道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(20)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
フクジュソウ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2007/02/15
撮影場所 栃木県大田原市金丸 
学名 Panunculaceae adonis ramose 
科目・属 キンポウゲ科フクジュソウ属 
季節 春 
生育地 山地のやや明るい林内 
分布 北、本、四、九 

関連リンク
バスツアールポはこちら
花の想い

バスツアー・オプショナルのそのまた「オマケ」で「ザセンソウの群生地」を訪れた。

フツウの民家の敷地内に群生地は広がっていた。入場料をとるわけでもなく、特に囲いが設けてあるわけでもない。
ザセンソウを痛めないように施された簡単な木道。民家の主と思しきオジサンが黙々と手入れに励んでおられます。
その庭先に、何気に「ザザンソウ」の説明パンフのコピー刷りが置かれ、風に飛ばないように小石で重しされていた。
参考に1枚手にして、ふと見れば庭木の根元にフクジュソウを見つけた。
行き届いた手入れ。肥料もタップリとみえて、立派な株。花色もツヤツヤ。
思わず撮りたくなった。

フクジュソウがこんなに幸福そうに笑っているのは、オジサンの愛情に応えんとする「花想」に違いないのだ。

花期は3〜4月

記:2007-02-26