俺はまだまだ“にわか”だけど、妊娠、出産のために休養中のyuriも含め、現在のメンバーが最高で最強だと思う。いまいちばん、ライヴを体感したいバンドです。

(文中敬称略)  

 


※ikkieのYouTubeチャンネルです!
https://www.youtube.com/channel/UC-WSajndNhq0tu7K7-MBEmQ?view_as=subscriber 











エンタメ ikkieの音楽総研   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】さがす

「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺…

旅塾

▲このページのトップへ