VIVA ASOBIST

vol.16:生田康英
カニつり名人の、ほんわか発明ストーリー

vol.16_prof.jpg

【プロフィール】
アルバイト・発明家

HP「カニつりおじさん奮戦記」
http://shibuya.cool.ne.jp/kanituri/

vol.16_01.jpg メカニカルに光るリール、レザー光線で彩られたデモンストレーション。大勢の釣りびとたちでにぎわうフィッシングショーの会場で、小さいけれどちょっと変わったブースが人目を引いていました。カニつり名人生田康英が紹介する、「カニトリーナ」コーナーです。

子連れのお客が通ると「ちょっと、見てくれませんか」と生田さんは声をかけます。

「釣り糸をたらして、カニがエサをはさんだら、リールをゆっくり巻いて、パクッ」。
模型のカニがつかまると、子どもたちからワアッと歓声。他のブースでは眉間にしわをよせながら釣りグッツを吟味していた、いかついおじさんたちもこの実演を見たら、眉がハの字になって、「アハハハ!こりゃいいやあ」。

vol.16_02.jpg カニつり名人・生田さんは、もともと都内の小さな町で洋品店を営んでいました。ところが、バブルの時代に大手スーパーの進出に呑み込まれお店をたたむことに。その後、妻とふたりの子どものために、いくつかの職業を点々と渡り歩きました。
四十代の働き盛りでしたが、やがて訪れる老後に漠然とした不安もあったそうです。

そんなある日、テレビのワイドショーで、主婦の発明家が紹介されているのを見て、思い立ちました。「そうだ、自分も発明家になろう!」。もともと、ものごとをじっくり考え分析するのが好きな生田さん。「発明家なら歳をとっても仕事が続けられるぞ」と。

さっそく、仕事のあいまに発明家を目指す人のためのセミナーに参加し、特許取得などのノウハウを学びました。同時にさまざまな発明品をつくって、特許申請も試みたのですが、ことごとく不発……。まあ、そんなにトントン拍子に物事って運びませんよね。

月日は流れ、生田さんは50代半ばになりました。仕事は深夜便のトラック運転手。
休日、近所の海浜公園を散歩していたら、親子連れがカニとりをしていました。でも、お母さんも子どもも、なかなかカニをつかまえることができません。そこで、パッとひらめきました。「小さな子どもでも簡単にカニがとれる器械を作ろう!」

vol.16_03.jpg 試作品をいくつもいくつも作っては、海浜公園でカニとたわむれること数年。だんだんと、満足のいく形となり、多い日には1000匹もカニがつれるようにもなり、自他ともに認める「カニつり名人」に。そんなある日、生田さんのカニつり機「カニトリーナ」が、ある釣り具メーカーの社長の目にとまり……。
これがフィッシングショーの「カニトリーナ」お披露目までのお話しです。
発明家を目指して十数年、はじめての製品化でした。

「一発当ててやろうという野心満々のときは、うまくいきませんでした。でも、フッと肩の力が抜けたら、いいものができるようになったんです」
生田さんは現在59歳。平日の9時から5時まで木工所でアルバイトをしています。奥さんは数年前に他界され、成人した息子さんと娘さんの三人暮らし。
「夜、一杯やりながら、あれをこうしたらどうかなってアイディアを練るんですよ」
土日の休みは、図面を引いたり、組み立てたりして、アイディアを形にしていきます。
次に開発中のものは?と聞いてみたら、
「ありますけどね。ふふふ、秘密ですよ」
生田さんはいたずらっ子のように笑いました。











読み物 VIVA ASOBIST   記:  2006 / 05 / 01

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
この世界の(さらにいくつもの)片隅に

現行版の『この世界の片隅に』は、製作…

旅塾

▲このページのトップへ