インタビュー/記者会見

1st.アルバム発売! "身近な"K-POPグループ「CODE-V」!

cordv01.jpg去る2月6日に日本でのメジャーデビュー3枚目のシングル『何度サヨナラしたら僕らは強くなれるの?』をリリース、そして1カ月後の3月6日に待望の1st.アルバム『初心』を世に送り出した5人組K-POPグループ「CODE-V」。
日本テレビ系の番組エンディングテーマにも採用されるなど、今まさに飛躍のときを迎えようとしている彼らに話を……聞いてみましたら、その素顔がまた素晴らしい。全編日本語で送るインタビュー、さあどうぞ!


“隣のお兄さん”? 親しみやすさ全開のK-POPグループ登場!

cordv04.jpg――今回は3月6日に1st.アルバム『初心』が発売されましたK-POPグループ、「CODE-V」のみなさんにやってきていただきました。どうぞよろしくお願いいたします!
一同●よろしくお願いいたしますーす!
ナロ◎初めまして、CODE-Vのアツイ男・ナロです。
ソル▲ハイ、こんにちは! 見れば見るほどイケメン、CODE-Vのビジュアル担当・ソルです。
ジェウォン□みなさん初めまして。CODE-Vの甘い男でございます、ジェウォンです。
サンウ△私はリーダーのサンウです。よろしくお願いいたします。
ルイ■CODE-Vの前向きな王子様、ルイです。
――みなさん素晴らしいキャッチフレーズまで......って、スゴイですね、日本語ペラペラですよ。
一同●いやいやいやいやっ。
――韓国の芸能人のみなさんはとても日本語がお上手だと思いますが、みなさん随一かもしれません。なにより......通訳さんがおられません、このインタビュー(驚)。
サンウ△最初に日本に来たときには週に1回くらいレッスンの時間があったのですが、最近は時間がありません。でも、スタッフはみなさん日本人ですから、お話ししながら勉強しています。それに......。
――それに?
サンウ△いまは日本に住んでいますから(ニッコリ)。
一同●(ニッコリ)
――おおおおお、そうなんですか。それは嬉しいですね。ではみなさんの素晴らしい日本語に敬意を表しまして、お話しをうかがって参ります。ます、CODE-Vはどういうグループでしょうか?

cordv05.jpgナロ◎CODE-Vは、「CODE-Vといえばこれ!」という音楽のジャンルをやるだけでなく......たとえばみんなで盛り上がれる曲だったり、バラード曲だったり、楽しい曲だったり、いろいろな曲をみんなで共感できる、ポピュラーな歌手を目指しているグループです。
――それは音楽だけでなく、個々人の方が俳優で......というようなのも含まれますか?
ナロ◎はい、そうですね(ニッコリ)。
ソル▲僕は「親しみやすい、実力派のアイドルグループ」です。これは完全に僕の個人的な位置づけなんですが、CODE-Vはアーティストとアイドルの真ん中にあって、でも実力派!
――おおっ、日本のグループでパッと「SMAP」が浮かびましたよ。
ソル▲ええっ、本当ですか!? ありがとうございます!
ジェウォン□「カメレオンみたいなグループ」ですね。
――カメレオン??
ジェウォン□そのときそのときに合わせて変われるグループ、です。
――いまリーダーがすごくいい反応をされましたが、いかがですか?
サンウ△僕もそう思います。メンバーそれぞれが声やその特徴を合わせていろいろな音楽を作っていく。ナロも言いましたが、いろいろなジャンルの曲を歌うことができる。似てますね、カメレオン。
――ちょっとムチャ振りですが「カメレオン」はジェウォンさんの作品なので、サンウさんなりの単語だとなにになりますでしょう。日本語ペラペラなので敢えてうかがってみます(笑)。
サンウ△えーっ!? では、そうですねえ......。あ、「ビビンパ」って知っています?
――はい、それはもちろん。そのココロは?
サンウ△ちょっと笑ってしまうかもしれませんが、ビビンパっていろいろな材料をごはんに乗せて、コチュジャンをかけて混ぜて食べますよね。たとえばナムルとかは単品で食べてもおいしい。でもやっぱり混ぜたらもっとおいしくなりますよね。CODE-Vもみんなの個性を混ぜ合わせて、よりおいしくなるってことです。それでビビンパと表現してみました(ニッコリ)。
――いや、重ね重ねですが日本語の読解力が素晴らしいですみなさん。それにしてもこれでルイさん、なにに喩えるかハードルが上がりました(笑)。
ルイ■困りましたね(笑)。......でもやっぱりひとりひとりが個性的で、そしてソルが言ったように「親しみやすい」、"隣の家のお兄さん"のような、みなさんに近い存在でありたいですね。
――はい、失礼かもしれませんがみなさんとても親しみやすいです、ホントに。

あんな食やこんな食、「道がキレイ」や「追い炊き機能」......CODE-Vの日本考

cordv06.jpg――では続いて日本のことをうかがいますが、みなさんが感じる日本のよさを教えてください。
ナロ◎僕が日本の好きな部分はですね、「道がキレイ」なところです。
――道が?
ナロ◎はい。最近、韓国に帰ったときにも思いましたが、道がキレイなところは日本に似てほしいです。あ、もちろん道だけではなく、いろいろな場所がとてもキレイなところ、本当に好きですよ。
――そこはかとなく嬉しい、誇らしいお話しです。ではイケメンのソルさん。
ソル▲はい(笑)。僕は食べることがとても大好きなんですが、実は日本ではトンカツとお寿司しかないと思っていました。
――それはまた極端な(笑)。
ソル▲ただですね、日本に来て全国を回らせていただいたら、日本全国においしいものがたくさんあるじゃないですか。それが本当に素晴らしいと思いましたね。
――ではたとえば、「☆☆に行ったら絶対これ食べたい!」ってのを教えてください。
ソル▲そうですね。僕は肉類が好きなので、札幌ならば......ジンギスカン!
――おおおっ。
ソル▲北海道なら......モツ鍋!!
サンウ△それは福岡だよ(笑)。
――いや、お店はあるとは思います(笑)。
一同●わはははははは!
ソル▲すみません(照)。でも博多だったらラーメン!......なんて、日本全国においしいものがありますよね。
サンウ△仙台の牛タンや神戸牛なんかもおいしいですよね。神戸牛、ちょっと高いですけれど(笑)。香川のうどんなんかも素晴らしい。
ナロ◎僕もモツ鍋、好きですねえ。あと鹿児島の黒豚とか。
ルイ■北海道のスープカレーですが、東京にあっても向こうの味は出せてないと思います。
一同●(深くうなづく)

cordv02.jpg――なんか詳しすぎますよ、みなさん(笑)。とりあえず食は離れまして、日本のよさをジェウォンさんお願いします。
ジェウォン□僕はですね......日本全国にある「タクシーの自動ドア」。
――またまあ(笑)。
ジェウォン□韓国を始めいろいろな外国にも行きましたが、自動ドアは初めて見ましたよ。王子さまにでもなった気分です。何度も自分で閉めたり開けたりして怒られた経験があります(笑)。最近はですね、韓国に帰ったときに自動だと思ってそのままにして怒られます......。
一同●わははははは。
サンウ△僕は「お風呂の追い炊き」ですね。勝手にお湯を沸かしてくれて、沸いたら止まってくれるんですから。
ルイ■僕らは......いま42くらいの都道府県を回らせていただいているのですが、各県や各地方でみんな個性がある。それと、僕が初めて日本に来たときは、韓国と日本ではいろいろと違うことがいっぱいあると思っていました。でも、いざ日本にいると、韓国とも近いですし、同じ雰囲気を感じるようになりました。そんな日本を僕は愛していますよ(ニッコリ)。
一同●(深くうなづく)
――あああ、なんか嬉しいですね。それにしてもみなさんやっぱり"親しみやすい"ですよ。食べ物とか、タクシーの自動ドアとか追い炊きとか(笑)。
一同●ははははは!

1st.アルバム発売! ズバリ、聴きどころ!!

――さて、肝心なニューリリース楽曲についてうかがいましょう。まずは先月発売の3rd.シングル『何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?』です。ボーカル・グループCODE-Vとして、聴かせるバラードでしたが、このシングル全体の聴きどころを教えてください。

cordv07.jpgジェウォン□やはり最初に聴いてほしいのが、CODE-Vならではのハーモニーです。それと、『何度サヨナラを......』だけでなく、アカペラの曲なども入っているのですが、すべて歌詞がとてもいいんです......(しみじみ)。どうか歌詞も読みながら耳に入れながら、聴いてみてください。
ルイ■『何度サヨナラを......』もカップリング曲も含めまして、3rd.シングルでひとつのストーリーになっていると思います。タイトル曲は恋人と別れたとき、そしてカップリングの『14ヶ月』はそれから文字通り14カ月が過ぎた女の子の目線、そしてアカペラ曲『Loving You』はふたりの愛を祝福する曲です。
――なるほど。ついタイトル曲ばかりをローテーションしがちですが、一冊の本を読むように通しで聴くことによってストーリーが浮かび上がるわけですね。
ルイ■はい、そうですね(ニッコリ)。
ナロ◎ルイに言われてしまいましたが(笑)、ストーリーとして聴いていただけるとより楽しめると思います。切なくもある"別れと愛"の感情が表現できていれると感じてもらえたら嬉しいです。
ソル▲タイトル曲、カップリング曲とも、同じ作曲家(Jin Nakamura氏)、作詞家(平義隆氏)の先生がCODE-Vのために作ってくれた曲です。僕たちをよく知っている先生が作ってくれた曲なので、とてもCODE-Vらしさを感じられる1枚だと思います。
サンウ△みんな言ってくれましたが(笑)、タイトル曲が男目線、カップリング曲が別れた女の子目線。そしてアカペラ曲が男女の恋愛を歌った曲です。そして......いまの時期、卒業シーズンですよね? 地方から都会にやってきて、好きだった人や家族と離れないといけない寂しさもあると思います。ストレートに恋愛対象でなくても、そういった寂しさを抱えた人たちにも共感いただける内容だと思いますよ。
――リーダーにうまくまとめていただきました。それでは、ついに発売された1st.アルバム『初心』についてになります。
ルイ■1st.アルバム『初心』は、CODE-Vが生まれてからいままでの歴史が綴られたアルバムです。収録曲も、これまで僕らは悲しいバラード曲が多かったのですが、今回は明るい曲や新しくチャレンジしたような曲、僕たち5人が作った曲もあります。ホントにいろんなCODE-Vが見られる、これまでの「集大成」と言えるアルバムだと思います。最初の"命"が生まれた感じです。
――命! 集大成という言葉より、「これからの大きな一歩」ですね。
ルイ■はい(ニッコリ)。これからの未来です。
ナロ◎これまでCODE-Vを聴いてもらっているみなさんは、ひょっとしたらバラードの曲をよく聴いていただいているかもしれませんが、「それだけじゃないよ」というアルバムです。CODE-Vのバラエティさを感じてもらえるはずです。僕たち自身もとても楽しみです。
ジェウォン□今回のアルバムは、これまでのCODE-V、すべてが詰まったアルバムです。今回初めて聴いていただく曲たちには、みなさんに希望や勇気を与えられる曲もたくさんあります。『そばにいるよ』や『僕が僕らしくいられるように』、『Miracle』......アルバムの後半に入っておりますので、ぜひ受け取ってください。
ソル▲ホント、みんな言ってくれていますが(笑)、僕たちからファンのみなさんにメッセージを込めた曲ばかりなので、聴いていただいて心でも繋がれたらいいなあと思います。
――最後はまたリーダーに締めていただきましょう。
サンウ△はい(ニッコリ)。1st.アルバムのタイトルは『初心』、です。僕たちは『初心』という言葉をとても大事にしておりまして、初めて日本に来て、初めてファンのみなさんの前で歌ったころの気持ちを常に忘れないようにしよう、その思いからタイトルにしました。僕たちを応援してくださるみなさんを思いながら作った1枚です。ぜひ聴いてください。
――はい。
サンウ△みんなが言うとおり、CODE-Vはこれまで切ないバラード曲が多かったのですが、ライブでファンのみなさんと盛り上がれる曲もたくさん収録してあります。特典にはアコースティックバージョンの曲や、僕らが作った曲、そしてルイとジェウォンがユニットを組んだ曲、ソルが作曲した曲など、盛りだくさんです。特典版にも注目してください。
一同●よろしくお願いいたします!

「武道館でライブを!」その"らしい"理由

cordv08.jpg――楽しいお話しをいただき、ありがとうございました。最後にひとつ、これからの目標や夢を教えてください。
ルイ■僕たちの最終目標は、みなさんの側でずっと歌っていられるグループであることだと思いますが、まずは僕たちのことを知らないみなさんに「CODE-Vというアーティストは魅力あるね!」と言ってもらえるように、一生懸命頑張りたいと思います。
ナロ◎いろいろありますが、まずは大きな都市やメディアだけでなく、いろいろな街に行って、聴いていただけるみなさんとすごく近い距離で接し、心の奥まで届くような存在になりたいですね。
ソル▲最初からの目標ですが、日本武道館でのワンマンライブがやりたいです。
――そしてドームへ、というような夢の繋がりですね。
ソル▲あ、東京ドームなどももちろんすごい夢ですが、武道館なのは理由があるんです。武道館は他の会場よりもお客さんとの距離が近い会場ですよね。その場所で全国にいるファンのみなさんと盛大にライブをしたいです。
――はああああああ......やはりお客さんとの近いのがCODE-Vなんですね!
サンウ△はい。CODE-Vというグループは、これまで応援していただいたファンのみなさんがいなかったら存在していません。これからも引き続き、初心を忘れずに一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いいたします。
ジェウォン□僕はまず、今度のアルバムでオリコン1位、ですね!
――おおっ。『何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?』はオリコンのデイリーランキングで6位でしたし......
ナロ◎いや、週間で6位でして、デイリーではもっと上です(4位)。
――ああああ、失礼いたしました。
ソル▲そこはハッキリしておきましょう、ははは。
一同●はははははは!
――失礼いたしました! ドーンと1位、狙います。CODE-Vのみなさんでした!
一同●ありがとうございました!

cordv03.jpg











エンタメ インタビュー/記者会見   記:  2013 / 03 / 07

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!

旅塾

▲このページのトップへ