シネマピア

【映画情報】アイアンガール FINAL WARS   

irongirl-fw_001.jpg 2012年に第1作目、2014年に第2作目が製作され、国内のみならず韓国、アメリカ、台湾、香港他で圧倒的な人気を得た、あの明日花キララ主演の本格アクション映画「アイアンガール」シリーズの待望の第3作目がついに完成し、2月16日(土)より池袋シネマ・ロサにて1週間限定ロードショーが決まり、その後、大阪、横浜ほかでの上映も決定! 新たなキャストとして、赤井英和の娘であるタレント兼人気女子プロレスラーの赤井沙希、「ウルトラマンオーブ」宿敵・ジャグラスジャグラー役の青柳尊哉、グラビアアイドルとして人気の天木じゅん等を迎えて、前作より更にセクシーでスケールアップした本作でシリーズが完結する!




irongirl-fw_002.jpg ■ストーリー
時は20XX年、日本にはサイボーグが日常に溶け込んでいた。
人間は地球防衛のために人工知能JUDA(ユダ)を開発。経過は順調に思えた矢先、なんとJUDAが人間を襲い始めた。理由は、人間が核戦争を起こそうとしたことにあった。核戦争が地球を破滅に追いやる、それを企てる人間こそが地球の敵なのだと、JUDAは見なしたのだ。この人間VSサイボーグの戦いは、日本を壊滅的な状況にまで追いやった。そこに目をつけた軍事企業「4thダイアモンド」は、自らの利益を上げるために「超大量破壊兵器」の開発に乗り出した。その秘密兵器は完成を目前にしてテロ組織「アルカロイド」に奪われてしまう。完成すれば連合軍と最終戦争に陥る危険を察知し、自警団「レジスタンス」が立ち上がった。
そんな中、一部の人間が、亡き後に殺人兵器に改造されてしまう。そのサイボーグたちは皆一切の記憶を消されていた。 早乙女クリス(明日花キララ)も、その一人だった……。記憶を辿り戦い続けるしかないクリス。ある復讐のためにクリスの命を狙う最強サイボーグと化したダイアナ(赤井沙希)も、同じだった。レジスタンス隊員の葛城ジョー(青柳尊哉)が、二人を救おうともがくが……。そんな戦いの最中、クリスは運命的な出会いを果たす。その相手は謎の少女サラ(天木じゅん)。
出会う前から、二人は不思議と心を寄せ合っていた。しかしそのサラこそが、「超大量破壊兵器」であるSARAだったのだ……。

irongirl-fw_003.jpg ★クリス役:明日花キララ コメント
一作目、二作目に続き、今回三作目という締めくくりになり、感慨深いです。
お陰様で、今まで前2作とも世界各国でご好評頂くことが出来、ここまでたどり着くことが出来ました。とても嬉しいです。そして、ずっと一貫してクリスという優しさと強さを兼ね備えた素敵な女性を演じさせて頂くことが出来ることも、光栄に思います。
ストーリーは一見難解ですが、単純なSF作品ではなく、台本を読み込む度に深い味わいがあり、また新たな発見がありました。今の日本のみならず、世界情勢をも視野に入れた壮大な構想になっていると感じています。
アイアンガールとして再び君臨出来ることに意義を感じています。

irongirl-fw_004.jpg ★ダイアナ役:赤井沙希 コメント
派手で見ていて気持ちいいアクションシーンはもちろんですが、登場人物全員が壮絶な過去を背負っていて、生きる意味を考えさせられます。
撮影はアクションがとにかく楽しかったです!クレーンを使ったので、普段の試合でもこんなに威力があればいいのになぁと思いながら動いてました!
お衣装は試合で着ているリングコスチュームを使ったので、動きやすかったです!
ハードなスケジュールでしたが、すごく濃厚な時間を過ごさせて頂いて感謝です!
沢山の方に見て頂きたいです!

irongirl-fw_005.jpg ★葛城ジョー役:青柳尊哉 コメント
早乙女クリスの《眼》が良い。
なんだかとても、心を騒つかせる。彼女が時折見せる冷たい眼。鋼を冠した彼女が向けるそれを一度は浴びたことがある。
拒絶された様な…壁があると教えられた様な…
届かない、虚しいだけを見つめた様な、そんな眼。
後頭部に残る痺れを感じつつ敬遠されがちなその眼差しと対峙した時に、好機に晒され暴力に溢れた過去と向き合い続けた深い深い慈愛の眼差しだと知る。
鋼は僕の中にある。
【アイアンガール】これまで関わった全てのキャスト、スタッフ陣のバトンを受けとってFINAL
WARSに関われた一人である事を嬉しく思います。
どうか劇場で、是非ご覧ください。 

irongirl-fw_006.jpg ★サラ役:天木じゅん コメント
アイアンガールFINAL WARS
孤独と真実と愛に溢れたストーリーです。
台本を何度見返しても、涙が止まらず、さらに試写会で映像になった今作品を初めて見たときも、感動が押し寄せてきました。
過酷でありながらも、スタッフさんや出演者が一丸となり、全力で撮影してきた熱が、迫力となって、スクリーン越しに伝わってくれると思います。
私が演じたサラはかすかな記憶を頼りに、何かを求めて必死に生き、幼いながらも一生懸命に戦ってます。
クライマックスでは明日香キララさん演じるクリスと心が通じ合えた芝居ができたと思います。
ぜひ二人の関係性に注目してご覧になっていただきたいです!
格好良さあり、笑いあり、涙あり。
自信を持って皆さんに劇場へ観にきてくださいと言いたいです!

irongirl-fw_007.jpg irongirl-fw_008.jpg irongirl-fw_009.jpg


出演:
明日花キララ、赤井沙希 青柳尊哉 天木じゅん 龍坐 けーすけ 亜紗美 仁科貴 ハヤテ 平塚千瑛 春田純一、他 監督:藤原健一 
脚本:村川康敏  
アクション監督:柴原孝典 
主題歌:明日花キララ「Hikari」
制作プロダクション:ユニオン映画 
制作協力:ANGLE 
アクション協力:オフィスワイルド 
配給・宣伝:渋谷プロダクション「IRON GIRL FW」製作委員会(ユニオン映画 クレイ オールインエンタテインメント プラステス ワコー)
公式HP:http://irongirl-fw.com/ 
Twitter:@Movie_IRONGIRL
公開:2月16日(土)より池袋シネマ・ロサにて1週間限定ロードショー

©「IRON GIRL FW」製作委員会
 














エンタメ シネマピア    2019 / 01 / 08

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画情報】美しすぎる議員  

「美しすぎる海女さん」「美しすぎるタク…

旅塾

▲このページのトップへ