道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(1)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
アララト山2012/07/25-3


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2012/07/25
撮影場所 アララト山・トルコ 
学名 … 
科目・属 マメ科???属 
季節 夏 
生育地 … 
分布 … 

合わせてなんピョコ?

「ひよこピョコピョコ〜」みたいな咲き姿で、めっちゃ可愛い〜!!!

アララト山C1付近にはこういったマメ科の草花が多く見られた。「あれさっき見かけたヤツかな?」と思うんだが、そっくりだけどよく見ると違うというような、酷似しているがどこか違う、しかもマメ科に混乱させられる。

例えば、大概は地べたから直ぐに顔を出して咲いている。本当はスラリと手足の長い美人なのに、何が恥ずかしくて身体を隠して、ようやく顔だけ覗かして外界を伺いおるのか?風情。ところが中には花はそっくりなのに花茎が今少し長いのとか、さらにもう少し長いのとか。環境適応で個体差が出たのか、同属異種なのか、まじまじ見てもよくわからない。だいち、そうそう長く見つめ続ける暇もない。

ようやく耐え難い腹痛と腹下しからは回復しつつある(登山初日の深夜から症状が出て、下山日まで続いた。後にキャンピロバクタ菌による食中毒と判明)とはいえ、症状で体力を相当に失ったのは間違いなく、ただでさえ遅い足がさらにスピードダウンは免れず、皆より早く歩き始めたわけで、草花撮りには出発前のわずかな時間が許されるのみ。歩き出せばもう、草花の前に立ち止まる余裕など毛頭ない。

いや、ほんと。他のマメ科も押しなべて撮れて、並べられたら、相当、面白いことになっていたろうに…


*日本の植物図鑑でごく類似種を見いだせることもあるが、DNAレベルまでとなると海外種はそれを以てして同定するのは困難なので表記のような形での紹介にした。



記:2012-12-24