道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
イブキトラノオ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2016/07/18
撮影場所 燕山荘・長野県安曇野市から大天井ヒュッテ・長野県大町市への登山道 
学名 POLYGONACEAE Polygonum bistorta ssp.japonicum 
科目・属 タデ科タデ属 
季節 夏 
生育地 低山帯から亜高山帯の草地に生える多年草 
分布 北海道、本州、四国、九州 

雨煙に巻かれたか?!

2016年7月17日、18日、通称表銀座と呼ばれている稜線を往復して歩いた。

往きは雨風でうんざりな山行だったが、復路はいいお天気だった。
往きに何度もイブキトラノオを目にしていたが、雨風の中では撮る気にもなれず、カメラ出すのも億劫だったから、翌朝は出かける時から撮ろうと手ぐすね引いて歩いた。

点から点へ移動するは当然として同じ点に帰着する、すなわちどことどこのピストンというのは、山を行く人なら誰しもあまり好まないところだが、往路と同じ復路を辿るのもアドバンテジはある。
ことさら、今回は往路は雨だったので晴天のもとに歩くのは様子が違って楽しいばかりでなく、「あそこにあれが生えていたはず」とお目当てがあっての歩きは一段と心踊る。

イブキトラノオがたくさん見られたところへ着いてみると、雨の中で捉えなかった光景が広がっていた。参道わきに生えているばかりでなく、開けた山斜面に清々と長い花枝を伸ばして、山に夏がやってきたのを謳歌していた。

しかし、登りと下りで、もちろんお天気具合で山道は違って見えるとは、それだけ角度など視覚に判断をゆだねてしまっているからだろう。
往きに雨煙でホワイトアウトして道を取り違えてしまった分岐を確認できないまま下山してしまった。
はて?…

花期7月から9月
前出は2008年8月
http://www.asobist.com/plant/entry.php?eid=354




記:2016-08-01