シネマピア

【新着情報】旅のおわり世界のはじまり

tabinoowarisekainohajimari_001.jpg ★黒沢清監督最新作
★『旅のおわり世界のはじまり』オールキャスト解禁!
★「製作快調!」超特報&ティザーポスターも初披露!


国内外の映画人からリスペクトされ、多くのフォロワーを生み続けるカリスマ映画作家・黒沢清が、シルクロードの中心”ウズベキスタン”で、1ヶ月に渡り全編オールロケ撮影に挑んだ待望の最新作。監督が脚本を書き下ろした本作は、言葉も通じない未知の国に飛び込んだ、一人の女性の成長を描く旅の物語。主人公の葉子を、黒沢清が厚い信頼を寄せる女優・前田敦子が演じている。今回解禁されたティザーポスターに登場する新たに発表されたキャストは、黒沢組への参加が『贖罪』(12)ぶりとなる加瀬亮、『予兆 散歩する侵略者』(17)につづく染谷将太、黒沢組初となる柄本時生。彼ら3人がウズベキスタン取材で、主人公・葉子と行動を共にする番組クルーのスタッフを演じている。さらに、現地の通訳兼コーディネーター役としてウズベキスタン俳優のアディズ・ラジャボフが出演する。

今回解禁された現地撮影時のメイキング映像を使用した“製作快調!特報” は、黒沢清監督がウズベキスタンの荒野で、本番スタートをかけるところから映像がはじまり、市場で、加瀬、染谷、柄本らキャストに演出する風景や、前田とモニターをチェックする様子、「キープして、もう1回やらせてください」とこだわりを見せる、貴重なメイキングシーンが収められている。監督過去作品63タイトル超!あらゆるジャンルを横断してきた映画監督・黒沢清が「これまでのどれにも似ていない作品」と明言する新たな挑戦!映画『旅のおわり世界のはじまり』は、2019年、初夏公開。



【作品紹介】

遠い空の下、“新しい自分”に出会う─
テレビ番組のリポーターとして美しい国“ウズベキスタン”を訪れた葉子は、この国にいる“伝説の怪魚”を探すため、番組クルーと様々な地を訪れる。ある日の収録が終わり、彼女はひとり見知らぬ街を彷徨ううち、導かれるように路地裏につながれたヤギと巡り合う。それは、目前に広がる“世界”との対話のはじまりだった──。
★公式サイトも本日より、オープン tabisekamovie.com

●主人公・葉子(ようこ)役:前田敦子 コメント
「空港に着いた瞬間から、黒沢監督の演出がはじまっているんじゃないか?と4人で話していました。そのぐらい、まったく未知の国だったので、行動するときも一緒に固まって動いたり、オフの日もみんなでご飯に行ったり、いろんな場所へ行きました。(4人とも)生きてきた年数が少しずつ違いますが、みんなで“初めて”をたくさん経験できたので、絆になりました。私にとっては最高の環境でした。」
■プロフィール
1991年7月10日生まれ、千葉県出身。AKB48のメンバーとして活躍し、2012年に卒業。市川準監督の『あしたの私の作り方』(07)で映画デビュー。近年の主な映画出演作に『さよなら歌舞伎町』(15)、『イニシエーション・ラブ』(15)、『モヒカン故郷に帰る』(16)、『探偵はBARにいる3』(17)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18)、『のみとり侍』(18)、『食べる女』(18)などがある。黒沢清監督作品への出演は、『Seventh Code』(14)、『散歩する侵略者』(17)につづき、3作目となる。

●カメラマン・岩尾(いわお)役:加瀬 亮 コメント
「言葉もわからない異国の地でたくさんのハプニングに見舞われました。そのたびに飄々と見えながらもどんな時もあきらめない監督や共演者たちに大きな刺激をもらいました。想像もしてなかった新鮮な脚本。共演者はクセ者揃い。しかもウズベキスタンロケ。面白くないはずがありません。再び黒沢組に参加できてとても嬉しかったです。」
■プロフィール
1974年11月9日生まれ、神奈川県出身。2000年にスクリーンデビュー。黒沢清監督作品への出演は、ドラマ『学校の怪談春の物の怪SP花子さん』(01/KTV)が初。その他、『アカルイミライ』(03)、『叫』(07)があり、今作がTVドラマ『贖罪』(12/WOWOW)ぶりの出演となる。

●ディレクター・吉岡(よしおか)役:染谷将太 コメント
「黒沢組にまた参加させて頂きニヤニヤが止まりませんでした。ウズベキスタンという国に飛び込みますと、自然と我々が異物になっておりました。文化の違う我々が異物となり、撮影隊という景色が異物となり、そんなマジックを黒沢監督に見せられているような感覚でした。素敵な世界を楽しみにしていてください。」
■プロフィール
1992年9月3日生まれ、東京都出身。2001年に『STACY』で映画デビュー。黒沢清監督作品への出演は、『リアル完全なる首長竜の日』(13)が初で、映画「散歩する侵略者』(17)のスピンオフドラマ『予兆 散歩する侵略者』(17/WOWOW)につづく出演となる。

●AD・佐々木(ささき)役:柄本時生 コメント
「以前から黒沢監督のファンだったので、黒沢組を体験できるのは本当に貴重で、まさに“映画”という感じの現場で夢のような時間を過ごさせてもらいました。日本の共演者の皆さんは、元々知り合いだったので、とても楽しくお仕事をさせて頂きました。ただ楽しいだけじゃなく、締まる時は締まる感じでした。」
■プロフィール
1989年10月17日生まれ、東京都出身。2003年、映画 Jam Films S『すべり台』(主演/2005年公開)のオーディションに合格し、俳優デビュー。黒沢清監督作品への出演は初めてとなる。

●現地コーディネーター・テムル役:アディズ・ラジャボフ (Adiz Rajabov)
「映画撮影のプロセスはいつも魔法です。素晴らしい作品を作るために、たくさんの方が働くのです。今回、日本映画を代表する"映画に魅了された"方々と共に仕事をする機会は、私にとって“まさに魔法のような時間”で、とても豊かな経験となりました。」
■プロフィール
1984年1月6日、ウズベキスタンのブハラ市出身。2001年に Uzbekistan State Institute of Arts and Cultureへ入学、俳優を志す。2005年、『Неужели ты…』でスクリーンデビュー。代表作に『Super Kelinchak』(09)、)『Ichkuyov』(09)、『Qutqaring, qariyapman』(11)、『Dunyo』(12)、『Afg'on』(12)、『Geolog. Silnee smerti』(14)などがある。ウズベキスタンの国民的俳優として人気を博す。尊敬する俳優は、トム・ハーディ、アンソニー・ホプキンスなど。

●ウズベキスタン共和国について
中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和国。1991年のソ連崩壊によってウズベク・ソビエト共和国はウズベキスタン共和国として独立。首都はタシケント。国土面積は日本の1.2倍。人口は3190万人。シルクロードの中心地や、ユネスコの世界遺産の宝庫として、城壁に囲まれた旧市街地ヒヴァ(イチャン・カラ)、東西の文化が交わる青の都・サマルカンド、古代より栄えた日干しレンガの茶色の街・ブハラ、緑の街・シャフリサブス、仏教文化のテルメズ、などが世界的に有名。



日本・ウズベキスタン国交樹立25周年・ナボイ劇場完成70周年記念 国際共同製作作品
『旅のおわり世界のはじまり』 
監督・脚本:黒沢 清 
キャスト:
前田敦子、染谷将太、柄本時生、アジズ・ラジャボフ、加瀬 亮
配給・宣伝:東京テアトル
公式HP:tabisekamovie.com
公式Twitter:@tabisekamovie #旅セカ
公式Facebook:www.facebook.com/tabisekamovie
公開:2019年初夏、全国公開

©2019「旅のおわり、世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
 














エンタメ シネマピア    2018 / 11 / 29

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
MOST BEAUTIFUL ISLAND/モースト・ビューティフル・アイランド

ここで私に何かあっても、誰も気に留めな…

旅塾

▲このページのトップへ