シネマピア

死刑台のエレベーター【往年の名女優 ジャンヌ・モロー】

20070606144427pic1.jpg「もう耐えられない。愛している。愛している。だからやるのよ」
受話器を耳にした女の顔のクローズ・アップに、マイルス・デイヴィスのトランペットが流れ始める。女はジャンヌ・モロー。彼女は自分の旦那を殺すよう、情夫にけしかけている……。『死刑台のエレベーター』はこうして始まる。
ジャンヌ・モローは笑わない。いつも口をへの字にしている。けれども、本当にそうなのかと聞かれれば、根が素直なオレは、すんません、実はそんなことはありましぇん、と謝ってしまう。でも、ついつい、そんなことを口にしてしまうのは、オレが悪いんじゃない。この映画が悪いのだ。あの冒頭シーンが悪いのだ。そりゃ、そうだろう。あの冒頭シーンの強烈なインパクトに圧倒されてしまえば……。

だが、オレはここで強気で断言したい。少なくともこの映画のジャンヌ・モローは笑っておらん。黒のスーツにバッチリと身を固め、ボディラインはまったくうかがえないし、色気も何もありゃしない。この女に惚れる男の気持ちもわからんし、第一、こんなにスキのない女、怖くて男は絶対に近づかん。いや、近づかないだろう……というか、少なくともオレは近づかん。

けれども、あの大きな瞳の魅力には抗しがたい。あの少しばかり視線が宙を舞っているような無表情な瞳……あの瞳のなかに、オレは彼女の「女」が凝縮されているを見てしまう。眼球にエロスあり、とでも言いましょうか。

と、ここまで書いてきて、根が素直なオレは白状しなければならない。実は、この映画でもジャンヌ・モローは笑っているんです。ごめんなさい。

ラスト・シーンで写真が現像される。その写真はジャンヌ・モローと情夫との関係を示す証拠、ひいては殺人の動機の証拠となり、結局、2人は破滅するわけだが、写真のなかのジャンヌ・モローは笑っているのだ。しかも、すごく幸せそうで、かわいらしい。そこで恐らく世の男たちはいっせいに「あ??いい女だなあ」となるのだろうが、それもつかの間、その写真は現像液のなかに深く沈んでいってしまい、そこにFINの文字がかぶさってしまう……。
やはり断言しよう。ジャンヌ・モローは笑顔を奪われた女なのだと。

死刑台のエレベーター(DVD)
原作:ノエル・カレフ
監督:ルイ・マル
脚本:ルイ・マル/ロジェ・ニミエ
出演:ジャンヌ・モロー /モーリス・ロネ /ジョルジュ・プージュリー
ジャンル:洋画 クラッシック















エンタメ シネマピア   記:  2007 / 06 / 06

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】グリーン・ナイト

アーサー王の甥・ガウェインは、宮殿…

旅塾

▲このページのトップへ