道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
エイザンスミレ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2005/04/29
撮影場所 奥多摩 
学名 Violaceae eizanensis 
科目・属 スミレ科スミレ属 
季節 春 
生育地 山地の林内 
分布 本、四、九 

山登りの原動力…

こんな葉っぱのスミレ、見たことある?!

今まで図鑑で眺めては「一度でいいから見てみたい」と溜息をついていたその姿が目の前にあった。

湖畔からいきなりの、ほんとんど壁をよじ登るような急斜面が、ひとつ登りきるとまたひとつ眼前に立ちはだかる、というようなハードなコース。

壁を見上げてはゲンナリをくり返す、何枚目かの壁をクリアした、ほんのしばらくのだらだら山道脇の林下でこれを見つけたときには、すべての「ふーふー、はーはー」がふっ飛んだ。

先に進めば、またこのような草花に会えるかもしれないという期待が湧いてきて、次の壁が苦にならなくなった。

湖から吹き上げる風が恐ろしく強くて、花が激しく揺れる。待って風が収まるということはないと踏んで、風の返しの一瞬を狙って、メクラ滅法シャッターを切る。

どうね、ダメ元で撮ったにしちゃー、いい按配に写ってるじゃないこと?!

歩き進む山道の脇にしばしば見かけた。すこし紅色が強いのもあったが、ついにカメラを向ける余裕とチャンスを見つけられた時に撮れたのは幸運としか言いようがなかった。

ラッキー!

記:2006-10-23