道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2017年(6)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
アオノツガザクラ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2008/08/03
撮影場所 白山:エコーライン周辺 
学名 ERICACEAE Phyllodoce aleutica 
科目・属 ツツジ科ツガザクラ属 
季節 夏 
生育地 高山帯の雪田跡や礫地に群生する常緑矮性低木 
分布 北、本(中部地方以北) 

道、間違えた!

2008年8月1日、白水湖のほとりで前泊。翌8月2日からテント泊2泊3日で白山に登った。豆板醤とネット山岳会:かわうそ山岳会のメンバー2人と、総勢4人。
2日目はテント場への戻り時間だけ打ち合わせて自由行動。エコーラインを北上、室道を経由してお花畑、お池巡りをしながら、目指すは白山山系の最高峰・御前峰。

エコーラインを登りきったあたりか、その途中だったか突然目の前に大きな雪渓が現れた。雪渓に沿ってアオノツガザクラがたくさん咲いている。

もう室堂まではすぐのはずなんだが、なかなか着かない。そのうち雪渓沿いの道は半ば途切れ、雪渓を渡るべく続いている。ガスでもやいだ雪渓の上を歩きながらふと「なんだかな〜」道を違えたのではと思ったりもする。

「そのうちどこかで道標にお目にかかるだろう」仕方がないからもう、どんどん歩く。あたり一面真っ白になり、目の前しか見えないのだから、じゃんじゃん歩くより術もない。
小さな池のほとりにたどり着いた。
百姓池?!
な・なんですとッ?!

どこをどう道を取り違えたんだか、ようやく室堂を通らずに来てしまったことに気がついた。

インの画像は最初に渡った雪渓沿いで、アウトはお花畑の雪渓脇に群生しているのを撮った。見れば見るほど美しい雪渓!雪渓を渡る風はうっすらと「雪」の匂いがする。

花期7月から8月

記:2009/07/24
*実際に登山して撮ってから1年が経過している。どこで何を撮ったか記憶をたどりつつなので、実際と異なる場合もあるかもしれない。



記:2009-07-24