道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2018年(22)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ヒメイカリソウ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2018/04/02
撮影場所 横浜市青葉区 
学名 Berberridaceae Epimedium trifoliatobinatum…??? 
科目・属 メギ科イカリソウ属 
季節 春 
生育地 イカリソウとバイカイカリソウの雑種起源と考えられている??? 
分布 四国 

罪と罰?!

さあて、変なことになった。
撮影が青葉台なのに、分布は四国って!!!
山渓ハンディー図鑑2「山に咲く花」を照らすと、葉の形状からして、恐らく間違いなく「ヒメイカリソウ」だろう。
まあ、仕方ないか、白状せざるを得ないわな。
つまり…
里山周辺の一角にこの辺りの「草花主」的な方が住まっておられて、どこからか入手した山野草を庭先で売ってらっしゃるんだが、そこそこな値段もするし、好きな人でないと手が出ない。それに花の時期過ぎると人の目にも止まらなくなり、放置すればフニャフニャの小さなポットでは早晩、枯れそうになる。そこで「主」は庭木の下に移植した。それが根付いて増殖し始めた、というわけだ。
すなわち野種には違いないが、人の手によって移植されたものということになる。
ただ…
ヒメイカリソウは大よそが純白なのに比し、個体は若干薄赤紫色を帯びている。もしかしたら、隣のイカルソウと交配したかもしれない。

と言っては見たが、イカリソウは実は多相で紅紫色から白色まで出る。いや、葉は確かにヒメだし…
ああ、悩ましい!
よそ様の庭先に生えてるのに手え出した罪じゃ〜

ってな事情で、掲載を止めようかとも思ったが、イカリソウの類は大概が下を向いて咲いていて、このように雄蕊がはっきり見えるのが撮れないから、「恥を忍んで?!」掲載した。



記:2018-04-26