シネマピア

マチェーテ

傑作B級映画『グラインドハウス』。こちらの映画の中に仕込まれていた“偽予告編”『マチェーテ』がファンの熱い声援により、クエンティン・タランティーノ製作、ロバート・ロドリゲス監督・脚本で奇跡的に映画化された。
なんたってキャストが凄い! ロバート・デ・ニーロ、スティーブン・セガール、ドン・ジョンソン、ジェシカ・アルバ、ミシェル・ロドリゲス、リンジー・ローハンらそうそうたる顔ぶれが、超ド級、コミックを超えたラテンバイオレンス映画に登場。超豪華本格的B級映画(そんなのってB級?)と言ってイイでしょう。

メキシコの麻薬王トーレス(セガール)の罠にはめられ失職した一匹狼の元メキシコ連邦捜査官、マチェーテ(ダニー・トレホ)。ある日、謎の男・ブース(ジェフ・フェイヒー)に、不法移民嫌いの米上院議員マクラフリン(デ・ニーロ)の暗殺を依頼されるが、それもまた新たな罠だった……。ブースの手下に追われ、怪我を負って逃げていたマチェーテだったが、タコス屋の女主人ルース(ロドリゲス)に助けられる。彼女は不法移民者支援組織のリーダー格。そして、かねてから彼女を監視してる移民関税執行局職員サルタナ(アルバ)、麻薬王の娘エイプリル(ローハン)……。様々な思惑の中、悪の陰謀を暴くべく、マチェーテは仲間とともに立ち上がる事を決意する。銃弾、流血の嵐を巻き起こしながら、壮大なる復讐がいま始まる……。

製作の発端となった映画『グラインドハウス』の様なドロドロハチャメチャ感は少ないが、『デスペラード』が美女と美男なら、『マチェーテ』は、まさに美女と野獣。
B級映画の真骨頂、くだらなさ120%の超痛快映画だが、メキシコを舞台に不法移民問題というテーマを柱に作られており、一本筋の通った、くだらなさの中に皮肉がいっぱいつまった映画になっている。
前半、中盤、ラストのアクションシーンは、おバカ度全開! お楽しみがなくなってしまうので解説しませんが、残虐アクションなのに思わず笑ってしまう。
主役のダニー・トレホは、元服役囚で薬中、アル中の経験者。その彼の人生が、まさにこの映画の主役にピッタリの存在なのだ。なんといっても、とにかく顔が凄い。それだけで、この映画を観るも良し! それがB級映画なのだ。
また、ロバート・デ・ニーロとスティーブン・セガールが極悪人というところも面白い。デ・ニーロにいたっては、大スターに「こんな演技させてイイのかぁー」っと叫びたくなってしまう。3人のヒロイン、アルバ、ロドリゲス、ローハンのお色気パワーも全開だ!

この映画はB級映画ファンによるB級映画ファンのための映画。A級(?)映画ファンにはお薦めしません。深く考えず、とにかく目の前のビジュアルだけを楽しめ!

マチェーテ 初回生産限定特典:ピクチャーブック付(Blu-ray)
監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:ロバート・ロドリゲス/アルヴァロ・ロドリゲス
出演:ダニー・トレホ /ロバート・デ・ニーロ /リンジー・ローハン/ジェシカ・アルバ/スティーブン・セガール
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
ジャンル:洋画
公式サイト:http://bd-dvd.sonypictures.jp/machete/















エンタメ シネマピア   記:  2010 / 10 / 20

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画情報】ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave

★夢から逃げ出したあの日ー。 ★今、止…

旅塾

▲このページのトップへ