あきることなく買い物三昧

黄金伝説の湖でマス料理を堪能する。

ペルー・リマ

11月のある日、ペルーの古都ハウハという町の郊外にある「Laguna de Paca(パカ湖)」に遊びに行った。ハウハでの交通手段はモトタクシー(オート三輪)がメイン。町の広場には客待ちのモトタクシーがずらりと並んでおり、事前に値段交渉をして乗り込むシステムだ。私たちの乗ったモトタクシーは今にもエンジンが止まってしまいそうなボロ車で、途中の坂道では登りきれるのかと心配になったが、十数分後なんとか無事パカ湖に到着することができた。
091210_01_001.jpg
ハウハの町を縦横無尽に走るモトタクシー
091210_01_002.jpg
美しいパカ湖には、「恋人たちの島」
と呼ばれる浮島がある
091210_01_003.jpg
30cmはある大きなトゥルーチャは、
肉厚で美味!
この湖は、地元ケチュア語で「cori paca(コリ・パカ)」とも呼ばれている。コリ=黄金、パカ=隠されたという名の通り、ここにはインカ帝国の黄金が沈められているという伝説があるそうだ。この日はあいにくの曇り空だったが、雲の合間からときおり差し込む日差しがきらきらと湖面を輝かせていた。たとえ黄金伝説がなくとも「もしやこの湖の底には金銀財宝が……」と思ってしまうのは、何も不思議なことではない。

パカ湖の周囲にはレストランがたくさんあり、美味しいトゥルーチャ(マス)が食べられると評判だ。我々も早速トゥルーチャのフライとシンプルなソテー、クイ(テンジクネズミ)料理、スープを注文。お皿からはみ出したトゥルーチャのソテーは川魚特有の臭みもなく、さっぱりしてとても美味しい。 091210_01_004.jpg
手前はトゥルーチャのフライ、
奥はクイ。口を開けた姿が生々しい......
半身に切って揚げたクイにゆで卵を乗せるというなんとも斬新な盛り付けには、ちょっと笑ってしまった。秋の(いや、ペルーは春なのだが)行楽の楽しみである自然いっぱいの美しい風景と美味しい食事を堪能しながら、湖畔でのひとときをのんびり過ごしたのだった。

そうそう、トゥルーチャ料理で有名なパカ湖だが、もうひとつ名物料理があるそうだ。それはカエル!  091210_01_005.jpg
レストランのあちこちに飾られていた
カエル型の植木鉢
このあたりではカエルをスープにして食べるらしい。 中華のカエル料理は知っているが、ペルーのカエル料理は一体どんな味なのだろう? レストランのメニューには載っていなかったが、今は旬ではないのだろうか? それとも祭りなど特別な時にだけ食べるのだろうか?

と、そんなことを考えながら目の前にあったカエル型の植木鉢に目をやると、赤い舌をぺろりと出したそのカエルが、なんだか笑ったように見えた。











特集 あきることなく買い物三昧   記:  2009 / 12 / 10

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】悪人伝

連続殺人鬼を追い詰めるのは、ヤク…

旅塾

▲このページのトップへ