道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(20)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ハマカキラン


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2019/06/14
撮影場所 庚申山・栃木県 
学名 ORCHIDACEAE Epipactis papillosa var.sayekiana 
科目・属 キジカクシ目ラン科カキラン属 
季節 夏 
生育地 太平洋側の黒松林に生える多年草 
分布 北海道、本州、四国、九州 

内緒ですが…

2019年6月13日、14日、庚申山で見出されたが故にその名がついたコウシンソウが見たくて庚申山・栃木県に登った。入山2日目、庚申山荘・避難小屋を出てお山めぐりコースを歩き始めてすぐのやや薄暗い林下で見つけたのがこれ。足元に注意していなければ目に留まらなかったかもしれない、目立たない花は完全に周りの下草に同化していた。

帰って図鑑で調べてみてハマカキランとわかった。コウシンソウは絶滅危惧種だが、なんとハマカキランもまた、コウシンソウに同じく絶滅危惧種指定だったのだ。庚申山には2種の絶滅危惧種が生息していたというわけだ。

目立たないがなかなかに愛らしい花姿。もしかしたら、草花好きにとっては、こういうのを発見した時が最も喜ばしい瞬間かもしれない。周りと同化して身を潜めていながら草花好きにだけ聞こえる声で呼んでくれたような気がするからだ。そしてそれが絶滅危惧種だと知れば、それかそれは至福だ。
とかなんとか言ったってまあ、まさか「私にだけ好き!と言って」なんて花恥ずかしい乙女でもあるまいしなんだが、恥ずかしげもなく言える。おそらく草花好きはおしなべて皆、間違いなく「私にだけ」意識を隠している。
いや、ほんと!


花期は6月から8月





記:2019-09-06