特集

【素晴らしき世界と日本の川と河】レトロな世界へ!日本橋川

記:  東京・中央区 2017 / 10 / 24

東京の日本橋と言えば、証券会社、銀行、有名デパートがある有名な場所ですが、その橋の下を流れる川の名前を知る人は少ないでしょう。その名も「日本橋川」な〜んだ!というのは私だけでなく、みんなの一致した反…

【素晴らしき世界と日本の川と河】驚きのパワースポット、等々力渓谷

記:  東京・世田谷区 2017 / 10 / 10

武蔵野台地を流れる谷沢川(やざわがわ)の侵食によってできたのが等々力渓谷と言われています。この渓谷は、地上との標高差が10メートルで、「東京都内唯一の自然渓谷」で東京の指定名所に選ばれています。 …

【素晴らしき世界と日本の川と河】旧友と一緒にチャオプラヤー川へ  

記:  タイ・バンコク 2017 / 09 / 26

古い友人というのはいつ会っても嬉しいものです。ちょうどインドの新年に当たる10月、1週間の休みを利用してバンコクへ行ってきました。バンコクにはワンちゃんを介しての友達が数名住んでいるので、再会を心待…

【素晴らしき世界と日本の川と河】日本有数の観光地を象徴する『河』 

記:  北海道・小樽 2017 / 09 / 12

小樽駅から直進したどり着く「中央橋」に刻まれた『小樽運河』。市の木であるシラカンバをモチーフにしたおしゃれなデザインのフェンスにも注目! 国内旅行で人気の観光スポットであり、日本の魅力的な都市ラン…

【素晴らしき世界と日本の川と河】
北海道銘菓「マルセイバターサンド」が生まれる地に流れる川 

記:  北海道・十勝 2017 / 08 / 29

「六花の森」を流れる「三番川」。川のせせらぎが心地よい小川ですが、札内川、十勝川という大河とつながっている雄大な十勝平野を流れる水系の一部を担っています。 北海道のお土産として喜ばれ、全国津々浦々…

【素晴らしき世界と日本の川と河】ドナウ川に浮かぶ船の学校

記:  オーストリア 2017 / 08 / 22

ウィーン市内の公立ギムナジウム(日本で言うところの小学校5年生から高校3年生まで)の中でとてもユニークな学校があります。なんと2艘の立派な船に、36クラスもの教室が入っている船そのものが学校なのです…

【素晴らしき世界と日本の川と河】
地元民が親しみをこめて呼ぶ「ブラック・ウォーター」が流れる川

記:  イギリス・スコットランド 2017 / 08 / 08

スコットランドの最も流れの速い川のひとつ「フィンドホーン川」は、ネッシーで一躍有名になったネス湖からもほど近い北スコットランドの大地を流れています。ピートという泥炭質の地層から流れ出る川の水は近くで…

【素晴らしき世界と日本の川と河】おとぎの国のヴァッハウ渓谷

記:  オーストリア 2017 / 07 / 25

ドナウ川といえば、ヨーロッパで2番目に大きな川です。1番目はボルガ川で3690キロメートルあります。ドナウ川の方は、2850キロメートルです。ヨハン・ショトラウス作曲の「美しき青きドナウ」という曲は…

【素晴らしき世界と日本の川と河】
道に迷う方が難しい都市の東西分岐は「川」! 

記:  北海道札幌市 2017 / 07 / 18

東西という区画の基点の役割を果たしながら、札幌の中心地を北上する「創成川」。 札幌中心部の住所は「条丁目」形式。碁盤の目状の道路は、京都にならった道路計画によるものだそうです。南北を分けるのは、札…

【素晴らしき世界と日本の川と河】最後のインド旅、母なるガンジス川

記:  インド 2017 / 07 / 11

ヒンドゥー教徒の憧れはヴァラナシにあるガンジス川で荼毘されることです。「偉大な母」と呼ばれるガンジス川。流域には4億人ものの人間が暮らしており、川の水には大腸菌がうようよといます。そんなことも気にし…

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

なぜ人類ではなく、猿がこの惑…

旅塾

▲このページのトップへ