道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2018年(3)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
コマクサ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2008/07/05
撮影場所 硫黄岳・八ヶ岳/長野県 
学名 Fumariaceae dicentra peregrine 
科目・属 ケマンソウ科コマクサ属 
季節 夏 
生育地 高山の砂礫地 
分布 北(大雪山系、幌尻岳、雌阿寒岳、知床山地、)、本(岩手山、秋田駒ケ岳、蔵王山、燧ガ岳、草津白根山、北アルプス、御嶽山、八ヶ岳) 

孤高の麗人

硫黄岳頂上から硫黄岳山荘に向かって歩くと、ちらほらとコマクサらしきを目にするようになる。
まだ花期にはほど遠く、せっかくの群落もほとんどが葉茎のみ。ようやくツボミをつけたものがチラホラ。たまに咲いているものは、保護柵から遠くて撮影が難しい。
翌日横岳へ向かう途中、やっと頃よいのを見つけて撮った。

「高山植物の女王様かあ」つくづく眺める。
ひとたび荒れて雨風でも吹けば稜線は恐ろしい吹きさらしだろうが、ひとたまりもないようなキャシャないでたちで、砂礫の間から短い葉茎を出している。
女王様なれど、真綿に包まった暮らしぶりとは程遠い過酷な環境におわすことか。
いや、高山の劣悪条件をものともせず他の草花とも混生せず、シャキッと美しくあればこその女王様なのだろう。
まさしく孤高の麗人というところ。

花期は7月〜8月


記:2008-08-10