インタビュー/記者会見

『HACHI 約束の犬』リチャード・ギア来日記者会見!

090807_main.jpg
日本で生まれた感動の実話が、ハリウッドで映画化!海を越えたもうひとつのハチ公物語『HACHI 約束の犬』。主演のリチャード・ギアが来日し、撮影秘話などを語りました。

090807_05.jpg Q:ようこそ日本へ。
ギア:以前の日本のマスコミの皆さんはとても静かで、僕はジョークを言って反応してもらおうと思うのに、シーンとしててビックリしたんだ。でも最近はもっとリラックスしてきて反応もよくなってきたから、楽しい会見にしたいと思ってるよ。僕は日本が大好きさ。

Q:昨日は渋谷のハチ公像もご覧になったそうですね。
ギア:日本へはなんべんも来ているけど、不思議なことにハチ公の話は聞いたことがなかったんだ。ハチ公像を造った彫刻家にもお会いできたことは、とても意義があることだったよ。1930年代に今の彫刻家のお父上が像を造り、戦時中に焼けてしまって、息子さんが造り直したのが今の渋谷のハチ公なんだね。

Q:撮影中のエピソードがあれば、お聞かせください。
ギア:秋田犬というのはとても古くからの種で、DNAが初期の犬まで辿れるくらい古いんだ。ほとんど野犬というか、狼にも近い。だから、訓練はできないんだ。人間を喜ばせようとしない犬だからね。自分がしたいことしかしない犬なんだ。食べ物をあげても愛情を注いでも、それに応えようとはしない。そして、その人を好きか嫌いかをとっさに判断する。だからアメリカ最高のドッグトレーナーを雇ったんだ。僕より高いギャラでね(笑)。

090807_03.jpg アメリカでは適任の犬を見つけられなかったから、秋田犬にそっくりの犬を集めたよ。初めて僕と犬を引き合わせるときに、そのトレーナー氏はいつになく緊張していたんだ。もし犬が僕を気に入らなかったらその犬は諦めなくちゃいけないからね。1日目は「絶対に犬を見ちゃいけない、触ってもいけない、気を引いちゃいけない。とにかく一切、注意を払っちゃいけない。いつもどおりに周囲の人たちと話しながらリラックスしてくれ」と言われ、そのとおりに1〜2時間すごした。終わるとトレーナーが来て僕に「よくできたね」ってほめ言葉をくれたよ(笑)。2日目は「見てもいい。でも見つめないで、なんとなく見るだけ」で、また2時間。3日目は「見てもいいけど、触っちゃだめ」。すると雌のレイラという犬が僕に寄り添い、目と目があったんだ。それから僕たちは友だちになったね。受け入れいれられたんだ。本作の1シーンのようだったよ。

それから、これは懸命な選択だったんだけど、今回の撮影はデジタルで行なったんだ。これは通常のフィルムより、ぐんと長まわしがきくんだよ。おかげで貴重なシーンをたくさん撮ることができた。とても忍耐のいることだけれどね。だからこれはリチャード・ギアの映画じゃなく、犬の映画なんだよ(笑)。12時間、犬を撮り続けて、そろそろ日が暮れる、あと10分しかない、じゃリチャード・ギアを撮ろうか、ってね(笑)。

090807_06.jpg Q:本作に携わることになったきっかけを教えてください。
ギア:3年前にシナリオをもらったんだ。「感動する物語だけど、でも君はこういうのをやらないだろうな」と言われながら。ところが、読んだらまるで赤ん坊のように涙が出てきたんだ。僕は今日は調子が悪いのかな、こんなふうに泣いちゃって……と思ったんだ。で、やめとこうと思った。でも翌日読み返したら、また泣いちゃった。その物語が頭から離れなかったから、友達とディナーのときにストーリーを説明したら、また泣いたんだ。これだけ自分を動かす話だったら、真面目に映画化を考える必要があると思った。そして、俳優中心の映画ではなく、犬中心の映画にすべきだとプロデューサーとも話し合った。ということで、俳優よりもプロデューサーとして関わることにしたんだ。寓話的で、まっすぐで、シンプルなストーリーにしたかったんだ。生きるということのミステリー、それこの映画では中心に据えているよ。試しに音を切って、映像だけで本作を観てみたんだ。これは、台詞があるものと違わないくらい……、いや、それよりもパワフルだったよ。映像だけにも関わらずね。ちょうど夢を見ている感じというか……、夢って、意識の中に深く入ってくるじゃない? そんな感じだったよ。

090807_02.jpg Q:ハチ公物語は日本で愛されている作品ですが、その日本での公開にあたって特別な思いはおありですか?
ギア:そうだね、やはり日本に対して敬意を払うということだよね。と同時に、日本という枠を超えて世界中の人たちの心に訴えることができる普遍的な物語だと思っているよ。この話は、実は主人を待つ犬の話じゃないんだ。主人と犬いう上下関係ではなく、彼らは魂の友だちという深い関係なんだ。いわゆる忠犬、忠義という言葉では言い表せない、もっと深い深い関係なんだ。お互いの心、魂をじかに見つめあっている関係なんだよ。エゴがなく、愛や思いやりがすべてを貫いている世界なんだ。

監督:ラッセ・ハルストレム(「ギルバード・グレイプ」「ショコラ」)
脚本:スティーヴン・P・リンゼイ
出演:リチャード・ギア、ジョーン・アレン
公開:8月8日(土)全国ロードショー
配給:松竹
ジャンル:洋画
公式サイト: http://www.hachi-movie.jp
シネマピア:http://www.asobist.com/entame/cinemapia/0157.php

(C) Hachiko,LLC











エンタメ インタビュー/記者会見   記:  2009 / 08 / 07

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ザ・メニュー

有名な高級レストランで提供されたの…

旅塾

▲このページのトップへ