シネマピア

椿山課長の七日間

勤務先で突然死した椿山課長。やり残した仕事や愛する家族、未払いの住宅ローン等々への未練から、すんなりと死を受け入れることができない。天国と地獄の中間地点にある役所で、三日間だけ現世に戻ること請願した椿山は、現世では美しい女性として甦ってしまった…。

“死”は誰にでも訪れる。死後の世界への想像は、古今東西変わることなくなされてきた。臨死体験のリポートや前世の記憶をまことしやかに語る者の出現、地域が変わっても同じように言い伝えられる天国や地獄の様相………そういったものを通して、私たちはおぼろげながら“死後の世界”、すなわち“死後にも意識が継続し、魂が生きる世界”があるのではないかと淡い期待を描くのである。

本作はその期待どおり、死後にも我々の個性が持続することが描かれる。原作は稀代のエンターテインメント作家・浅田次郎によるもので、ユーモラスにポジティブに描かれた“死”というテーマに、「死ぬのが怖くなくなった」と読者からの感想が殺到したという。浅田自身も「『死』は単なる絶望であってはならない」と考え、「『死』とはあくまで『生』の反語であって、最終的に救いがあらねばならない」と思いながら執筆したという。また、「死ぬのは決して怖くない。現世で一生懸命生きてさえいれば、死ぬことは恐ろしいものじゃない」と伝えたいともいう。

死後の世界とは、仰々しく煌びやかに装飾された宗教チックなたたずまいではなく、案外こんなふうに普段目にしている日常風景と何ら変わりのないものなのかもしれない。

椿山課長の七日間 デラックス版(DVD)
原作:浅田次郎
監督:河野圭太
出演:西田敏行/伊東美咲/成宮寛貴
ジャンル:邦画















エンタメ シネマピア   記:  2006 / 11 / 18

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ストレイ・ドッグ

あのニコール・キッドマンが、美貌を…

旅塾

▲このページのトップへ