道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(2)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ママコナ:山116p


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2011/08/09
撮影場所 剣岳北方稜線、池ノ平への分岐展望台 
学名 Scrophulariaceae melampyrum roseum 
科目・属 ゴマノハグサ科ママコナ属 
季節 夏 
生育地 山地 
分布 北、本、四、九 

関連情報
まんまッ粒!!!

8月8日に室堂から剣山荘に入り、9日は剣岳山頂から北方稜線をたどった。剣も花のシーズンで様々に草花は咲き争い、撮る暇もゆとりもなくはあっても、目の端に入れるだけでも心楽しい。

小窓のコルから雪渓を降り、鉱山道を行くころには、ずいぶん標高も落ちてきているかして、滅法暑い。ふーふー言いながら歩いてきて、風が抜けて少し涼しい「展望台」で休憩。「しめしめ、花を撮れるぞ」とは思うが、なにせバテバテでカメ歩きな我が身を思うと、目立たぬように、そっとカメラを出して、遠慮しいしいやっと2、3枚を素早く撮る。

てっきり「ミヤマママコナ」かと思いきや「ママコナ」だった。標高2999mの山頂から既に低山域まで降りてきたことになる。

「ほら、坊や、ほべたにまんまッ粒がついちょるぞい!」
和名・命名の由来さながらにユーモラスで愛らしい花姿ではある。

花期は7月〜9月

*要参照ミヤマママコナ
http://www.asobist.com/plant/entry.php?eid=286

*和名の後の「山」以下は、「山に咲く花」山と渓谷社の116pを参照し同定したことを表す。



記:2011-08-18