シネマピア

マイレージ、マイライフ

ごぞんじ、飛行機に乗れば貯まるマイル。本作は、マイルを貯めることだけが目標の主人公が人と触れ合うことの価値に気づく、王道のヒューマン・ドラマだ。

年間322日間も出張し、企業のリストラ対象者に解雇を通告するリストラ宣告人(ジョージ・クルーニー)。マイルを貯めることだけが目標の彼は、自分と価値観の似たキャリアウーマンと出会い、次第に心を通わせていく。一方、入社したての新人女子社員が「経費の削減」との触れ込みで出張廃止論を提言。自分の目標を奪われる! と危機感をおぼえた主人公は、この新案阻止のためにさまざまな策を講じ始めるが……。

買い物ごとやクレジットカードの使用で貯まるポイントやマイルは、今や日常についてくるオマケ、お小遣いとして、我々の生活のちょっとした楽しみになっている。また、飛行機に乗らずにマイルを貯める陸マイラーなる人種も存在し、マイル取得の裏技がネット上で紹介されるなど、のめりこんでしまう人たちにとっては一種の趣味のように確立されてしまっているものだ。そんなちょっとした潤いが主従のバランスを崩して“主”となってしまったことによる悲喜劇を、主演のジョージ・クルーニーが絶妙に演じている。
誰もが大なり小なり、意識的であれ無意識であれ、なんらかのステイタスを求めながら人生という大海を泳いでいる。もちろん、ステイタスを得ようと努力すること自体は悪いことでもなんでもなく、自己を向上させる立派な姿勢だ。だが、そのために大切な人との触れ合いまでをも無くし、効率だけを重視する生き方に陥ってしまったら? 本作は、便利なこの世の中を生きるすべての現代人に贈る警笛でもあるのだ。

途中、「いくらなんでもそれはやらないだろ」という行為を主人公がやらかしてしまったり、クライマックスのハプニングも切迫した感じがさほどなかったり、リアル感が感じられない箇所もなくはなかったが、そこはさすがジョージ・クルーニー。主人公の複雑な心中を見事に演じている。また、実は主人公がリストラ対象者に対して情に深かったり、システムに強くて敏腕そうな新人女子社員の私生活が、公の顔とはうってかわってグタグダだったりと、通り一遍等ではないキャラクター設定が絶妙な味を醸し出している。

本年度のゴールデン・グローブ賞では最優秀脚本賞を受賞した本作。世界各地の空からのシーンも見事ゆえ、ぜひ劇場でご堪能あれ。

マイレージ、マイライフ(Blu-ray)
マイレージ、マイライフ(文庫)
原作:ウォルター・カーン『マイレージ、マイライフ』
監督:ジェイソン・ライトマン
脚本:ジェイソン・ライトマン(ほか製作も)
出演:ジョージ・クルーニー /ヴェラ・ファーミガ /アナ・ケンドリック
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
ジャンル:洋画
公式サイト:http://www.mile-life.jp/

© 2009 DW STUDIOS L.L.C and COLD SPRING PICTURES. All Rights Reserved.















エンタメ シネマピア   記:  2010 / 03 / 19

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】グリーン・ナイト

アーサー王の甥・ガウェインは、宮殿…

旅塾

▲このページのトップへ