道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(4)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
チゴユリ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2013/05/13
撮影場所 北杜市小淵沢町 
学名 Lliaecae disporum smilacinum 
科目・属 ユリ科チゴユリ属  
季節 春 
生育地 山野の林内 
分布 本、四、九 

林の間をどこまでも…

翌日の「八ヶ岳倶楽部」の取材を睨んで、小淵沢の奥のペンション「あるびおん」に前泊した。剣・八つ峰山行から下山、扇沢からガイドさんに車で送ってもらった。

「あらあら、お疲れ様。ゆっくりお部屋でお休みください」
ペンションのママはそう言って迎えてくれたが、実は心底くたくたで、部屋に入ってゆっくりしたら、ほんとに眠りこけてしまいそうだったので、散歩に出かけることにした。

車の往来も少ない、めったに人の行き来もない林の間を抜ける道を行き、表通りからそれた細道の枯葉敷きの上を歩いた。

たいそうなチゴユリの群生を何度か見かけた。林縁下に白い小花が無数に咲き揃う様は可愛らしく、口々に何かささやき合っているようにも伺え、賑々しさが如何にも微笑ましい。

翌日、八ヶ岳倶楽部にお邪魔したのだが、その雑木林のチゴユリの群生はまだ、ほんのチラホラしか咲いている個体は見つからなかった。ほんの少しの標高の違いが生み出す環境差がなせる業なのだろう。

時折小鳥のさえずりに耳を傾けながら歩いていると、ともすれば静寂な林間の道をどこまでも行ってしまいそうになる。
険しく厳しい山行もいいが、こんな心地よいそぞろ歩きもたまにはいいかもしれない。


記:2013-06-05