道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2016年(22)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
イヌショウマ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2005/09/28
撮影場所 横浜市青葉区 
学名 Cimicifuga japonica 
科目・属 キンポウゲ科サラシナショウマ属 
季節 夏 
生育地 山地、丘陵の湿った地 
分布 本(関東地方から近畿地方) 

ショウマ恋しや…

3年前にお初にお目にかかり、昨年は2年ぶりに再会を果たした。徐々に株も大きくなり、花付きもよくなっている。同時に種が飛んだのか個体数も増えていてたいそう喜んだ。
今年は違う場所でかなりの個体数をみつけた。マメに歩けば、歩いた分だけ発見があって嬉しい。

これは新発見の場所で撮った。さほど大きな株ではないが、咲き姿が楚々として美しい。

「ショウマ」の類は数ある中で、このあたりではイヌショウマとチダケサシしか見つけていない。
トリアシショウマやサラシナなどは探しきれてないのだか、自生がないのだかはわからない。

育った京都の山の中にはトリアシショウマの群生地があった。
美しさから言えば、イヌショウマが数段美しいだろう。薄暗い林下で咲いている様は「白いスピリット」とも呼べるような神秘性さえそなえている。
それでもあのニワトリの足のようにパーをしたトリアシショウマの花がなぜか懐かしい。

どこかでもう一度お目にかかりたいものだ。

記:2006-10-24