<夏なのに...、秋なのに...>

momi170817_01.jpg 8月の中だというのに、何だか凄い天候です。
暑いのは辛いけど、こう梅雨みたいな雨続きで涼しくて湿気が多いと滅入るー。
頭を "秋が来た!" と騙すには好都合ですが。
秋のスタートはもう目前。気を取り直して秋を迎え撃ちますよ。

この秋は何故かサンゴ。
サンゴと言えばトルコ石と並んで夏らしいとされる石です。
そんな事言うのは日本人だけ、などと石屋さんには言われますがそこは日本人、ものに季節感を求めて当て込む習性は持って生まれたものです。
そこを敢えて秋に持ってくるとは急にどうした事でしょう。
自分でも確固とした理由は見当たらないのですが、恐らく色なのでしょうね。
別に枝っぽいところを使わなければ、色と質感ですから。
同じサンゴの赤でも深い赤や、バーガンディを合わせれば秋の香り高い組み合わせとなります。

momi170817_02.jpg 私は赤の中でもイタリアンレッドと呼ばれる明るい赤が好きです。或いはもう少しまったりとニュアンスを加えた トマトレッド…これはもしかしたら私の造語かもしれません。
普通何故か赤は黒に組み合わせられることが多いのですが、これもあまり好きません。
赤は白に合わせるのが好き! 朗らかでスポーティな方向に持っていきたいのです。

サンゴも色々ありますが、とりわけ サルディニアコーラルが好きです。
明るい赤からオレンジにかけての色バリエーション。
イタリアのサルディニア島沖でとれます。
サルディニアを調べると、昔はサルディニア王国とやらがあった模様。
今でもバカンスのホテルやビーチがあり、ちょっと行ってみたくなる島ですが。
珊瑚と言えば先ず頭に浮かぶのは血赤珊瑚と言う真っ赤な珊瑚。
宝石珊瑚の代表ですが、お値段も全くついて行けない…、と思います。
と言うか、買ってみようと思ったこともないので正確には分かりません。
お高いだけあって、高価でオーソドックスなジュエリーにつくる様、既に加工されてしまっていてピンと来ないのです。丸玉など凄みがあって惚れ惚れするのでしょうが、丸玉ではねぇ。
で、サルディニアなのですが、こちらも立派に宝石珊瑚の一種です。キメが細かいのか、トロリとした美しい肌。でも可愛い!私でも入り込む余地があります。
サンゴのジュエリーやアクセサリーはお決まりのスタイルが多いですね。特にジュエリーはヒドい。 昨年のトルコ石もインディアンジュエリー スタイルに縛られた物から脱却したいと思ってつくりましたが、珊瑚もそうなのですね。"珊瑚" と漢字で書くと尚、古く見えてきます。だから敢えて サンゴ。

image3.JPG 考えると、真珠もそういう部分が多い。
だからそこに私が何か考える意味があり、楽しさがあります。
こんなに素敵な素材が勿体ないのです。
素材はモノづくりの原動力。いつだったかそんなつぶやきをしていましたっけ。
可愛いサンゴに背中を押されてがんばりまーす。


えんどう もみ 2017 Autumn Collection 松屋銀座の詳細はこちら

松屋銀座2013 Autumn Collectionの様子はこちら
MAD Tea Party ダンス・ダンス・ダンスの様子はこちら

松屋銀座2013 Spring Collectionの様子はこちら

momi2012 in Wa2の様子はこちら
チャリティーサロンTRINITYの様子はこちら
松屋銀座2012 Autumn Collectionの様子はこちら
松屋銀座 2012S/S Collectionの様子はこちら
ギャルリー ワッツ『えんどうもみ展』の様子はこちら
Gallery O2『えんどうもみ新作展』の様子はこちら
松屋銀座 2011 A/W Collectionジュエリーフォーラムの様子はこちら
前回の企画展『盛装ピクニック』の様子はこちら










あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】オトトキ

★日本が誇るロックバンド“…

旅塾

▲このページのトップへ