インタビュー/記者会見

映画『アイアンガール FINAL WARS』
主演の明日花キララにインタビュー!
「感情が入って本気で泣いちゃいました!」

irongirl__AK001.jpg 2012年に第1作目、2014年に第2作目が製作され、国内のみならず韓国、アメリカ、台湾、香港他で圧倒的な人気を得た、あの明日花キララ主演の本格アクション映画「アイアンガール」シリーズの待望の第3作目がついに完成し、2月16日(土)より池袋シネマ・ロサでの1週間限定ロードショーと、大阪、横浜ほかでの上映も決定!
新たなキャストとして、赤井英和の娘であるタレント兼人気女子プロレスラーの赤井沙希、「ウルトラマンオーブ」宿敵・ジャグラスジャグラー役の青柳尊哉、グラビアアイドルとして人気の天木じゅん等を迎えて、前作より更にセクシーでスケールアップした本作でシリーズが完結する! 今回は、主演の明日花キララに映画『アイアンガール FINAL WARS』について話を聞いた。

irongirl__AK002.jpg 尾崎:以前、『嬢王3Special Edition』DVD-BOX発売記念イベントで取材をさせていただきました。
明日花:お久しぶりです(笑顔)。
尾崎:その時に、初めての演技だったと伺いました。
明日花:そうです、そうです。
尾崎:それから1作目の『アイアンガール』、2作目の『アイアンガール ULTIMATE WEAPON』、そして今回が最終話3作目の『アイアンガール FINAL WARS』ですが、今回の作品にいたるまでの思い出などありましたら、教えてください。
明日花:1作目では、ほぼセリフもなく、感情のない「何者なんだ?」という役でした。2作目で、だんだんとクリスの性格や感情が分かってきて、今回の3作目でその感情が爆発し、こんな過去があったんだっていうことが明らかになってきます。今回のクリスが私は一番好きです。今までは、戦うことが全てという感じで生きてきたんですけど、そのクリスにも母性とか守るものがあったり、内容が盛りだくさんで演技も難しい部分もありましたけど、私はクリスとともに、1作目から3作目と一緒に成長してきている感じがして、演技の面でも藤原監督に「上手になったね」と褒めていただきました。普段、褒めたりしない監督だったので素直に嬉しかったです。

irongirl-fw_001.jpg 尾崎:今回の作品の見どころのひとつは、アクションシーンだと思いますが、いかがでしたか?
明日花:藤原監督からは「前作に比べて、キレが良くなったね」と言われました。3作品目ということで、アクションの見せ方もだんだん分かってきたのかなって思っています。

irongirl__AK003.jpg 尾崎:ワイヤーアクションはいかがでしたか?
明日花:今回はけっこう飛びました!!(笑)一度だけ失敗しちゃった時があって、回転する時に回りきれずに、変な形で中吊りになって危なかったです。命がけでやっていました。ワイヤーアクションは1作目の時から大好きで、大好きすぎてワイヤーアクションをやりながら笑っていたら、それを青柳さんに動画で撮られていたんです。
尾崎:それは、どちらかにアップされているんですか?
明日花:アップはされていないんですけど、彼から送られてきた動画が、動画編集に力が入っていて、女子でも使うことが難しそうなアプリを駆使して、音楽も付いていました。私がずっと飛んでる動画です(笑)。
尾崎:どこかで公開してほしいですね。

irongirl__AK004.jpg 尾崎:クリスの命を狙う最強サイボーグと化したダイアナ役の赤井沙希さんとのアクションシーンはいかがでしたか?
明日花:赤井さんのアクションはひとつひとつ迫力がありました。身長も高いのでさらに迫力が増していました。普通だったら絶対にすぐに負けちゃうんだろうなって思いながら戦っていました(笑)。でも、とても優しい人で「私はぜんぜん平気だから、思いっきり本当に殴っても大丈夫だよ」って。本当には殴れませんけどね(笑)。

irongirl__AK005.jpg 尾崎:撮影中のエピソードなどは、ありますか?
明日花:赤井さんに限らずみんなが仲が良くて、みんなでお菓子を食べたり、ご飯を食べたりしました。常に誰かが差し入れをしてくれたり、ほっこりした現場でした。夜中の2時頃、私が撮影で疲れている時に前田けゑさんが大量のシュークリームをコンビニで大人買いしてきてくれて、その時には「あー!糖分ほしかったー!!」って、叫んじゃいました(笑)。一気に2個も食べちゃいました。

irongirl__AK006.jpg 尾崎:監督の藤原健一さんについて印象やエピソードなどを教えてください。前作に続いて2作目となりますが……。
明日花:作品に対するこだわりが強い監督で、ちょっとでも気に入らないところがあると、何度でも撮り直すんです。最初は監督のことが嫌いだったんです(笑)。いちばん最初に「女囚701号 さそり 外伝」という作品で演技をさせていただいたんですけど、どこが悪くてNGなのか言ってくれなくて「もう、何回やるのっ!?」って、でも回を重ねるごとに仲良くなって、今では「なんでっ!どこがダメだったの!?」って、言えるくらいになって、監督からもアドバイスをいただけるようになり、より良い作品が作れたんだなって思っています。

irongirl__AK007.jpg 尾崎:葛城ジョー役の青柳尊哉さんとは、二人のシーンが一番多かったと思いますが、いかがでしたか?
明日花:青柳さんが演じる葛城ジョーは、元々は赤井さん演じるダイアナとイイ感じだったんです。さらにBARの女・平塚千瑛さんにも好かれていて、なんかモテモテじゃないですか?「えっー!」って思いつつ演じてました。青柳さんとは、最初は、人見知りでお互いに距離をおいていたんですけど、泊まり込みでの撮影だったこともあって、自然と仲良くなって、話しやすい方でした。

irongirl__AK008.jpg 尾崎:撮影中のエピソードなどはありますか?
明日花:撮影前に香盤表を見ると初日に青柳さんとのラブシーンがあって、それまで面識もなかったので、「え!ヤバくない!」って、お互い思っていたんですけど、でも予定が変わって後半にスケジュールが移動したので、ひと安心しました。そのシーンは最初、青柳さんは上半身裸って台本には書いてあったんです。なので彼は撮影当日まで腹筋をして体を鍛えていたんですけど、でも本番では脱がないことになって、無駄な体力作りになっちゃったんです(笑)。

尾崎:SARA役の天木じゅんさんはいかがでしたか?
明日花:共通の友達がいたりして、最初から話しやすかったです。彼女は人なつっこい感じで、私を慕ってくれたり、姉妹のような関係で「キララちゃん、このお菓子美味しいよーー」みたいな感じで、とても可愛くて、こんな妹がいたら良いなって思いました。

irongirl__AK009.jpg 尾崎:その他に作品の見どころがありましたら教えてください。
明日花:博士役の春田純一さんとのシーンがあるんですけど、あのシーンは役に凄く入り込んで、感情が入って本気で泣いているんです。後は、ラストシーンで私が歌っている主題歌が流れるんですけど、その歌詞を聴いていただきたいです。アイアンガールのクリスと、私がこの業界で11年間がんばってきた明日花キララとしての人生をもとに書き下ろしていただいたので、歌詞にも注目して観ていただきたいです。

尾崎:最後に映画についてのメッセージをお願いします。
明日花:アイアンガールのファンの方に支えられて、3作目の『アイアンガール FINAL WARS』が完成したと思っています。ファンのみなさまお待たせしました。今回は、みなさんに3作の中でファイナルが一番良いんじぁないかなって言っていただける作品になっていると思います。1回観ただけでは分かりにくいところもあるんですけど、何回か観て分かってくると面白い部分もあるので、何回でも観にきていただきたい作品だなって思っています。そしてみなさんのアンコールの声があれば、もしかしたら「リターンズ」とかがありそうな、余韻のある終わり方になっていますので、たくさん観ていただいて愛してほしい映画です。

irongirl__AK010.jpg 【関連記事】
シネマピア/アイアンガール FINAL WARS 
映画『アイアンガール FINAL WARS』青柳尊哉にインタビュー



出演:
明日花キララ、赤井沙希 青柳尊哉 天木じゅん 龍坐 けーすけ 亜紗美 仁科貴 ハヤテ 平塚千瑛 春田純一、他
監督:藤原健一
脚本:村川康敏
アクション監督:柴原孝典
主題歌:明日花キララ「Hikari」
制作プロダクション:ユニオン映画
制作協力:ANGLE
アクション協力:オフィスワイルド
配給・宣伝:渋谷プロダクション「IRON GIRL FW」製作委員会(ユニオン映画 クレイ オールインエンタテインメント プラステス ワコー)
公式HP:http://irongirl-fw.com/
Twitter:@Movie_IRONGIRL
公開:2月16日(土)より池袋シネマ・ロサにて
連日20:45より1週間限定ロードショーほか全国順次

©「IRON GIRL FW」製作委員会
 














エンタメ インタビュー/記者会見   記:  2019 / 02 / 12

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】メランコリック

★東京国際映画祭で ★新人監督が監督賞…

旅塾

▲このページのトップへ