シネマピア

ユア・マイ・サンシャイン

20070713152225pic1.jpg 韓国といえば純愛、純愛といえば韓国である。その韓国から、新たなるラブストーリーのお目見えだ。暗い過去を背負ったうえ、HIVに感染してしまった女性と、その彼女を妻として迎え、最後の最後まで愛しぬいた男の物語。実話をもとに作られたこの映画は口コミで広がり、300万人を動員した。

不幸な過去によって男性不信に陥ってしまった彼女を、純朴な男のストレートすぎる愛情が、やさしくやさしく解きほぐしていく。決して格好よくはなく、どちらかといえばダサい彼と、あらゆる男性の恋や欲情の的になってしまう美貌とオーラの持ち主である彼女。彼女がどんな境遇に陥ろうと、周囲の人間の誰一人として彼女の生き方に賛同しなかろうと、家族から強烈に交際の反対を受けようと、彼女への愛を諦めない彼。憎まれ口ばかり叩き、彼への愛を素直に表すことのできない…いや、もしかしたら彼への愛を自覚すらしていない彼女。あまりに彼女が汚れ役すぎて、ときに憎らしく見えることすらあるほどだ。

また、これも韓国の国民性なのだろうが、ありえないくらいに男性が泣く。男泣きというより、子供が母親を求めるが如くに大声をあげ、あたりかまわず泣きわめき、取り乱すのだ。鬼気迫るその迫力に、観ているこちら側も否応なしに涙が出てきてしまう。感情を隠すなどしないその国民性も、純愛というエッセンスに一役買っているのだろう。

私の頭の中の消しゴム』(考えれば考えるほど凄いタイトルだが)を抜くほどの興行記録を残したこの実話物語。日本でどれだけの支持が得られるか、期待が高まるところである。

ユア・マイ・サンシャイン(DVD)
監督:パク・チンピョ
脚本:パク・チンピョ
出演:チョン・ドヨン/ファン・ジョンミン/ナ・ムニ
ジャンル:韓流















エンタメ シネマピア   記:  2006 / 10 / 31

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ストレイ・ドッグ

あのニコール・キッドマンが、美貌を…

旅塾

▲このページのトップへ