冬にそなた、なに買った?

元旦の恒例行事!寒中水泳大会

カナダ・バンクーバー市

100107_01.jpg
ウェットスーツの中に
お酒を隠し持っていた参加者
バンクーバーでのお正月の一大イベントとして行なわれる寒中水泳「ポーラベア(ホッキョクグマ)スイム」。今年はあいにくの雨だというのに、イングリッシュベイには開始の2時間前からたくさんの人が集まってきた。

今年は約1700人が寒中水泳に参加。「こんな雨で参加する人の気がしれないけど年始のお祭りだから」と度胸のある参加者やユニークな仮装を一目見ようと駆けつけた見物客でビーチはごった返す。
100107_02.jpg
家族の恒例行事として取り入れ14年目という
海賊の格好をした家族
世界約52カ国の人が参加しているということで、故郷の旗を掲げる人や、猿やアニメキャラクター、海賊などのコスチューム、ウェディングドレスやパジャマを身にまとった参加者もいて、まるで今日は新年のハロウィンパーティー。
参加するともらえるという缶バッチを白衣にたくさんつけた男性は、参加歴25年というベテラン。
「雨だと水温があがるから去年よりあたたかい。寒中水泳しなきゃ僕の1年が始まらない」のだそうだ。毎年参加しているという妊婦さんは「医者に聞いたらお腹まで水に入ってはいけないといわれたから足だけつかりにきた!」のだとか。どうしても外せないイベントだという気合が伝わってきます......。

100107_03.jpg
震えながら引き返す参加者
2010年をすがすがしい気持ちで迎えたいという人や、バカバカしいことをしたかったという人、趣味になっている人、家族の行事として参加する人など寒中水泳をする理由はそれぞれあるが、見ている人も海に飛び込む人たちもお正月から楽しく笑って参加できるイベントだからこそ、90年も続く恒例行事になっているのだろう。

雨で濡れた体から湯気が立ち上り「ハッピーニューイヤー!!」と盛り上がりつつ、いざスタートしてみると足まで入ってすぐに引き返す参加者もたくさん(笑)。もちろん、寒さをものともせず100メートルレースに参加してそのまま泳いでいく人も。

100107_04.jpg
マッシュルームがたっぷり入った
スープで体を温める
こんなとき凍えた体を温めるために食べる物といえば......スープだろうと予想して質問してみたが、ほとんどの人が食べ物よりも"酒"だと回答。震える体で持参していたラムやテキーラなどの酒を一気に飲む人も。お酒が体を温めるいちばんのクスリなんですね!

海岸に約2時間いて凍えた私と友人は、「体を温めるにはスープだ!」と、友人特製のターキーが入ったマッシュルームスープをたらふく飲んで体を温めた。見ているだけでも晴れやかな気分で元旦を迎えることができたのだから、参加すると病み付きになる楽しさがあるのかもしれない。
とはいっても来年も参加しませんが......。











特集 冬にそなた、なに買った?   記:  2010 / 01 / 12

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!

旅塾

▲このページのトップへ