道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(2)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
イカリソウ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2013/05/13
撮影場所 北杜市小淵沢町 
学名 Berberridaceae epimoedium grandiflorum 
科目・属 メギ科イカリソウ属 
季節 春 
生育地 野原や道ばた。主に太平洋側の山地 
分布 北(渡島半島)、本、四、九 

棲みたいところが棲むところ!

取材予定があったので、八ッ峰・剣岳山行の続きで前泊できるペンション「あるびおん」に入った。小淵沢の奥、別荘地やペンションや小洒落たカフェが雑木林と混在する「避暑地」が広がっていた。

ペンションのオーナーは野鳥撮りマニア。奥様は大の野草好きで、裏手には広々とした雑木林、その縁には野草がそここに点在している。夏は木立の葉影に守られ、春先は暖かな木漏れ日に包み抱かれる。そんな場所を好きに選んで居場所とする草花の「勝手」を大事にして見守る「庭守」の心が看てとれる。思わず、そっと足を踏み入れる、そんな気持ちにさせられる、まず都会では得難い贅沢な庭にちがいない。

姿かたちが如何にも春めいていて美しいこの花はすぐに遠くからも目を引きそれとわかる。ずいぶん長い間、家近くの里山を散歩しておらず、この花にお目にかかるのも、どのくらいぶりだか覚えもない。

裏庭をひとしきり眺めた後はペンションの周辺を散策した。自然林を残したと思われる雑木林下に目を凝らせば、何かしら見つけて大喜びする。どうもここいらの林はイカリソウの適合環境らしく、あっちの林、こっちの林でちらほらと見かけた。

低山だが森や林が深い、ピュアで豊かな土壌でこそ育つ種の草花が、ちょっと歩き回っただけで見つける環境は、それは素晴らしい。





記:2013-05-21