シネマピア

【映画情報】カメラを止めるな!

kametome_001.jpg 業界震撼!! 新人監督×無名の俳優達が放つスーパー娯楽作!
先行上映でチケット入手困難を極めた超絶話題作が待望の劇場公開!

【INTRODUCTION】

監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品。短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られた渾身の一作。
脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。
2017年11月に初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにも関わらず連日午前中にチケットがソールドアウト。最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となった。イベント上映が終わるやいなや公開を望む声が殺到。
この度、満を持して都内2館同発での劇場公開が決定いたしました。
無名の新人監督と俳優達が創った”まだどこにもないエンターテインメント”を是非、ご覧ください!

【STORY】
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。

kametome_002.jpg 【監督】
監督・脚本・編集/上田慎一郎
1984年 滋賀県出身。中学生の頃から自主映画を制作し、高校卒業後も独学で映画を学ぶ。2010年、映画製作団体PANPOKOPINAを結成。現在までに7本の映画を監督し、国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得。2015年、オムニバス映画「4/猫」の1編「猫まんま」の監督で商業デビュー。妻であるふくだみゆきの監督作「こんぷれっくす×コンプレックス」(2015年)、「耳かきランデブー」(2017年)等ではプロデューサーも務めている。「100年後に観てもおもしろい映画」をスローガンに娯楽性の高いエンターテイメント作品を創り続けている。本作が劇場用長編デビュー作となる。
主な監督作:短編映画 「ナポリタン」(2016年)、「テイク8」(2015年)、「Last WeddingDress」(2014年)、「彼女の告白ランキング」(2014年)、「ハートにコブラツイスト」(2013年)、「恋する小説家」(2011年)、長編映画「お米とおっぱい。」(2011年)。

【キャスト】
日暮隆之 役/濱津隆之

1981年 埼玉県出身。大学を卒業後、芸人とDJを経由して2011年よりフリーで役者を始める。【舞台】今泉力哉監督『アジェについて』、トリコロールケーキ『アイアイアイ』、野鳩『野鳩』、MCR『不謹慎な家』、テアトロコント/ミズタニー、SCOOL パフォーマンス・シリーズ『高架線』、ウンゲツィーファ『転職生』等。【映像】今泉力哉監督『夏風邪』。

日暮真央 役/真魚(まお)
1991年8月5日生まれ。愛知県豊橋市出身。趣味は散歩。好きな川は多摩川。

日暮晴美 役/しゅはま はるみ
10代の頃に堤泰之、白井晃演出の舞台に出演。その後劇団東京乾電池所属、20周年記念公演「しとやかな獣」出演。映画では若尾文子演じる幸枝役として柄本明の娘役に抜擢。ナオミ・キャンベルに変身するTBCのCMもこの頃。活動休止期間を経て現在は映画や小劇場、CMなど。

神谷和明 役/長屋和彰
東京都出身。レジェンド・タレント・エージェンシー所属。2010年、映画『大奥』(金子文紀監督)で映画デビュー。2011年に桜井亜美監督・岩井俊二プロデュースによる東日本大震災を受け製作された『FUKUSHIMA DAY』にて主演を果たす。その後も多数の映画、ドラマや舞台で活躍。待機作に2017年伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞グランプリ受賞作『あるいは、とても小さな戦争の音』(村口知巳監督・脚本)が控えている。

細田学 役/細井学
東京都出身。趣味スカッシュ。鄙びた温泉巡り。小劇場で長年舞台を踏んでいましたが、フィルムからデジタル化への波に乗り映像に転向。繊細かつ迫力のある演技とコミカルな部分が持ち味です。主な出演作は『神奈川芸術大学映像学科研究室』(坂下雄一郎監督)、『花とアリス殺人事件』ブランコのおじいちゃん役(ロトスコープ)、『リップヴァンウィンクルの花嫁』ホテル末広のマネージャー(岩井俊二監督)、『アルビノの木』(金子雅和監督)など

山ノ内 洋 役/市原 洋
1986年1月23日生まれ。東京都出身。4年前から役者としての活動を始める。株式会社andpictures企画SHORT TRIAL PROJECT 2016(川村清人監督『ダムドガールズキャバレークラブ』) にて映画初出演。同会社製作短編オムニバス企画、龍vs虎(賀々贒三監督『にんげんにうまれてしまった』)が現在公開待機中。その他の出演作は、(舞台) しずる館premium live、(ネット配信番組)しずる館、(WebCM) 未来写真三井不動産レジデンシャル〜みんなの住まい、などがある。

山越俊助 役/山崎俊太郎(崎の字は大が立)
ENBUゼミナール映像俳優コース卒業。演技するという前提があったから、人とぶつかり交流しました。その姿勢が影響を与えたと信じています。演技するのは、嘘をつくことではなく、想像したこと、考えたことを外に出して理解してもらうことだと最近感じます。だから、「なくてもいいもの」「非日常」ではない。自分は人よりも演技に思い入れがあります。8年前に「山崎さんは演技の時は良いけど、普通の時は嫌な奴だね」そう言われたのがどうしても頭から離れません。

古沢真一郎 役/大沢真一郎
東京都出身。明治大学文学部演劇学専攻卒。2003年『ロスト・バイ・デッド』(辻岡正人監督)でスクリーンデビュー。続く主演作『DIVIDE/ディバイド』は2006年トロントリールハート国際映画祭にて、監督賞、 審査員特別大賞を受賞。?主な出演作に、『@ベイビーメール』(中村義洋監督)『姫 一人の少女の物語』(藤井道人監督)『惨劇館-ブラインド-』(御茶漬海苔監督)『ヲ乃ガワ-WONOGAWA-』(山口ヒロキ監督)『少女椿』(TORICO監督)。PV『荒野より/中島みゆき』等。

笹原芳子 役/竹原芳子
短大卒業後、金融機関営業、裁判所勤務。落語を習い、容姿、声のコンプレックスを持ち味となる。世の中笑いが大事、人生で やり残しの無いようにと思い、笑いと演技を習う。朝顔の虫食い蕾が、誇らしげに咲いていたのを見て自分を活かせる事を目指そうと思った。舞台「間座公演」2016年9月、2016年12月、2017年12月。

吉野美紀 役/吉田美紀
2015年4月ENBUゼミナール映画監督コースに入学。同期生やOBの自主制作でスタッフに出演。専任や関係者達の勧めもきっかけで卒業後、役者としてフリーで活動を始める。?2019年、某俳優兼監督作品に出演予定。

栗原綾奈 役/合田純奈
1994年7月8日生まれ。大阪府出身。大学生。憧れであったスクリーンの中の世界に関わりたいと、演技に初挑戦しました。上田監督のもと、全身全霊をかけて作品を作り上げています。少しでも多くの方に私たちの全力が伝わればと思います。よろしくお願いします。

松浦早希 役/浅森咲希奈
1995年5月30日生まれ、広島県出身。慶應義塾大学文学部在学中。15才からご当地アイドルとして活動、INDIKET HIROSHIMA’12でグランプリ受賞。その後、映画『プレイタイム/praytime』(2015/平波亘監督)で映画初出演をきっかけに、映画の世界へ。駆け出しの新人。

松本逢花 役/秋山ゆずき
1993年4月14日生まれ、埼玉県出身。愛称はゆずゆず。将来の夢はシンデレラになる事。中学の時にアイドル活動を開始、モデル、グラビアなどで活躍。女優としては、2010年頃から舞台出演をはじめ、現在も1〜2ヶ月に1本のハイペースで出演している。上田監督の短編映画「恋する小説家」(2011年)の女子高生・奈緒役にて映画作品デビュー。上田監督とは短編映画「ナポリタン」(2015年)に続き今作で3度目のタッグ。

【著名監督からの推薦コメント】
本広克行(映画監督
)「曇天に笑う」「踊る大捜査線シリーズ」
面白い!傑作だから見逃すな!!
って、なぜそう思ったかというと
良くあるゾンビ映画かと思っていると展開にやられる。
役者の匿名性や芝居の優劣が進行を予期できない。
物語は構造であると言う事をしっかり証明している。
そして、とてもとても映画愛に満ちているからだ。

犬童一心(映画監督)「のぼうの城」「ジョゼと虎と魚たち」
笑った。グッと来た。感動した。
「ゾンビ映画」も21世紀にして、ここまでたどり着けた!
ファミリーでもOK!

深田晃司(映画監督)「海を駆ける」「淵に立つ」
パズルのピースがピチッとはまりまくる快感に酔いしれているうちに映画はあっという間に過ぎていく。
この『ワンカット・オブ・ザ・デッド』を作った奴らの打ち上げは絶対に楽しいに違いない。
唯一欠点をあげるとすれば、ワークショップでこんなにも面白い映画を作ってしまったことだ。困ったぞ。

市井昌秀(映画監督)「ハルチカ」「箱入り息子の恋」
上田慎一郎監督は新しいエンターテインメントを産み出そうと必死にもがいている。
既存の文法なんてクソくらえ! 傑作を見逃すな!

今泉力哉(映画監督)「パンとバスと2度目のハツコイ」「退屈な日々にさようならを」
映画でしかできないことって何だろう。ってよく思うのですがこれは映画でしかできないことをしている映画だと思いました。
愛がすごい。映画とか役者とかスタッフとかへの。ゾンビ!!!



監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山崎俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき
撮影:曽根剛|録音:古茂田耕吉|助監督:中泉裕矢|特殊造形・メイク:下畑和秀|ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助|主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治
配給:ENBUゼミナール
公式HP:http://kametome.net/
公開:2018年6月23日(土)より新宿K’s cinema、池袋シネマ・ロサにて公開!

 














エンタメ シネマピア    2018 / 04 / 25

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】魔法少年☆ワイルドバージン

★『黒い暴動』『サラバ静寂』の宇賀那健…

旅塾

▲このページのトップへ