シネマピア

【新着情報】世界の涯ての鼓動

kodou-movie_001.jpg
★アリシア・ヴィキャンデルとジェームズ・マカボイ
★世界の果てと涯てに引き裂かれ極限状態に置かれた恋人たちを熱演
★声優:内田夕夜が担当した予告編・場面写真 解禁!


カンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝いた『パリ、テキサス』、監督賞を受賞した『ベルリン・天使の詩』など、映画史に永遠に刻まれる傑作を世に送り出し続けるヴィム・ヴェンダース監督。世界中から敬愛されている名匠が、ジェームズ・マカヴォイとアリシア・ヴィキャンデルというスター俳優を迎えて描くラブサスペンス、『世界の涯ての鼓動』が、8月2日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開となる。ノルマンディーの浜辺、グリーンランド、南ソマリアなど、ロケーションが世界中に渡る本作の、圧倒的な映像美が垣間見える日本版予告編が出来上がった。合わせて場面写真も解禁。





偶然と呼ぶには、あまりにも深い出逢い
男は無法地帯のソマリア、女は前人未踏の深海へ


ノルマンディーの海辺に佇むホテルで出会い、わずか5日間で情熱的な恋におちたダニー(アリシア・ヴィキャンデル)とジェームズ(ジェームズ・マカヴォイ)は、別れの朝の引き裂かれるような痛みに、互いに生涯の相手だと気付く。だが、生物数学者のダニーには、グリーンランドの深海に潜り地球上の生命の起源を解明する調査が、MI-6の諜報員であるジェームズには、南ソマリアに潜入し爆弾テロを阻止する任務が待っていた。やがて恐れは現実となり、ダニーの潜水艇が海底で操縦不能に、ジェームズはジハード戦士に拘束されてしまう。果たして、この極限の死地を抜け出し、最愛の人を再びその胸に抱きしめることができるのか──?

生物数学者のダニーには、『リリーのすべて』でアカデミー賞®を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。MI-6の諜報員ジェームズには、『X-MEN』シリーズで人気を博し、『スプリット』『ミスター・ガラス』で注目を集めたジェームズ・マカヴォイ。マカヴォイは徹底的に身体を作りこんで死地での任務につくこの役に挑んでいる。メガホンをとったのは、世界的名匠ヴィム・ヴェンダース。舞台が世界各地に渡っているため映像化不可能と思われていた原作小説「Submergence」を、ロマンティックな美しさをたたえたノルマンディーの海岸、人類の原風景のようなグリーンランドの広大な海、砂に包まれた峻厳な南ソマリアを舞台に、狂おしくも切ない極限下のラブサスペンスとして描き出した。

kodou-movie_002.jpg
この度解禁された予告編では、ジェームズ(ジェームズ・マカヴォイ)とダニー(アリシア・ヴィキャンデル)が、互いを運命の相手だと確信する重要なシーンや、ダニーが挑む前人未踏の深海、そしてMI-6の任務でジハード戦士と対するジェームズの緊迫のシーンが切りとられている。また、予告のナレーションを担当したのは、『X-MEN』シリーズや『スプリット』等のジェームズ・マカヴォイの吹き替えを担当し、その他過去作に『きみに読む物語』『ドライヴ』『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングの声や、『インセプション』『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオの吹き替え等で知られる、吹替え声優・舞台俳優の内田夕夜(うちだゆうや)氏。まるでマカヴォイ自身の心の声であるかのような内田氏のナレーションが、2人を待ち受ける切ない運命と、映画で描かれる永遠の絆を予感させる予告編になっている。


kodou-movie_003.jpg



監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:
ジェームズ・マカヴォイ『ミスターガラス』『X-MEN』シリーズ
アリシア・ヴィキャンデル『リリーのすべて』『トゥームレイダー』
配給:キノフィルムズ/木下グループ
公式サイト:kodou-movie.jp 
公開:8月2日(金)、TOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開

©2017 BACKUP STUDIO NEUE ROAD MOVIES MORENA FILMS SUBMERGENCE AIE

 














エンタメ シネマピア    2019 / 05 / 30

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】愛なき森で叫べ

★監督:園子温監督×主演…

旅塾

▲このページのトップへ