シネマピア

【映画情報】オフィシャル・シークレット

officialsecret_001.jpg

イラク戦争を前に、たった1人の英国女性諜報職員による行為が英米政府を揺るがした! 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのキーラ・ナイトレイ、『シンドラーのリスト』のレイフ・ファインズら、錚々たるキャストにより描かれる衝撃の実話だ。

2003年。キャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)は、クルド系トルコ人の夫を持つ英国諜報職員。いつものようにGCHQ(政府通信本部)で業務に勤しむ中、米国の諜報機関NSA(国家安全保障局)から送られたメールを見て驚愕する。英米によるイラク侵攻を強行するため、国連安全保障理事会のメンバーに対するスパイ活動を指示してきたのだった。公憤に駆られたキャサリンは、元同僚の友人にマスコミへのリークを相談するが......。

officialsecret_002.jpg

我々ひとりひとりの人生に起こる様々な出来事が、王道映画のように起承転結の型どおりに綺麗な序盤から始まって感動的に盛り上がり、やがて収束を迎える……といったことが稀なように、本作もまた、数々の大小さまざまな山場が現れ、「そんな所であの人がそんなことを」と思うような災難に見舞われ、それらが複雑に交差し、ストーリー(といっても実話なのだが)を形成していく。ひとつひとつの出来事が絶大なドラマ性を持つわけではないのにも関わらず、それらが組み合わされることにより、最終的には観る者の感情を激しく揺さぶるドラマティックなストーリーに仕上がっているのだ。

キャサリンは、自分がしたリークという行為に怯える一面も持つ、ごく普通の一般人だ。それなのに、何が彼女を突き動かしたのか。その行為が彼女の人生そのものを脅かすことになるであろう、危険な行為だということを知っていたにも関わらず、なぜ彼女はそれをしてしまったのか。その行為からにじみ出る彼女の信念に、劇中で彼女の口から語られるその言葉に、マット・スミス演じる敏腕新聞記者、レイフ・ファインズ演じる人権法律事務所の弁護士らが突き動かされる……あたかも、女神を護るために槍や剣で悪魔と戦う天使たちのように。

本作は実話ベースであるから、イラク戦は開戦されてしまったことは変えようのない事実だ。従って、スパっと規定通りの勧善懲悪ものです、わ〜いバンザーイ……とはならない。だが、ならないからこそ、ならないことこそが現実なのであり、だからこそ観る者の感情を揺さぶり、正義感を掻き立て、深遠な問いかけをし、鑑賞後も長い間、考えを巡らせてしまう。これが現実なのだ。だが、これでいいのか、このままでいいのか。

ラスト、2人の男のシーンが印象に残る。信念を仕事にする者と、金と立場のために仕事をする者。我々はどちらであるべきか、否、ありたいのか。

―ギャヴィン・フッド監督
officialsecret_003.jpg

キャサリン本人が監督に告げた言葉を、マスコミ向け資料から抜粋する。「この映画が、今でも何も変わっていないことを人々に気づかせてほしいと思います。15年経っても同じことの連続です。本当に衝撃的な状況です。このことを知らない、まったく新しい世代にもきちんと伝えなければなりません」

officialsecret_004.jpg

現在、我々は新型コロナウイルスという世界的脅威の真っ只中にいる。政府の出す情報が、政府の行うことが本当に正しいことなのか。お上の言うことがすべて正しいと妄信するのではなく、我々は常に問い続けなければいけない。我々一人ひとりの健康と命と人生を護るために。

この流れでいくと通常、本作はイチオシならぬゲキオシの作品なので「ぜひ劇場でご覧いただきたい」と締めくくりたいところなのだが、ちょうど今これを書いている2020年4月7日の夕方、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令された(個人的には「これから緊急宣言を出しますよ」と前もってアナウンスするなんて、随分緊急性のない緊急というか、ゆるやかな緊急というか、緊急イブとでもいうかプレ緊急とでもいうかゲネプロ緊急とでもいうか何というか)。本作が公開される頃にはどうかこの脅威が収まってくれていることを願うばかりだが、本記事は劇場に赴いての鑑賞を無理強いするものではない。どうか読者各人の判断で、ご自身の健康を第一にしての鑑賞をお願いするばかりだ。

2020/4/7 林田久美子


監督:ギャヴィン・フッド
脚本:サラ・バースタイン、グレゴリー・バーンスタインギャヴィン・フッド
出演:キーラ・ナイトレイマット・スミスマシュー・グードリス・エヴァンスアダム・バクリレイフ・ファインズ
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
公開:5月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー 公開延期
   8月28日(金)、TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー
公式サイト:http://officialsecret-movie.com/ 

Photo by: Nick Wall © Official Secrets Holdings, LLC

 













エンタメ シネマピア   記:  2020 / 04 / 09

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ハニーボーイ

ハリウッドのスター子役として活躍…

旅塾

▲このページのトップへ