道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
アララト山2012/07/21-3:○○アザミ-2


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2012/07/21
撮影場所 アララト山・トルコ 
学名 … 
科目・属 キク科アザミ属 
季節 夏 
生育地 … 
分布 … 

はい、ポンポン!

特大!大輪のアザミ!直径10センチほど。しかもアララト山に冠する雪のように純白!!乾燥した荒野にあって、一際、その艶やかさが目を引く。アララト山、登山口からしばらく歩くと「アザミ地帯!」に入る。多種多様なアザミ大小がそのトゲを競う。

だが、これはまた、なんという頑強なまでのトゲだ!とてもじゃないが触れたくもない。

「純白の姫様に触れさせてなるものか!」
と全身のトゲが言ったかどうだかも知らぬげに、ラマたちは素知らぬ顔で避けて通り、傍らで草をはむ。

はい!ポンポン!!
ラマに倣って姫の顔を撫でてみる。屈強な護衛に守られて、純白姫は夢見心地なんだろう。花の部分はとても柔らか。ほんのりゆかしい香りもする。

ってなことは、今だから言ってられるだけで、とりあえずカメラには収めたが、登山口からアララト山目指して、歩き始めてまだ先が長いこの地点で、緊張甚だしくはあっても、優雅に花を愛でようなどというゆとりはまず、なかった。

*日本の植物図鑑でごく類似種を見いだせることもあるが、DNAレベルまでとなると海外種はそれを以てして同定するのは困難なので表記のような形での紹介にした。




記:2012-12-11