道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2018年(22)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ショウジョウバカマ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2007/04/17
撮影場所 長野県妙高高原 
学名 Liliaceae heloniopsis 
科目・属 ユリ科ショウジョウバカマ属 
季節 春 
生育地 山地の谷沿いや林野の湿ったところ 
分布 北、本、四、九 

関連情報
関連リンク
ルポはこちら
VIVA ASOBIST
感謝!感謝!!

4月にまりりんと黒姫にでかけた。VIVA ASOBIST・吉原さんの取材で、ナンチャッテ・カメラマンとして。17日、朝からの冷たい雨を押して妙高の肩に山菜採りに連れて行ってもらった。
前の晩邂逅の祝杯をあげつつ
「そろそろショウジョウバカマのころではないでしょうか?明日行くあたりで見られます?」など伺ったらば「まだちょっと早いかな〜」ではあったので、さほど期待はしてなかった。
だから、岩清水滴る山肌の裂け目に淡い花陰を認めたときは、卒倒しそうなほど喜んだ。
なんという不思議な咲き姿!まつげを震わす美しき乙女のように、花先に冷たい雨滴を溜めて。
普通に歩いても決して見つけられはしなかった。吉原さんという「山」の達人の案内あったればこそ、道なきブッシュをナイフで切り開きながら奥の奥まで分け入ったればこそのショウジョウバカマとの出会いを心から感謝した。

カメラは苦手と言っていたまりりんが、どういうわけか最近カメラの腕を上げてきている。困るなこれ〜。取材にくっついて行く言い訳がなくなるじゃん。

あ、そうそう、まりりんにも感謝!!

花期は4月〜5月

記:2007-06-12