うららの愛Camera

旅専用カメラ&レンズ NIKON D80 &
AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED を3台と3本!
「たいやきの旅」フォトグラファー・須藤美香

2013 / 06 / 27

sudo01.jpg今回は、“たいやき”とともに旅を始めてから、すでに世界47カ国で“たいやき”を撮影されたフリーランスフォトグラファーの須藤美香さんに、カメラの話から「たいやきの旅」の話まで、様々な話を聞いた。

うらら:カメラとの出会いを教えてください!!
須藤:写真を撮ることが好きで、最初はコンパクトカメラで撮影していましたが物足りなくなり、一眼レフがほしいなって……。お年玉と残り半分をおばあちゃんに出してもらって、中学生のときに初めて買ったカメラがOLYMPUS OM-2 SP(スポット/プログラム)でした。レンズは一本しか買えなかったので、なんでも撮れるように35mm-135mmのレンズを買いました。ちょっと機種名までは憶えてないんですけど。水戸から東京まで、わざわざ買いに来たんですよ。そのころは見近にある花や風景を撮りに行ってました。中学時代は写真部に在籍。一眼レフを持っていると女子から「○○部の○○君を撮ってほしい!」と、撮影の依頼が入るんですよ(笑)。もう、そのころから商売をしていました。
うらら:もうプロのカメラマンだったんですね! おいくらほどで?
須藤:1枚、何百円とかだったと思いますよ。
うらら:すごいですね! それと、自分の好きな男子も気づかれずに撮影できちゃいますね!
須藤:そうそう!(笑)

sudo03.jpgうらら:その後は?
須藤:中学卒業後は水戸からひとりで東京に出て来ました。
うらら:ひとりでですか?
須藤:4年制の通信制の学校で寮がありました。4年間のはずが1年で辞めて、定時制高校に転校しちゃいました(笑)。そのころから旅人だったので、学校が休みのときは必ずリゾート地へアルバイトに。北海道や八ヶ岳によく行きましたね。目的地までの道のりで旅をしながら写真を撮っていました。ラベンダーの写真が撮りたいって思うと北海道に。
うらら:すご〜い!! 働きながら旅をしていたんですね。そのころってどうやってアルバイトを探したんですか?
須藤:求人誌で探して、バブルのころだったのでリゾート地のアルバイトはたくさんありましたね。若いころからずっと旅の写真を撮ってます。

sudo04.jpg
今回は浅草で「たいやきの旅」を実演していただきました
うらら:日本はほとんど行かれたんですか?
須藤:九州には行ったことがないんです。写真の仕事が入って来るようになって、それから国内旅行には行ってないんですよ。カメラマン助手のアルバイトを求人誌で見つけて、何回か助手をしているうちに直接仕事をいただけるようになり、そのままカメラマンに。そのときは学校行事の写真や七五三の写真を撮ってました。だから、最初からフリーランスフォトグラファーなんです。二十歳くらいなのに「もう5年くらいやってます!」っていう感じで現場に行かないといけなかった(笑)。
うらら:「キャリアどのくらいですか?」って聞かれたりしますからね!
須藤:どう見ても子供なんですけどね(笑)。
うらら:そのころのカメラは?
須藤:NIKON F4だったかな?

sudo05_A.jpg
魅力的なおじさまに遭遇。撮影させていただくことに……

うらら:しばらくは仕事中心で旅には行かれてなかったんですね。海外へはいつごろから?
須藤:22歳の時にヨーロッパ(7カ国)に1カ月ほど行きました。その時はまだ“たいやき”は登場していません。最初に“たいやき”を撮影したきっかけは、24歳の時のロケ現場でした。待ち時間が長いことがわかっていたので、おやつをいっぱい持って行き、空き時間に食べようと“たいやき”を取りだしたら落としてしまった。場所が砂浜だったので“たいやき”に砂がいっぱい。空き時間を持て余し、すごく寂しかったこともあり、もう食べれなくなった“たいやき”と会話を始めました(笑)。いろいろなところに置いたりしているうちに自然と撮影をしていました。
うらら:“たいやき”と会話をされたんですね〜。
須藤:海外にひとりで行くようになって、“たいやき”がいると自分の代わりに旅に行った証拠になるような気がして、それも撮影を始めた理由ですね。

sudo05_B.jpg
『浅草』
NIKON D80 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED f6.3 1/125 ISO500

うらら:“たいやき”が大好きなんですね! 最初に個展をされたのは?
須藤:原宿のデザインフェスタギャラリーが最初でしたね。イタリアの写真を中心に13カ国の作品を展示しました。
うらら:その時、すでに13カ国も行かれていたんですね。反響はいかがでしたか?
須藤:みなさんに面白がっていただいたので、これは良いのかなって手応えを感じました。

sudo02.jpgうらら:それでは、須藤さんのお気に入りのカメラとレンズを教えてください!
須藤:お気に入りというわけではないんですけど(笑)、今回紹介するカメラは、NIKON D80です。お手ごろ価格で海外に持っていきやすいからですね。同じ理由で、レンズはAF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G EDです。旅の風景写真と人物写真を撮りますので、広角から標準までをカバー出来るレンズ。海外でいろいろと事故に遭うので、旅から帰って来て仕事で使えないと困ってしまうという理由から、旅専用のカメラとレンズとして使っています。よく壊れるんですよ、だから3台と3本。そのうち旅には予備と合わせて2組を持っていきます。

sudo06.jpg
コインを使って“たいやき”を固定します
うらら:同じカメラとレンズを3台と3本もですかぁ〜?
須藤:同じカメラが都合がいいですよ。バッテリーも一緒だし、壊れたときに他の部分をサッと変えられるから。レンズも同じものだと同じイメージで撮影できる。
うらら:そんなに壊れるものですか?
須藤:砂漠に持っていくと、一瞬で壊れますよ。大事に使ってますけど……。ホコリがすごい国に出かけることが多いので、痛みやすいですね。サハラ砂漠ではレンズもダメにしました。ちゃんと砂が入らないように保護していたんですけど……。

sudo07.jpgうらら:旅先は砂地が多いんですか?
須藤:地球上には砂地が多いですね(笑)。砂漠も多いな〜って。
うらら:そのサバイバル感って、すごいですね。
須藤:そうでもないんですよ。そういった国々に行ってると「なんでも食べられるし、どこにでも泊まれるだろ」って言われますけど、汚かったり、虫がダメだったり、美味しくないと食べないし……。
うらら:私も美味しくないと食べられないですね。また、お店も早く閉まったりして食べられなかったり買えなかったりもするので、海外では必ずチョコレートを持っています。
須藤:私もそうです!! けっこう食べられない国ってあるんですよね。以前、事前にリサーチして、大量の羊羹を持っていきましたが全部食べきったことがありました。

sudo08.jpg
人力車のイケメンくんにも“たいやき”を持っていただきました。(撮影協力:えびす屋雷門)
うらら:やっぱり、和菓子なんですね〜。
須藤:そうなんですよ〜、日本ではあまり食べないですけど。
でも、人よりも嫌いなものがたくさんあって、旅することが大変なんですよ。なのに旅をする……(笑)。
うらら:そこまでして旅に惹かれる理由は?
須藤:現実がイヤだから(笑)。
うらら:そんなに〜(笑)。今までに何カ国に行かれましたか?
須藤:“たいやき”を持っては、47カ国になりましたね。

sudo09.jpgsudo10.jpg
『浅草』
NIKON D80 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED f7.1 1/125 ISO500

うらら:その中でベスト1を教えてください。
須藤:いちばん良かったのは中米のコスタリカですね。自然保護区が多いところです。細い国なので、海が近く山も保護区なので、猿がたくさんいるんですよ。
うらら:猿に“たいやき”を持たせて……。
須藤:猿は食べちゃうんですよ(笑)。だから写真は撮れなかった。コスタリカは、自然が豊かで中米の中では安全なところですね。もともと猿が大好きでよく猿の写真は撮ってます。コスタリカのほかに、マダガスカル、ボルネオなどは猿の写真を撮りに行っていました。
うらら:これからは?
須藤:そうですね、100カ国めざして、これからも旅を続けて行きます。

sudo11.jpg
『Nepal』
NIKON D80 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED f11.0 1/125 ISO500
sudo12.jpg
『Australia』
NIKON D80 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED f13.0 1/125 ISO400
sudo13.jpg
『Slovak』
NIKON D80 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED f7.1 1/125 ISO500
『たいやきの旅 写真展』開催
2013年9月19日(木)〜23日(祝・月) 11時〜18時
千住歴史プチテラス(足立区千住河原町21−11)

プロフィール
須藤美香(Mika Sudo)

1970年茨城県水戸市出身
1990年よりフリーランスフォトグラファーとして始動。
商業写真家として仕事をする傍ら1993年からたいやきと旅を始める。
2013年現在、世界56カ国を巡り、内47カ国でたいやきを撮影。

2000年12月「Funky Monkey」猿の写真展 原宿デザインフェスタギャラリー
2002年2月「たいやきの旅」写真展 原宿デザインフェスタギャラリー
2006年1月「le voyage de Taiyaki」写真展 原宿デザインフェスタギャラリー
2006年5月「たいやきの旅」写真展 原宿Travel Cafe Bliss
2007年10月「たいやき世界遺産」写真展 原宿Travel Cafe Bliss
2008年11月「たいやき南米の旅」写真展 原宿Travel Cafe Bliss
2010年9月「たいやきの旅」写真展 千住歴史プチテラス
2011年10月?12月「五感でアートするPart II」長野県信濃美術館
2012年2月 NAAアートギャラリー(成田空港第1ターミナル内)

取材、出演など
2008年11月30日 東京新聞
2010年9月14日 読売新聞
2010年9月17日 朝日新聞
2010年9月21日 日テレ「スッキリ」で紹介
2010年9月27日 TBS「はなまるマーケット」で紹介
2010年10月20日 NHK「こんにちは いっと6けん」出演
2010年12月1日 日本経済新聞 掲載
2011年 ENGLISH JOURNAL 4月号から3月号まで連載

■撮影協力:えびす屋雷門
http://www.ebisuya.com/

sudo15.jpg











エンタメ うららの愛Camera   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
T2 トレインスポッティング

90年代、ポップカルチャーの代名詞とな…

旅塾

▲このページのトップへ