シネマピア

【新着紹介】ポルトの恋人たち〜時の記憶

porto-koibitotachi_001.jpg ★日本×ポルトガル合作映画
★『ポルトの恋人たち〜時の記憶』に
★中野裕太出演!!
★1か月半でポルトガル語習得!


18世紀のポルトガルと21世紀の日本を舞台に、3人の俳優がそれぞれ1人2役に挑んだ異色のラブミステリー『LOVERS ON BORDERS』が邦題『ポルトの恋人たち〜時の記憶』として11月10日(土)シネマート新宿ほかにて全国公開が決定したほか、俳優の中野裕太の出演が発表された。

日本、ポルトガル、アメリカの3か国による本作は、オダギリジョー主演の日米合作『BIG RIVER』(06)やドキュメンタリー『フタバから遠く離れて』(12,14)2部作を手掛けた舩橋淳監督の集大成的な最新作。構想3年。撮影は、2016年11月から12月まで、ポルトガルの世界遺産ギマランイスを始め、ポルト、ブラガ、ペニシェ、静岡県浜松市で行われ、哀愁をまとうファドに彩られたこの日本とポルトガルの合作映画は、パウロ・ローシャ監督の『恋の浮島』(83)、ジョアン・マリオ・グリーリョ監督の『アジアの瞳』(97)に続き3作目であり、初の日本人監督作品となる。
中野は、今回の作品に伴い約1か月半でポルトガル語を習得。日本人奴隷の仲間と、夢を抱いて浜松にやってきたブラジル人移民役で新境地をみせた。

porto-koibitotachi_002.jpg 【中野裕太コメント】
プロットを読んだ時から、佑君の役ではなく、自分の役をやりたい、と思っていました。ポルトガル編の四郎役は狂言回し的で、佑君との友情の中で2人の恋愛の応援側に回る。現代編では、幸四郎が主役かと思いきや、また狂言回しに戻って、幽霊になる。表現に幅があり、ある程度委ねられている部分があって、やりがいのある役だなと思いました。
2018年1月に中国で公開された「男達の挽歌2018」で唯一の日本人キャストとして出演するなど、海外作品での活躍をみせている中野。日本とポルトガル合作映画で初の日本人監督作品となる『ポルトの恋人たち〜時の記憶』では、どういった一面を見せてくれるのか。本作の特別鑑賞券は8月25日より発売。(一部劇場除く)グローバルに活躍する中野の今後に期待したい。
★中野裕太★公式HP
http://www.lespros.co.jp/talent/artists/yuta_nakano/

【ポルトの恋人たち〜時の記憶】
物語の舞台は、リスボン大震災後のポルトガルと東京オリンピック後の日本。乗り越えられない境遇―境界線(ルビ:ボーダー)によって引き裂かれ、その挙げ句に恋人を殺害された女が、その恨みを晴らすために選んだ手段は、想像もつかないものだった・・。
18 世紀と21 世紀。登場人物の立場は時代によって微妙に入れ替わりながらもほとんど同じプロットが反復され、デジャブのように交差し、やがて愛憎の不条理に引き裂かれた人間の業をあぶり出してゆく。



監督・脚本・編集:舩橋淳
キャスト:柄本佑、アナ・モレイラ、アントニオ・ドゥランエス、中野裕太
プロデューサー:ロドリゴ・アレイアス、エリック・ニヤリ、市山尚三
脚本:村越繁
撮影:古屋幸一
編集:大重裕二
音楽:ヤニック・ドゥズィンスキ
製作:Bando á Parte, Cineric, Inc., Office Kitano
配給:パラダイス・カフェフィルムズ
配給協力:朝日新聞社
協力:ポルトガル大使館
公式HP:porto-koibitotachi.com
公開:11月10日よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国公開

©2017『ポルトの恋人たち』製作委員会
 














エンタメ シネマピア    2018 / 08 / 22

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
テルマ

少女の身に起こる、不可解な現象。一体、…

旅塾

▲このページのトップへ