道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(4)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
チダケサシ:野・303p


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2011/07/09
撮影場所 山梨県三ッ峠四季楽園付近 
学名 SAXIFRAGACEAE Astilbe microphylla 
科目・属 ユキノシタ科チダケサシ属 
季節 夏 
生育地 山野のやや湿ったところに生える多年草 
分布 本、四、九 

関連情報
冨士の峰を背に

登山口から山荘・四季楽園まで歩く道すがらも、たくさんの草花を目にした。ギボウシやレンゲショウマがツボミをつけていたし、淡黄色のヤマオダマキや薄赤紫色のミヤマオダマキも見かけた。四季楽園の目の前にもチダケサイだのヤグルマソウだのが、すぐ目に入った。

7月9日・初日、クライミングの基礎講習からもどって周辺を見て回った。河口の町が見渡せ、富士山がくっきり見える高台の山斜面。ちょうど花期のチダケサシがたくさん、青い空を指して清清と咲いている。一緒に写りこんでいるギボウシはどれも開花一歩手前。シモツケも花期にはいま少しだった。

四季楽園に戻ってしばらくしたら、あれよと言う間に空模様が怪しくなった。ついさっきまで、高台からは冨士の優美な姿が眺められる上天気だったのに、パラッときたかと思う間もなくどしゃ降りになった。

「一足先に切り上げてきてよかった」
岩場にはまだ多くのクライマーが残っている。岩の途中で困り果てているやもしれない。先立った判断で難を免れることが我が「本郷チーム」には度々ある。前回の三ツ峠のクライミングの際も、早めに下山して昼食を済ませ、車に乗り込んだとたんにザーッときた。観天望気というか、本郷さんのリスク回避本能にはいつも舌を巻く



花期は6月〜8月



*和名の後の「野」以下は、「野に咲く花」山と渓谷社の303pを参照し同定したことを現す





記:2011-08-18