アラカン編集長モンブランを行く!

やっぱり怖い!!!

2010 / 02 / 06

1月30日、31日はクライミング練習。

30日は湯河原・幕山
なんと、この日の参加者はスクール生が2名。大森さんを入れてもたった3人!
何が大変て、休む暇がない。必ずあるはずの誰かが攀じっている間の待ちがない。「はい次、はい次」で攀じっているか、ビレーしているか。疲れる~!!午前中に4本やっちゃうという新記録達成の快挙。

つくづく感謝!始めてずいぶんしたころに経験したゲレンデ・アリババ。1本やっただけで腕がパンパンになり、核心で「つかまっちゃダメ」と言われたのもお構いなしに、そばの木にしがみついて、やっとのことで登ったっけが。それでも10台初成功が小躍りしそうに嬉しかった。
それが、午前中にアリババ10a、コンマクラック5.9、マゾおけさ10b、移動して1本5.9の4本。まずまずやっつけられて、しかもさほど腕もパンプせず…
怪我をしていったんは「どれやってもギブ」になったのが、なんとか、ここまで回復でき、それどころか、わずかに「腕が上がった感」これは内心「うひょ」な感慨。若者ならいざ知らず、この歳になっての怪我を乗り越えての身体力の成長というのは、「人間あきらめちゃいけないな」の証だもの。

まあね、腕にはさほどだったが、指先にはきた。午後から再びアリババに戻ってからの2本、1本やったら指先がヒリリ。2本目10bのアリババ2はことさらホールドが痛い。岩がギザギザにとんがっていて、指先の皮が切れそう。どうにも痛くて、ついにギブ。「まあね」と言ってのける「おにいさん」にはかないません。まだまだです。

夕方、移動。翌日の日程、丹沢・広沢寺に向けて伊勢原駅近くのビジネスホテルに宿泊。
チェックインして即でかけ、居酒屋でご飯。

「クライミングはもどってきたね」「そうそう」
大森さんとおにいさんが言ってくれてウシシ。

「後は歩きだね」「まだまだ、遅すぎ!」
釘を刺されてシュン。

31日、丹沢・光沢寺
前日とは大違いな大所帯。スクール生が5人、大森さんの他にマル秘スペシャルな練習生?2人とその関連、合わせて7人だか8人だかで、総勢15、16人!
クジラ岩周辺は大騒ぎ。まあ、クライマーも「ガンバ!」ぐらいは声かけしたりするんだが、まあ静かなもん。そこへもってきて、なにせ「スペシャル」が何かする度に「関連」から、やんややんやのエール・喝采が入るものだから、ほら、みなさい!ひっそり内緒な「スペシャル」なはずが、他のパーティーにもすっかりバレバレ。しーらないよッと。

難易度のさほどでない傾斜のゆるい、スタンスもホールドもよりどりみどりなルートだから、スクール生はただでは登らせてもらえないやね。雪靴はいてアイゼンつけて、しかも軍手だの薄手のグローブだのをつけて攀じる。怖いんだ、これが。
2本出ている前爪を岩に置くんだが、よくアイゼン練習に使われているゲレンデなので、ところどころ穴が2コずつ開いている。それが、ありがたいような、目障りなような。「もうちょっと左に寄せて開けといてよ」だったり「なんで穴、1コっきりないのよ」だったり。

スタンスを移そうとして足を上げたはいいが、次のスタンスを迷って元に戻そうとしたら穴が見えない。穴がなければ探って置けるんだが、なまじ穴があるから外せない。「ど、どこよ~?!!!」ってな。

ホールドだって、いっぱいあるっちゃあるんだが、グローブをしているから近くの薄いところは避けなければならない。遠めに手を伸ばしても安全を選ぶ。身体を伸ばすと、その分、大きく体重移動しなければならず、怖い。

アイゼン練習の次は登山靴練習。こちらはグローブなしなので比較的、容易ではあるが、つま先を岩に対して正対に置いてやや親指側に重心をかけるのは、アイゼン装着時と同じ。両方ともふくらはぎにくる。
平気でひょいひょい、早くてビレーがおっつかないほど、スピード上げて攀じっていく先輩おねえさま、おにいさんには脱帽。

一所懸命に攀じりましたさ、そら。昨年5月の残雪期の戸隠P1尾根でむきだしの岩をアイゼンで降りていて落ちたのは骨身に堪えているからね。大森さんが上からザイルを引いてくれたから事なきを得たようなものだった。
アイゼン練習は降雪・残雪期のバリエーション、登山靴練習は無雪期・夏山のバリエーションに備えての大事な練習。あだや疎かにはできない。

にしても「スペシャル」のひとりは相当な山・岩の経験者でもあるからスイスイ攀じってみせてくれる手つき足つきは堂に入ったものだが、もうひとりの「スペシャル」は未経験に等しい本日3回目の練習。3回目にしてアイゼン練習とは、仕事柄とはいえ、さぞかし緊張しただろうと推測するが、何食わぬ顔でやっつけ、しかも3回目にして形になってきているとは、さすが。

まあ、まあ、まあ…
「スペシャル」については、そのうち、ね。ね。

あ、申し訳ありませぬ。

私、ライターにあるまじき失態!こともあろうにカメラを持っていくことを忘れてしまいまして、長々と文字ばかり並べてしまいました。スマセン。






……………………………………ご一緒しませんか?モンブラン!……………………………………

montblunc0102.jpg2010年の7月3日(予定)モンブラン登頂。ご一緒くださる方を募ります。
アラウンド還暦さんはもとよりアラフォーさんもアラサーさんも、お近くの方も遠方の方も、おいちゃん、おばちゃん…
どなたでもご一緒しましょう!!!
もちろん、トレーニングも進捗や情報交換などして、プロセスから楽しみましょう。
内緒で?OFF会もやっちゃいましょう!!!


【現在の募集状況】
男性…30代:1名、50代:1名
女性…1名
お問い合せ:KODAMA@ASOBIST.COM(全て英数小文字に変えてください)


……………………………………協賛・協力・機材提供のお願い……………………………………

「2010アラカン編集長モンブランを行く」企画にご賛同いただける企業様、企画紹介していただける媒体を探しております。

お問い合せ:KODAMA@ASOBIST.COM(全て英数小文字に変えてください)

……………………………………協賛・協力・機材提供………………………………………………
■株式会社ICI石井スポーツ様
http://ici-sports.com/main_top.html


……………………………………………………………………………………………………………

*Blog「日々楽観」はこちら
 



 











連載 アラカン編集長モンブランを行く!   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】愛なき森で叫べ

★監督:園子温監督×主演…

旅塾

▲このページのトップへ