ikkieの音楽総研

第313回 特別編 ―― 極私的、最強90年代ソング(後編)

2022 / 05 / 31

今回の音楽総研は前回に続いて俺なりの最強90年代ソングをご紹介! 少し前に放送された『関ジャム完全燃SHOW』の「令和に活躍する若手アーティストが選ぶ最強平成ソングBEST30」に対する俺なりのアンサー......、なんていうと偉そうだけど、おじさんからするとやっぱりあれもこれも入っていないって感じにはなっちゃうんだよね。しかし、前編を読んでくださった方にはお分かりでしょうが、俺が選ぶ曲のほうが「そんなの選ばねーよ!」って曲かも......。わはは。
※前編はこちら

The Last Time BADLANDS (1991)
さて、後編の1曲目は俺の永遠のギターヒーロー、ジェイク・E・リーが結成したBADLANDSのセカンドアルバムから。しかし、この70年代にリリースされていればもっと売れたのでは、と思わずにいられないサウンドメイキングよ......。90年代の最強ソングとしてこの曲を選ぶのは俺ぐらいかもなあ。ジェイクはRED DRAGON CARTELのライヴでBADLANDSの曲を何曲か演っているけど、この曲はやっていないんだよね。いい曲なのに。


『The Last Time』
 



Shake My Tree COVERDALE・PAGE (1993)
90年代の初頭はいろんなバンドが解散して、その解散したバンドの元メンバーたち同士が意外なメンツで新バンドを作ったりしていたんだけど、いちばん驚いたのがこの二人。まさかWHITESNAKEデイヴィッド・カヴァデールと、LED ZEPPELINのジミー・ペイジが一緒にやるとは。彼らの相性はそんなに悪くはなかったけど、そんなに良くもなかったかな(笑)。


『Shake My Tree』
 



Joining a Fan Club JELLYFISH (1993)
たった2枚のアルバムを発表したのみで解散してしまったパワーポップの伝説的なバンド、JELLYFISH。数ある名曲の中でも、この曲がいちばんのお気に入り。ちなみにこの曲のリリース当時の俺はゴリゴリのハードロックバンドをやっていたんだけど、JELLYFISHにどハマりして、こういう曲がやりたいとメンバーにアピールしたりしていました。みんなは俺がおかしくなったと思っていたみたいだけど。


『Joining a Fan Club』
 



You Oughta Know アラニス・モリセット (1995)
当時のアラニスはオルタナに分類されるのかな? グランジ、オルタナともに縁遠かった俺だけど、この曲はすごく気に入って周りに薦めまくったし、ライヴも観に行きました。90年代と聞いて思い出すのは、ジェフ・バックリィとかアラニスみたいな、ちょっと陰鬱なこういう空気感かもなあ。80年代みたいな明るい曲はあんまりヒットしていなかったような気もするね。


『You Oughta Know』
 



Under a Violet Moon BLACKMORE'S NIGHT (1999)
1994年にRAINBOWを再結成してオールドファンを喜ばせていたリッチー・ブラックモア(G)が、突如ルネッサンス音楽をやりたいとキャンディス・ナイト(Vo)と結成したバンド。BLACKMORE'S NIGHTを初めて聴いたときはおそるおそる......といった感じでしたが、アコギを弾いてもリッチーはリッチーでした。この『Under a Violet Moon』はアレンジ、メロディ共にリッチーらしさ満載の名曲です。BLACKMORE'S NIGHTはライヴもすごく良くて、また観たいと思っているんだけど、飛行機に長時間乗っているのが嫌いなリッチーが日本に来ることはもうないのかなあ......。


『Under a Violet Moon』
 




......あまり深く考えずに10曲選んでみましたが、いかがでしたでしょうか。俺は生粋のHR/HMファンで、90年代に一時代を築いたグランジやオルタナはほとんど通っていません。選曲が90年代前半に偏っているのは、90年代の半ば以降はそのグランジやオルタナの影響もあってHR/HMアーティストの元気がなくなっていったから。90年代の前半は名盤とされるHR/HM系のアルバムがたくさんリリースされていたんだけど。

ただまあ、その辺の影響がはっきりと出てきたのはNIRVANAの『Never Mind 』(1992年リリース)が発売されてすぐではなくて、その数年後だったと思う。少なくとも日本の洋楽ファンや、ライヴハウス界隈はそうだった。1995年くらいからNIRVANAなんかに衝撃を受けた世代のバンドがメジャーデビューしてHR/HMの人気は下降線をたどる一方だったし、数多くのバンドが解散して、若いHR/HMバンドも出てこなくなってしまった(日本ではヴィジュアル系の影響も大)。そして、さらにその後の世代に影響を受けたのが、今回のランキングを選んでいる現在の20代、と。世代交代ってこうやって進んでいくんだね。でもね、最近は90年代前半にHR/HMが好きだった世代が親になって、その子供たちがHR/HMバンドを始めたりもしている。俺好みの若いバンドもたくさん登場してきています。......しかし、若いファンはあんまりいない気がするなあ。アラフィフのファンが多そうだ。やっぱり若いファンが増えないとね......。


※ikkieのYouTubeチャンネルです!
https://www.youtube.com/channel/UC-WSajndNhq0tu7K7-MBEmQ?view_as=subscriber 











エンタメ ikkieの音楽総研   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】渇きと偽り

干ばつが続くオーストラリアの片田舎…

旅塾

▲このページのトップへ