アラカン編集長モンブランを行く!

近々近状緊急報告-4:妙義・星穴岳その2

2009 / 11 / 30

09110802.jpgいよいよ「星穴」へ降りる懸垂下降。

条件・要領は「あああぁぁぁーッ!!!ドカーン!!」の時と同じだが、何が違うって斜面はブッシュの土斜面ではなく岩。最初はほぼ重力に従って真下に下降だが、最後の最後が重力に逆らっての斜め下降。

先の反省を生かし、岩をつかみながら慎重が上に慎重にソロソロ。ほんの少しずつ体重をずらしながら進む。つかみ損ねて岩から身体が離れると谷底へぶら下がることになる。

「下に行くの!!!」
ところが怖がって岩にしがみつこうとすると、どうしても上へ上へ行ってしまう。すると、かぶり気味の岩面にヘルメットがぶつかった拍子にはねかえされそうになって、なおのこと怖い。

コワカタヨ~

着地してロープを外した時はいっぺんに緊張が解けてヘナヘナ。

09110803.jpgなんとも不思議な眺め。人にはあらず仙人かはたまた天使か神か…自由に天を駆け巡ることの叶う神々しき存在がその羽を休めし、まさしく星の穴。不老不死の木の実をはみつつ「今度はどっちへ翔んで行こうか?!」など思案せしか?!
念願かなって降り立った「星穴」でついつい感傷に浸ってしまう。

「後は降りるだけだから」
なんて、ウソばっかり!!

とんでもない急斜面で、しかもさらさらだったりずるずるだったりの細かい粒子の土の上にしこたま枯葉が堆積していて、まるで雪面を降りるような感じ。
フラットフィッティングったって「限度があるよ~」ほど傾斜のきつい降りにてこずることったら!
降りるというより、あまりにも急で落ちるような感じなところは懸垂下降したりしながら。

09110804.jpg調子に乗ってシャーシャー滑り降りる要領で行くと、時々変な感じで岩が顔を出していたりする。
なので、グッと腿のストッパーを利かせると時々なぜか左わき腹が「イグッ」。

それまで左わき腹のことなんか、すっかり忘れていた。
急な登りも、懸垂下降の時だって、振られて「あああぁぁぁーッ!!!ドカーン!!」の時でさえ痛くもかゆくもなかったのに、なんでやねん?!

もうね、山道に出て、普通に歩けるようになった時はフラフラですわ。車道をしばらく歩き駐車場に戻ったらぐったり。

車に乗ったら新宿まで、ほとんど寝てた。
すんません。
いつものことだけど…

RIMG0881.JPG
 
























……………………………………ご一緒しませんか?モンブラン!……………………………………

montblunc0102.jpg2010年の7月3日(予定)モンブラン登頂。ご一緒くださる方を募ります。
アラウンド還暦さんはもとよりアラフォーさんもアラサーさんも、お近くの方も遠方の方も、おいちゃん、おばちゃん…
どなたでもご一緒しましょう!!!
もちろん、トレーニングも進捗や情報交換などして、プロセスから楽しみましょう。
内緒で?OFF会もやっちゃいましょう!!!


【現在の募集状況】
男性…30代:1名、50代:1名
女性…1名
お問い合せ:KODAMA@ASOBIST.COM(全て英数小文字に変えてください)


……………………………………協賛・協力・機材提供のお願い……………………………………

「2010アラカン編集長モンブランを行く」企画にご賛同いただける企業様、企画紹介していただける媒体を探しております。

お問い合せ:KODAMA@ASOBIST.COM(全て英数小文字に変えてください)

……………………………………協賛・協力・機材提供………………………………………………
■株式会社ICI石井スポーツ様
http://ici-sports.com/main_top.html


……………………………………………………………………………………………………………

*Blog「日々楽観」はこちら


 














連載 アラカン編集長モンブランを行く!   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】キャメラを止めるな!

2018年、日本。当時は無名だった…

旅塾

▲このページのトップへ