シネマピア

ブローン・アパート

ユアン・マクレガー、そして『シャッター アイランド』のミシェル・ウィリアムズ、この二人の豪華スターによる共演。テロによって息子を奪われるという凄まじい現実を、母役のミシェルが懸命に演じる。

ロンドン、イーストエンド。警察の爆弾処理班の夫と4歳の息子を持つ、若い母(ミシェル・ウィリアムズ)。新聞記者(ユアン・マクレガー)と不適切な関係に陥った彼女は、その日も彼との情事を楽しんでいた。だが事態は急変する。夫と息子が出かけたスタジアムで爆破テロが起きてしまうのだ……。

本作の“母”には名前がない。すべての母に通じるよう、普遍的な意味を持たせるために名前がないのだという。一休は正月の客に何かめでたい書をくれと頼まれ、「親死 子死 孫死」と書いた。死とは何事か、と怒った客に一休は、逆の方がめでたいか? と返したという。このめでたくない「逆」が起きてしまったのが本作だ……しかも自分の情事の最中に。母のその悲しみは抑えても溢れ溢れ溢れ、とどまるところを知らずにスクリーンを満たし続ける。加えて軽いどんでん返しもあり、物語は不穏なまま終盤へ。そのラストだが、正直、若干安易な印象は否めなかった。だが、あれ以外に何が彼女を救えようか。あの状況に陥った彼女にとって、救いはそれしかないのだ。

ミシェル・ウィリアムズとスカーレット・ヨハンソンが激似で、一瞬、マイケル・ベイ監督の『アイランド』のユアン&スカーレットのタグが復活か? と思ってしまったが、よくよく見ればスカーレットではない。世に美しい女性はかくも多いものか……と感心しているのも束の間、ユアンとミシェルのそのシーンに少しばかり衝撃を受ける。“ユアンラブ”だから嫉妬しているのではない。ないのだが、そのシーンがまったくエロくなく、そして美しくないのだ。何か動物の交尾を見ているようで(ま、人間も動物だからあながち間違いではないのたが)、まったくソソられない。不倫の恋が美しく見えたらそれはそれで問題なので、これはもしかしたら製作側の意図どおりの反応なのかもしれない。両者のファンの方は、いろんな意味で必見のシーン満載の映画だ。

ブローン・アパート(DVD)
息子を奪ったあなたへ(単行本)
原作:クリス・クリーヴ『息子を奪ったあなたへ』
監督:シャロン・マグアイア
脚本:シャロン・マグアイア
出演:ミシェル・ウィリアムズ /ユアン・マクレガー /マシュー・マクファディン
配給:リベロ/日活
ジャンル:洋画
公式サイト:http://blown-apart.com/

© 2008 CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION/INCENDIARY LTD.















エンタメ シネマピア   記:  2011 / 01 / 26

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】グリーン・ナイト

アーサー王の甥・ガウェインは、宮殿…

旅塾

▲このページのトップへ